人気ブログランキング |

弾欧第7章:「欧的思考にちょっと感化されてしまった自分」

ブログというのは、本当ーに自由自在で、だからこそ本当に自己満足。

よく思うのですが、私の場合、まったく関係のない記事を書いていても、やっぱりその時の自分の「ヒット!」的な出来事や、「ふざけんなよ!」的な思いを書いてしまいます。
例えば、旅した記事を書いていても、やっぱりその時の、ちょうどブログを書いているその時の心の状態は必ずブログに反映されている気がします。

今、こうしてイタリアの事を書いているけれど、きっと今の東京の生活が楽しくって楽しくってしょうがなかったら、きっと「懐かしい思い出」として記事を書けている気がします。
逆に、今の生活が嫌で嫌で、つらくてしょうがなかったら、「あぁ、、戻りたいな・・」という思いで記事を書いているんだろうなって。きっと前回の記事を書いた時の自分は、相当寂しいモードin Tokyoでした。

じゃあ今の自分は、どんな思いで記事を書いているのか?という事。いや、どうっでもいいんですけどね。
どっちの気持ちも混ざっている感じです。
やはり、私にとって、「イタリアに関わってきた自分」もしくわ「イタリアと関わる機会を頂いた自分」というのは、本当に大きな大きな、人生のきっかけ・・というと大げさですが、私の人生をまるっきり変えてくれました。

東京で会社員として生活し始めて、もう、もう、こんなに狂いそうになったのは久々でした。危うく辞めそうになりましたから(苦笑)
そんな時、「イタリアはこうじゃないのに」とか、「ヨーロッパではこんな事ありえない」って考えてしまう自分がいて。毎日毎日そんな事を思っていました。

a0249451_10315746.jpg


イタリアにいれば、「ma io non lo capisco」、イギリスにいれば「but I don't understand that」って、「私には理解できません」ってはっきり言えるんじゃないか、どうしてここにいる自分は言えないんだろう、もう・・なんでなんさ・・とストレスは溜まる一方。ルール違反している者に対して、どうして「あなたはおかしい」と言えないんだろうか・・・。

自分ってこんなにも変わったんだと思い知らされた一ヶ月でした。めちゃめちゃ個人主義になってしまいました。そしてこういうタイプは、間違いなく日本では嫌われる。一概には言えなくとも、嫌われる傾向にあることは間違いないでしょう・・・だって「空気の読めない人間」だと思われるから。えらっそうな奴と思われるから。

a0249451_10383538.jpg


合わせる姿勢ももちろん大事、だけど私の中で「どうしても納得いかない事にペコペコするのだけはほんまごめんやわ。言わせてもらうよ、io non lo capisco!私は理解できません」という考えが相当深く根付いてしまっているようです。それをサポートする理由がしっかりあればいいのでは?と。

a0249451_10455374.jpg


空気を読んで行動するのはもちろん大事だけれど、そんなことばかりしていては、自分を押し殺す事になる、これが私の結論でした。むしろ、「空気を読め」の意味の解釈が人によってちがいますよね。
お客さんがいる飲み会で、したっぱが終電で失礼しますという事は、それは「空気が読めてない」事になるのでしょうか?そして私は思う、「scusatemi tanto..ma devo andarmene che l'utimo treno parte tra poco...」「I'm so sorry, but I've got to go now..my last train will be leaving soon..」「すいません、終電が迫っているのでお先に失礼します」と言えばいいだけじゃんって。でも、それを言いづらい雰囲気を作るからこそ、言ってしまったら「お前空気読めてない」ってなるんでしょうね。

a0249451_10561038.jpg


正解も不正解もない、自分の価値観が正しいなんて思いません。皆違うから。そして、海外で働いたことのない私には、本当の意味で比較する事はできない・・
だけどな、なんだろう、もう少し自分の思いをストレートにぶつけあえる欧的環境だったらな・・・と個人的には思います。皆が皆、空気を読みすぎて行動して、そこに出来上がるものって「偽」やん・・・と思うこともしばしばです。

いや、むしろ最終的にぶつけました。もう、半分無意識に。耐えられなかった。自分に否がない事は確かだったから言いました。「Non ce la faccio piu'...」「I can't stand this anymore」「もう耐えられません」って。
そして今、私の仕事環境は大きく変わりました。会社にはまだ在籍中です。(笑)

3月は「もう今日は・・休もうかな」と毎朝思っていました。もうほんまに・・無理やわって。本当にいつ発狂するかわからなかったから。

大学時代は、勉強が辛くて辛くて、辛くて辛くてどうしようもありませんでした。だけどあの時の苦しみは完全に「自分との戦い」でした。それはそれでとっても苦しかった。だけど、最後には苦しみ以上に学ぶ喜びを得た自分。
今はちがいます。自分を取り巻く環境があってこそ、存在する仕事。だからこそ、合わせなきゃいけない事もたくさんあるし、自分ではどうにもならない事もある。だけど、同時に自分の思いを伝える事もすっごく大事なのではないでしょうか。それで物事が変わる変わらないは別として。というか、言わないとパンクする事が分かった。そして言ってしまえば「もっと早く言って欲しかった」と言われたりする。

