人気ブログランキング |

ナルシスト大西洋紀行:「地味旅バンザイ」

a0249451_21583773.jpg
今まで多くの一人旅をしてきましたが・・。私の旅は基本地味です。旅の中でナイトクラブへ踊りに行く!なんていう興味はほとんどなく、まして一人旅でそれはありえません。ホステルでも、どちらかといえば年配の人、または踊りに興味のなさそうな人(めっちゃ偏見)と茶をしばきながらのほほんお話する方が好きです。あ、ビールでもいいですよぉモチロン012.gif

旅ってしんどいじゃないですか、基本012.gif探索から戻って、ホコリ臭い自分を綺麗に洗って、一日で集めたパンフレットの始末、旅日記、そしてこれまた汚いパンTの洗濯・・などなどやる事がたくさん。ホステルですと、貴重品の管理を命懸けでしないといけないので、余計エネルギーと時間を費やします。

a0249451_22115622.jpg
そして、旅は描いた通りにいかないものです。それでもいろいろ想像するのは楽しいんですけどね。なんたって想像・妄想は無料、誰にも迷惑かけません079.gif

私が今回の2週間の滞在で、予想と全く異なった形であらわれたものの1つが、食事。正直なところ、アメリカのごはんってどんな味がするんやろうか・・と不安でした。コーヒーはコーヒーの味がするんだろうか、トマトはトマトの味がするんだろうか・・そんな事を本気で考えていました。
そんな不安もあってか?最初の1週間は、どうも食欲がわかず、「ジューシーな看板」を見るだけでほんまにお腹いっぱい・・の状態。

「美味しいものが食べれへん旅なんてありえへん!!」とずっと思ってきましたが、ここは日本でもなくイタリアでもないわけで012.gif世界の首都、NYですから、お金を出せば美味しいものもいくっらでも食べれるのでしょうけど、なんせ食欲がなく(ちょっとオーバー)、外食がしたい!という気持ちになる事も少なかったのです。だからコーヒーを買ったり、持ち帰りの寿司を買ったりする事はあっても、しっかりと外食をする!という事はほとんどなかったです。

友人も友人で、私にお金を使わせたくないと気を遣ってくれたのか、ウチで何かつくろや~って一緒に買い物に行って、私が炒飯を作ったり、焼きうどんを作ったり・・。食材を提供してもらう代わりに、私が美味しそうなプロセッコを買って一緒に乾杯。そんなシンプルな食生活でした。最後の夜は、お礼の気持ちも込めて友人を食事に連れて行きたかったのですが、なんせ忙しく、「炒飯作ってくれたら嬉しい」というので、2合分ぐらいの米を炊いて最終日も炒飯。(笑)

a0249451_22274033.jpg
一度ぐらい、夜景の素敵なレストランでおめかしして外食・・なんていうのも、私の妄想の中では存在しました。ところがどっこい、実際は「米まみれ炒飯まみれのNY」。マンハッタンに行かずに終わり、NYの夜の街を一度も歩く事なく、私の2週間は過ぎていきました。

「後悔」という文字は私の頭の中に全くなく、むしろキッチンを提供してくれた友人に感謝。旅の形は人様々やんねぇ・・と改めて実感しています。まだ学生である私と、年収1000万の人のNYの楽しみ方が同じなわけがないのです。興味も違えば、金銭感覚も違う。「時間の感じ方」、「1秒の重み」も大きく異なるでしょう。

そんな事を炒飯を炒めながら考えていました。

Commented by みんみん at 2014-06-11 08:01 x
そーゆう旅プライスレス\(^o^)/そしてそーゆうヒトトキほど強烈にずっと残ってるもんやよねーー温度とか時間とか。大切なひととの思い出ってすばらしい!
Commented by Yoku1210 at 2014-06-11 20:16
みんみんさん

この記事書きながら君の事おもいだしてたよ~!

うちらの沖縄も「プライスレスな旅」に入る?それともあれは、なし?
強烈やったのは間違いないで(笑)また夏に話ほりかえそか^^
by Yoku1210 | 2014-06-09 22:44 | 旅行 | Comments(2)