当たり前の事じゃ当たり前じゃないと分かるようになったのは、大人になったからかなぁ

a0249451_21185057.jpg


非常にまどろっこしいタイトル&「トロがおいしいよ!!」の写真でコンバンワ012.gif

a0249451_2121817.jpg


正月は両親の故郷、熊野で正月を過ごしました。

私の完全帰国に加え、仕事が決まったという嬉しいニュースを持って帰れたので、ばあさま方も大喜び。

a0249451_21235735.jpg


前のブログでも、熊野に帰った時の想いをつらつら書いた事があるのですが、やっぱり思う事は同じ。

皆、年を重ねていますね・・・もちろん私もね。熊野で同年代の知り合いといえば、いとこぐらいであとはばあさん世代ばかり。留学中は帰る事が年に一回だったので、「老い」がものすごくリアルにみえてしまってすごく辛かった事を覚えています。

a0249451_21292767.jpg


昔は帰るのが当たり前で、「なんでこんなに田舎なんさ・・・」としか思っていなかったけれど、今はここにあるもの、いてくれる人を本当に愛しく思います。

自分が25歳になった今年も、こうして皆で笑って新年会のテーブルを囲めた事、それは決して当たり前の事ではない事なのだと、皆が健康でいてくれる事がなによりも幸せな事なのだと感じました。

a0249451_2132551.jpg


命には限りがあるから、いつか一人一人去っていく・・でも新しく生まれてくる命もある。

a0249451_2134291.jpg


じいちゃんが若かりし頃につくったらしい汽車。「じいちゃんは、どえらい器用やったんやぞ」と誇らしげに言うおいちゃん(息子)の言葉からは、いなくなっても父を大事に思う気持ちが溢れていました。

Nobueさんがブログに書かれていた言葉、「みんな、誰かの愛おしい人」。

その言葉の重み、ぬくもりをひしひしと感じたお正月でした。いなくなっても、大事な人を想う気持ちは変わらない。おいちゃんにとってはオンリー1のお父さん。

a0249451_2139335.jpg


ばあちゃんちの近くでお店をやっていたおばさん夫婦。おじさんは数年前に亡くなってしまいました。いっつもお菓子とジュースをくれて、可愛がってくれたおじさん。

おじさんのとびきりスマイルの遺影を見ると、おじさんが本当に写真から飛び出してきそうでした。ウル・・ッ。
いつまでも、私にとって大事な人、おじさん。

a0249451_2144945.jpg


最後のおまけ、さんまの寿司(笑)

当たり前の事は当たり前ではない。皆が健康でいてくれるからこそ、与えられる喜びや幸せ。そしてそれは不変ではないのだから、やっぱり大事な事は・・今を生きることですね。今を思いっきりかみしめること。

それが少し分るようになった私は、大人になったのだなぁと思いました。いや、まぁ年齢的に明らかに大人なので、当然なのでしょうか・・・。(汗)

今日の一句:  人思ふ 月日経てども かわらない それを私は 「愛」と説きます
by Yoku1210 | 2012-01-15 21:51 | ちょっと言わせて | Comments(0)