「(変わりすぎた環境に)ありえないね・・!!」と同期と話しながら、六本木のシネマでマーガレットサッチャーを見て過ごした金曜の夜。「来週もがんばるぞ」と思える今の自分。桜にうっとりし始めた世の中を「あぁ、桜よ!」と素直に喜べる自分。3月と比べて、表情が全く違う自分。

サッチャーの映画を見終わって、「人生って本当大変だね~・・・」って。映画の中でね、「感じて行動する事も大事だけれど、考えることもすごく大事だよ」みたいなメッセージがありました。今の私には「空気ばっか読むな!考えて行動しろ!」にうつりました。ちょっと違うかな。笑
まぁいいや、どっちにしても桜にうっとり~の春in Giapponeです。今日はひっさびさにカメラを持って外に出よう。(嬉x1000)

今週末はワイン三昧じゃーーー!012.gif

PS ペーペーの社会人のつぶやきです。一年後には「あの時の私・・あほやったなぁ」って思っているかも。でも今は今、今考える自分の思いが今の自分なんだと思います。
Commented by Ciao ! at 2012-04-07 13:50 x
祝前向き展開!
俺も今夜は大学同期と30年ぶり?の飲み会だ~

ご参考に:「残業ゼロ」の仕事力/吉越浩一郎
残業ゼロの働き方を実践している人に残業を強いるのは犯罪だよ~
Commented by mypottea at 2012-04-07 19:36
こんばんは 相変わらずはらはらドキドキのyokuさんですが、思慮深いblog にほっとしたり...お写真モノクロも素敵です!身体に気をつけて、新しい日々お過ごしください
Commented by sweetidleness at 2012-04-07 20:20
何だか良くわからないけど、状況が改善したみたいですね!
良かった良かった☆ 
「来週もがんばるぞ」と思えて、「あぁ、桜よ!」と素直に喜べるのなら
大丈夫ですね♪ 体に気をつけてKeep smiling!
Commented at 2012-04-08 10:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-04-08 22:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by acchan-8111 at 2012-04-09 07:36
いつも読んでいて思うけど本当によく物事をしっかり考察してるよね。

日本でしか働いたことのない私ですら、
このせせこましい日本の感覚に疑問を抱くときがあるもの。
それで転職繰り返したけど今ひとつのところにひとまず落ち着いて、
30歳の年齢になって振り返ってみたらもったいないことしたなって思う。

今の感覚を大切にしながら和を以って尊しと成す感覚も悪くないかもなって、
どこかで思えて混ぜ合わせたらすごい社会人になれそうw

今しかないその辛さも大切に頑張ってくださいね♪
Commented by Delfino at 2012-04-09 23:15 x
Yokoさんが、まだやめてなくってよかった!大好きなYokoさんだからこそ、うまくやってほしいのであえてちょっとイヤなことを言います。

海外で働いても理不尽なことはありますし、15年アジア・北米・欧州とビジネスした経験から言いますと「海外では、いつも思いをストレートにぶつけあえる」というのは、違いますよ。ご自分でも、海外での労働経験がないからと書かれておられましたが、友達とならさらけ出していえるので楽に決まってます。
そして、Yokoさん、海外でも日本でも、終電があるからお客さんを置いて帰るなんて見たことないです。お客さんからしたら、新人だろうが何だろうがYokoさん=その企業です。接待するのは先輩で、自分はついてきた雰囲気づくりの一員ではないですよ。自分がお客さんを接待して最後まで送り届ける責任感を持っているようには、この文章からは見えなかったなぁ。

長くなるので、企業で働くコツなどをこの後メールしますね。
Commented by isabel at 2012-04-12 13:31 x
初コメントなのですがブログランキングに参加されていた頃からYokoさんの飾らない明るい人柄が感じられる文章が大好きで読ませて頂いています!現在の職場でのご苦労も想像がつき、体を壊さないかな、、と影ながら心配していました。でも状況が少し変わって来た様子で安心しました^^続けることで見えてくること、成長できることも大きいと周りを見ていると感じますが『なにかが違う...これでよいのだろうか』と感じる直感的なものも不思議と時には当たることもあると思うのでよく考えた結果Yokoさんが新たな環境でやり直そうと思われる場合もあってよいのではないかなと思います。なんだかYokoさんは感じ取る力が強そうだし。労働に対する考え方、価値観の違いによって意見も異なると思いますがYokoさんならどのように進まれてもきっと大丈夫!という気がしています^^がんばってくださいね☆
Commented by Yoku1210 at 2012-04-25 21:32
Ciaoさん

お返事遅くなってすみません!
Ciaoさん、この本読みました!よかったです。読みながら、いろんな事に怒りが再びこみ上げましたが・・(苦笑)
会社の上司に「残業を残業やと思ってる時点でネガティブモードに入ってるね」って言われました。この本にも書いてありましたが、日本って残業する人=働き者みたいなコンセンサス(コンセンサスではないか・・)ありませんか?少なくともうちの会社にはあります。
Commented by Yoku1210 at 2012-04-25 21:34
mypotteaさん

