一緒に茶を薄めた同期との再会

a0249451_21061693.jpg

「来週行ってもいい?!」
「うん、きてきてきて~!」

そんな会話をかわし、寝袋自ら持参で会いにきてくれたのは
私が東京で初めて勤めた会社で持った、初めての、そして唯一の「同期」でした。

3ヶ月で辞めてしまった誰かさんと違って、3年頑張って働いた彼女。
この度、ワーキングホリデービザでイギリスに渡り、ウ~ディネまで会いに来てくれました。

真面目だけど、どこかいい意味でぶっ飛んでいる、そして粘り強く根性がある彼女。
基本ぶっ飛んでいるけれど、実は根はど真面目で神経質、粘り強さなしの私。
今思い出しても笑えてくるエピソードがたくさんあります。

忘れもしない、「緑茶を薄めた事件」。
会社にお客さんが来た時に、お茶を出そうと2人で準備をしていると
「あ・・お茶が足りへん・・・」。

ストックがどこにあるかを忘れてしまっていた私たちはおどおど。
上司に聞くのも怖いし、「どうしよう・・・困ったな・・・」。

と、そこで彼女が提案したのは
「水で茶を薄めて倍増させよう!!」というアイデア。
変なところでど真面目な私は、茶を薄めてそれがお客さんにばれたら・・・
と思うと怖くて怖くて
「え・・・あかんって・・・あかんやろ!!」と彼女を止めるも、
「大丈夫だってば!!!」と茶を薄めた彼女。(笑)
湯呑に入っているお茶が「黄緑」から「薄い黄緑」に変わった瞬間・・・

結局ばれるはずもなく、事はおさまったのでした。
こんな小さな事に胃を痛めて本気で悩む自分が恐ろしい・・・

その会社での仕事といえば、「理不尽の塊」のような環境。
これが働く事なのか・・・仕事なのか・・・
と理解をしようとしても、どこからも頑張る力が湧いてこない、
考えれば考えるほど腹のたってくる事ばかりでした。

2人でビルの中の隅っこに座って外を眺めながら
「このビルが崩れたらいいのにな・・・」
そんな暗い事を考えながら弁当を食べた日々。
何とかしようと、日本の会社社会で「それはしやんで!!」というような事を
大胆にやってのけて、更に上司の怒りをかったこともあったっけ。(苦笑)

それから3年が経ち、彼女はロンドンへ、そして私はイタリアで。
この3年の中で、それぞれが様々な決断をし、様々な縁や偶然、タイミングが
重なり行き着いた場所なのだと思います。
元々アジア志向の強かった彼女も、彼との関係の事や
ワーホリのビザが当たるという機会に恵まれ、決めた先はイギリス。
私も3ヶ月で仕事を辞め、改めてヨーロッパに戻りたい気持ちを再確認し、
行き着いた先は今在籍している大学院。
そして院生活の中で、自分の「情熱」だけを追い続けた結果、
たどり着いたのは「イタリア」という場所でした。

「辞めるときにね、00さん(私たちを面接してくれた上司)が言ってたよ。
私も洋子も、自分の道をしっかり歩んでいける人だって。
会社は辞めてしまったけれど、俺の見る目に間違いはなかったって」
と彼女が話してくれました。

どんだけ迷ったか分からないし、どんだけ悩んだかも分かりません。
そしてこれからも迷うことも悩む事もどんっだけでもあるでしょう。
うんうん、どんっだけでもありそう。

だけど、この3年間、必死にやってきたなって思っています。
勝手すぎかもしれないけれど、自分の進みたい道に向かって
不器用ながらにも進んでこれたんじゃないかなという実感。
The 自己満足079.gif

そして、様々な道をさまよいながら気づかされた大切な事。
この先の人生を歩んでいく中で、今の自分にとっては「イタリア」という存在が
必要不可欠な事、イタリアという存在を軸の一つにして自分の人生を歩んでいきたいと
思っている、そう確信できるようになった事は、もしかすると、この3年の中で得た
一番の大きな「気づき」だったかもしれません。

ヴェネツィアからウ~ディネに戻る車窓の景色を眺めながら、
そんな事を考え、いつものごとく胸がいっぱいに・・・・。(きたきた、おセンチ)

今までの3年間の自分の歩みを改めて振り返った、
大切な大切な同期との再会でした。

それにしても、茶を薄めてからもう3年も経つんですね。
あのシナリオ、一生忘れないでしょうな・・・。
ニヤリ012.gif

Commented at 2015-02-20 18:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Yoku1210 at 2015-02-21 02:12
鍵コメさん

お久しぶりです~!お元気にされていますか?鍵コメさんのブログ、ちょくちょくお邪魔しているんですよ~^^

イタリアの事は大大大好きですが、それでもやっぱり日々の生活の中で「は?!」と怒りたくなるような事も数え切れない程ありますし、「私のイタリア熱が冷めるのも時間の問題かも・・・」と本気で思うこともあります。だからなんや?って話なのですが。(笑)

前向きな姿勢で取り組んでいく事ってすっごく大事だと頭で分かっていても、どうしてもその気になれない時期ってありますよね><。前回のウ~ディネ滞在はそんな感じでした。あまり無理しすぎない事も大事だと思います。

お互い頑張りましょうね。応援しています!
by Yoku1210 | 2015-02-18 21:58 | 日常 | Comments(2)