選択・・責任を負う事・・

a0249451_05283017.jpg

今日また、信号が黄色から赤に変わる瞬間にアクセルを踏んで
思いっきり右折!!
そんな勢いである選択をしました。

「危ないやないか!!」と助手席で怒鳴る両親にスカイプコール。
もう私の中で決断はしていたから、報告のみ。
といいながら、所詮黄色にかわるところでスピードを弱めてしまう人間なので
第三者からの同意、承認みたいなものが欲しかったのがスカイプコールをした
本当の一番の理由でした。

高校を卒業して、オーストラリアに行くことを決めた時から
何度も何度も急発進して右折をしてきました。
「危ないやないか!!」と怒鳴りながらも、最後にはいつも私の意思を尊重して
やりたいようにやらせてくれた両親。
そんな両親も怒鳴り慣れたのか(?)、今回の私の選択には非常に穏やかに
「ええやんか、それで。そうやって自分がしたいんやからさ」と
スカイプ越しに、また右折しようとしているフローニンゲン野郎に温かい言葉を
添えてくれました。

親に話しながら、
「あ~この選択で、得るものも失うものもあるけれど、
すべては自分の責任。私がこうするって選択して進んで行くんやから
文句をいうのはやめよ。」そう改めて思いました。
文句を言うたところで、「それはあなたが決めたことでしょ」。
うん、本当にそう。

今朝届いたメールには
「創造力を使って、可能性を開いていきなさい」
そんな教授の一言。

これまた友人達から届く
「何を軸にしていくかやなぁ」
そんな一言。

これまた今晩届いたメールには
「自分の人生に対して責任を終えるのは自分しかいません。
誰も責任をとってくれませんから、自分が納得いくようにすればいいのです」
別の教授の一言。

頭の中ではわかっているはずなのに、「失うこと」が怖くて
どこかで避けている自分・・ううん、でももう避けられない所まで、
本当の意味で「選択をする」ステージまできているんだなとひしひし感じています。

-------------------------------------------------------

祖母も年老いていくし、元気なうちに少しでも一緒に時間を過ごしたい・・
「冬に一週間でも帰れたら帰ろかなぁ、飛行機安い時に」と母に言うと、

「ええんやで、無理せんで。そっちでやらなあかん事しっかりせな。
そらな、また元気な顔見れたらええよ。でもそうじゃない事もあるんよ。
(最期に)立ち会えやん事だってあるんよ。そういうもんなんよ。」

「それも人生やろか・・?」

「せやわさぁ~!!!」



こうして交わした母との昼の会話を今晩振り返っていたんです。

私がこうしてこちらに戻ってること決めた事も、トータルでいえば
「笑顔の選択」だったと、胸をはって言えます。
でもやっぱり諦めなきゃいけないものもあったはず。
家族に頻繁に会えない事や、何かあった時に力になれない事、
物理的な距離がネックになる事が避けられないのだと思います。

こうして今日また1つ、「笑顔の選択」をしたけれど、
やっぱり不安もあるわけで、そんな心のもやもやを誰に聞いてもらたって
それは親です。私がこちらに来ることで諦めないといけなかった、
一番大切な存在。


こちらに戻ってくるという「選択」で一番諦めなきゃいけなかったのは、親との距離だと思う。
だけど日々、選択した道を時に右折しながら進んで行く自分の事をだれよりも
応援してくれて支えてくれているのはやっぱり彼らなんだなぁと思ったら
もんのすごい泣けてきました。
涙で課題のアルファベットが読めない・・

笑顔の選択の責任を負うのも自分であれば、
その選択によって諦めたもの、失うものを受け入れることだって私の責任。

「お父さんとお母さんとすき焼き食べたいなぁ・・」
笑顔で食卓を囲む、懐かしい「飯の時間」を思い出しながら
「選択する事」の難しさ、切なさ、
それこそ大げさじゃなく、「人生の儚さ」のようなものを感じました。

親が一生元気でいてくれたらいいけど、そうはいかない。
だからこそ、自分が選択した道になおさら責任をもっていかなきゃいけないんですよね。
こちらに戻る事を決めた「選択」というはそういう事なのだと。
親との距離にも、何か起こった時にも人のせいにせず受け止める事なのだと。


泣いたらすっきりしました。
またアルファベットが見えてきた・・読めてしまう・・読めてしまう・・
もう課題したくないな、今日は。
おやすみなさい012.gif




Commented at 2014-11-26 22:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Yoku1210 at 2014-12-01 05:10
鍵コメさん

メッセージありがとうございました。

親のエゴ・・私も本当にそう思います。まだ親にはなっていませんが、親になってもおかしくない年齢になり、本当にそう思うようになりました。

鍵コメさんのおっしゃる「出会い」、奥深いですね。今の時点で、私が鍵コメさんのおっしゃる「出会いの大切さ」を理解しているかは自信がありませんが、人との繋がりが人生の何よりのスパイスであること、それだけではひしひしと感じています。

これからもいろいろと教えてください。宜しくお願いします。
by Yoku1210 | 2014-11-26 06:10 | 日常 | Comments(2)