こんばんわ!お返事おそくなってすみません。
ですよね、自分でも相当ハラハラです。(苦笑) 
白黒ローマの休日です~~~^^
桜は満喫されましたか?
Commented by Yoku1210 at 2012-04-25 21:36
mielさん

こんばんわ~!お返事遅くなってすみません。昨日の夜、mielさんにメールを書いていたのですが、やはり書きながら感情的になってしまい、ちょっと送るのをやめました。必ずお返事します&mielさんにお聞きしたいことがあるので、もう少し待ってください。mielさんのお気持ち、とっても嬉しかったです。^^
Commented by Yoku1210 at 2012-04-25 21:40
鍵コメさん

チャオ~ン!この前はありがとうね。ごめんな、ものすごい感情的になってしまってたわ・・
これからどうなっていくのかは自分でも全くわからんけど、ふりかかってくる責任もチャンスも、どっちも自分で受け止めて進んいくしかないよなぁって。私、やっぱリスクテーカーやわ、リスクを背負ってでも理想に近づきたいって思ってしまうもん・・我慢のない女。

PS明日もひじき持っていくよ~、3日連続。(笑)
Commented by Yoku1210 at 2012-04-25 21:51
鍵コメさん

はじめまして!コメントありがとうございます。お返事遅くなってごめんなさい。

養老先生のお言葉、友人からも同じことを言われました。

鍵コメさんのメッセージを読みながら、今の自分の思いに重なっている部分がかなりあるなぁと感じました。どうしても納得いかない事に関して、私は会社に言いました。だけど、それが理不尽であれ従ってきた周りの人にしてみれば「なんでこいつだけ?」と私に対して思うわけで、なかなか難しいです。個人で変えようと思ってもかえられない事が多く、それが組織で働くことの難しさというかくやしいところでもあるんだなぁと思いました。だけど、何をどう考えてもおかしい、考えれば考えるほど怒りがこみ上げると同時に、抵抗しようとする自分の気持ちが自分を苦しめていることも事実です><。
Commented by Yoku1210 at 2012-04-25 21:55
acchan-8111さん

お返事遅くなってすみません!acchanさんは、どのようなところに「もったいない事したな」と感じていらっしゃるのですか?転職を繰り返したところですか?

そうなんですよね。今こうして苦しい思いをしているのも、思いをさせてもらっていると思えたら気持ちにも前向きになります。実際、多くのこと学ぶというか、考えさせてもらうきっかけになりました。仕事とプライベートは相互に作用しているから、仕事の事を考える上で、自分は果たしてどんな生き方をしていきたいのだろうとか、どんな事を大事に生活していきたいのだろうと日々悶々と考えています。
Commented by Yoku1210 at 2012-04-25 22:10
Delfinoさん

お返事おそくなってすみません。メール、本当にありがとうございました。
そうですね、海外だからいつも思いをぶつけあえるというのはちがいますよね。仕事だったらなおさら・・
ただ、やはり周りの目を気にする(気にしなきゃいけない)事だらけで正直疲れます。もちろん海外だったら全く気にしなくていいというわけではないことはわかっています。
例えば、有給だって取れる「権利」があるのだから取ればいいものを、上司がとっていないとか周りの目が気になるという理由でとらない事、会社に入る前は「まさか!私は絶対とってやる」と思っていたけれど、今は皆が言っている意味がわかりました。取りづらい雰囲気をか持ち出しているし、なんせ周りの目を気にせざるをえないこのアトモスフェアー・・(私の場合は「休みをとるのは悪だと思って」とさらっと言われましたが)。独特な「空気」とか、「周りの目」とか異常なまでに気にしないといけない事が私には全く理解できないのが本音です。気にせず我が道を進めば、会社にいられなくなりますよね。日本独特だなぁ・・欧米ならもっとそのへんはっきり言える環境だよなぁって思います。
Commented by Yoku1210 at 2012-04-25 23:58
isabelさん

初めまして!コメントありがとうございます。お返事遅くなってごめんなさい。

そうなんですよね、今自分が直面している事に対して、耐えることももちろん大事なんだろうけれど、それ以上に「動け!」という直感を感じているのが本音です。だけど、学生時代とちがって経済的な事もありますし、勢いだけではいっちゃだめ!!という理性がまだギリギリ自分の中にもある。という状態です^^;
「何かが違う」というのは自分が一番分かっているし、一番感じているからこそ、どうにかできるのは自分しかいないと思っています。「続ける」ことに意味はあると思っています。続けてこそみえてくる事もたくさんあると思うので・・だけど、今の自分にはそれ以上に「動け!」の指令が出ているような気がして仕方ないです。な、悩みます^^;またコメントお待ちしております!
by Yoku1210 | 2012-04-07 11:25 | 日常 | Comments(16)