人気ブログランキング |

ビエンナーレ in Venice 2015

a0249451_16172122.jpg

おとついの日曜日。
ドゥオ~モの近くのバールで朝ごはん♫
初めてのお店でしたが、おじさんもお姉さんもとっても気さくで
うちの近所の愛想のないバールとは大違い。

前に座っているおばさん3人組の笑い声がとっても心地よい日曜の朝です。
「あらっ、私たちみんな青色の服着てるやないの~!」
「あらっ」
「あらっ!」

ほんまに全員青でした。
「青の女子会」079.gif

心地よい朝を迎えて、向かった先はヴェネツィア♫

a0249451_16232260.jpg

只今ベネツィアで現代美術の国際展覧会
「Biennale ビエンナーレ」が行われているという事で
パドヴァに住む友人たちと一緒に行ってきました。
美術と建築のビエンナーレが毎年入れ替わりで行われているようです。
今年は美術。

私は美術肌でも何でもないし、特に現代美術となると
「ほえ・・・?076.gif
とあまりに斬新なアイデアや度を超えた表現に
ひいてしまう事も多かったのですが、
今回のビエンナーレで考え方が変わったかもしれない・・・
というほどに、大いに楽しんで帰ってきました!

へぼへぼの写真ばかりですが、まわった国のパビリオンの一部を紹介します。

a0249451_16290982.jpg

こちら、スウェーデン・ノルウェー・フィンランドの
合体パビリオン。
白を基調にシンプルに、
大きなオブジェクトで表現するところが北欧らしいなぁと思いました。

a0249451_16304040.jpg

ロシア。

ノーコメント(笑)

a0249451_16313642.jpg

こちらもロシア。

a0249451_16322972.jpg

こちら、ジャポ~ネ!!

無数の鍵が赤い糸で繋がっている
「絆の空間」が素晴らしかったです。

別に自分はナショナリストではないと思っていますが、
日本のパビリオンが一番よかったです。
私の友人も同じ事を言うていました。

繊細な表現がやっぱり日本らしい。

a0249451_16352436.jpg
こちらはカナダ。

私は「こんなに絵を描くのが下手くそな人は見たことがない」
と本気で思うほどに絵が描けない人間です。
なんせ、立体感が出せない・・・
だから、すでに立体空間が出来上がっているものに手を加える
工作の方が好きです。(苦笑)

小学校の頃、通信簿の図工はいつも△・・・
絵を習いにいきたいと親に頼み、習いに行きましたが
果たして上達したのか・・・
実家には、様々な私の「芸術作品」が飾られていますが
もう、どれもこれもほんまに・・・
「ほえ・・・076.gif」と思ってしまう作品ばかりです。

でもね~、中学校の頃の美術の先生が
よい意味でブッ飛んだ先生で、今振り返ってみると
あの先生のおかげで「うまい」とか「下手」とかに関係なく
自分の視点や心の思いをそのまま自由に表現する事の楽しさを
教えてもらったなぁと今になって思います。
そしたら急にすっごく楽しくなって。

別にプロでも何でもないし、それで十分やん079.gif

a0249451_16435064.jpg

フランス。
ここでもバカンスか・・・?!012.gif

何かね、国によっては、いくつかオブジェクトが置いてあって
ほんまにそれだけです!のようなパビリオンもありました。

芸術感覚に欠ける私には、
時間なかったからオブジェクト飾っただけやろか・・・
と思えてくるぐらいでした。

a0249451_16463284.jpg

これ、どこの国だと思いますか?

イタリア(性の国)パビリオンだったらあまりびっくりしませんが(笑)、
意外にもイギリスだったんです~。

一緒にいた友人はイギリス人。

「あんたら・・・やるなぁ!!!」と皆でからかいました。

紅茶とスコーンのイメージはどこへやら。(笑)

a0249451_16492859.jpg

これはどこの国だったかなぁ・・・。

a0249451_16503728.jpg

オランダ兄さん012.gif

a0249451_16514523.jpg
ビエンナーレは、ヴェネツィア最大規模の公園、
カステッロ公園とその付近で行われます。

この日もヴェネツィア市内は、観光客でごった返していましたが
ビエンナーレの中はかなり落ち着いていました。
お天気にも恵まれ、緑いっぱいの最高に気持ち良い一日となりました!

来ていた人も、おしゃれな人がすっごく多くて
それだけで刺激ウッハ、ウッハ079.gif
男前な人も多く、さらに刺激ウッハ、ウッハ012.gif

なんていうんでしょうか、
全身ハイブランドでお高くまとめてはいないけれど、
「あ~このズボン、デザイナーブランドやなぁ・・・」とわかるような
洒落こんだズボンにトップはシンプルなTシャツで!
そんなバランスのとれたおしゃれを楽しんでいる人が多かったように思います。
一番好きなタイプ・・・♫

予想以上に何倍も楽しかった、ビエンナーレでの一日。

a0249451_17012338.jpg

「兄さん、ただいま~」
とウ~ディネに戻ると、
快晴の一日を締めくくるにふさわしい
美しい美しい青空が広がっていました。

沁みるぜ・・・・



by Yoku1210 | 2015-05-19 17:05 | 日常 | Comments(0)