世の中にはいろんな人がいる 27歳のつぶやき(1)

a0249451_04290524.jpg

「去年、こんなに寒くなかったよなぁ?」て聞くと、
「うんうん、こんなに寒くなかった!」と友人。
やっぱり今年の冷え込みは去年以上のようです、フロ~ニンゲンから
極寒のご挨拶012.gifおとついは2℃・・
昨日は1℃・・今日は何度や・・0℃か・・
10日後にはマイナス10℃か・・
100日後にはマイナス100℃か・・
う~ん、それはないかな018.gif

最後の爆弾(課題)の1つでは、日本のニート問題についてエッセイを書いています。
「ニート」というタームって元々はイギリスでうまれたんですね。知りませんでした。

「ニート」「引きこもり」「フリーター」「プー太郎」と、
非正規雇用者・非労働者を定義づける、様々な呼び方が日本では存在します。

「ニート」にも定義の方法はいくつかあるため、正確なデータを入手することは
難しいようですが、それでも日本国内で60~70万人の「ニート」というカテゴリーに
当てはまる若者がいるそうです。
「えええええ?そんなにも・・?」と正直ショックでした。

80年代から徐々に始まった日本経済のネオリベラル化、社会構造のリフォームで
格差が広がり、所得の低い家族の子供たちの多くがニートになった事、
その一方で高所得家庭の子供でも親の経済力に甘えるばかり、ニートになる人がいたんだとか。

いろいろな資料を読みながら、ニート問題を研究している日本の教授のある
文献にこんな事が書かれていました。(一言一句同じではありませんが)
「世の中にはいろんな人がいます。誰もが向上心を持てるわけでもなければ、
人とうまく付き合っていくコミュニケーションを持っているわけでもない。
いろんな人がいる事を、そして社会から隔離されがちな人達の存在を
社会は決して忘れてはいけないのです」

メディアが「ニート=怠け者・働かない・やる気がない・世の中の重荷」
と、ニートと呼ばれる人の性格をネガティブに表現し、彼らの本当の
苦しみや、抱える問題を探ろうとしない、それを教授は指摘していました。

母はいつも、「ニートっていう呼び方はニートじゃない人が彼らを呼ぶ呼び方や」
と怒っていました。彼ら一人一人の悩み、生まれ育った家庭の問題など無視して、
1つのグループに入れて彼らを同じ目でみる事、それがどれだけ恐ろしい事か、
それだけ彼らの存在否定につながるかを私も今エッセイを書きながら感じています。

「あの人怠け者で努力してへん」
そう言うのは簡単ですし、見放すのも簡単。
だけどニートの増加は日本社会に何のプラスにもなりませんし、
ニートの増加が社会構造に大きく関係しているのなら、これはもう大きな社会問題として
扱われないといけないと思います。既に扱われていますが・・

私も就職活動をしていた頃、「もう嫌やわ~」って思ったときなんか
「もうニートになりそう」なんて冗談交じりに言っていました。反省しています。
こうやって社会がニートの存在を否定していけば、彼らはますます心を閉ざしていくばかり。

「どうしてこんなにも働く気力をなくしている若者がいるんだろう?」
という事をもう一度よく考えないといけない。ニートの問題は日本だけではないけれど・・。

アメリカに行った時、目に見える格差社会にびっくりしました。
格差はなくならないし、どんな経済・政治体制にもそれぞれ長所と短所が存在するけれど、
やっぱり個人的にはネオリベラルな思想は苦手です。
誰もが自由に富を得られる環境を優先するのではなく、
一番底のレベルで生きる人の生活を保障をする、優先する社会であってほしいです。
皆が皆、同じチャンスを持って生まれてくるわけじゃないから・・。

世の中にはいろんな人がいる事、
自分の考えや価値が「基準」ではない事、
しっかり心に留めておきたいなぁと思います。
どんな人の行動も受け止めなきゃいけない!
そんな風には思いませんし、第一そんなことは不可能です。

だけど「世の中にはいろんな人がいる。自分と同じように行動できない人もいる」
という事をやっぱり覚えておきたい。
そしてその気持ちというのは、
「あなたにもできない事がある。コンプレックスがある。
00さんと同じような行動ができないけれど、それもひっくるめてのあなた、Yoko」
そんな相手からの「自分を認めてくれる思いやりの気持ち」
となって返ってくるんじゃないでしょうか。
自分の基準を軸に相手のことばっかり否定して、
自分の事を理解してもらおうなんて不可能だと思います。
誰だって自分の事をわかってほしい、そう本質的に思っているから・・

それなら自分も相手に一歩歩み寄ること、大事じゃないかなぁて思います012.gif

極寒のフロとニンゲンより。
おやすみなさい♫


by Yoku1210 | 2014-12-03 05:19 | 日常 | Comments(0)