Brexit

a0249451_05595047.jpg

イギリスのEU離脱が決まった時、
すぐさまソフィーの顔が浮かびました。
「ソ、ソフィーーー!!」って。

そして、ポンドがどんどん下がっていくのをモニターで
見ながら、「今のレートで学費払えたらどれだけ
親の経済的負担を軽くすることができたやろうか・・・」
と思いました。

ソフィーにしても、学費にしても、
めちゃくちゃ個人レベルの話。(汗)


EUに対して懐疑的な人がたくさんいるイギリスで、
本当に「ミニEUが作れちゃうよ!」というぐらいに
様々な国からヨーロッパの学生と一緒になって
あらゆる角度から「EU統合」について話し合った日々が本当に
懐かしいです。

イギリスがEUの加盟国だったから、
非EU市民の私もエラスムス制度でレッチェに留学することができたんだよなぁ。
ルチアーナを始め、たっくさんの人に出会う事ができて。
なんだかんだ、自分も恩恵受けていたんですね。
いや、「なんだかんだ」というか、「明らかに」ですね。


一緒に勉強した友人に、
「これでさ、いつかEUが崩壊したりしてな。
European Studiesを勉強した私らって一体・・・」
と言うと、
「少なくともさ、”地域統合が機能しない”ということを
学べたわけやんか!!」と励まされました。(笑)

そうそう、彼の言うとおり。
高校で全然勉強しなかった私に
「考えること」の大切さ、楽しさを教えてくれたもんなぁ
イギリスの大学時代が。

うちの母親はよく「”絶対”なんてことはありえへん」
と言いますが、Brexitを通して改めてほんまにせやなぁと思いました。
自分が思っている以上に世の中はものすごいスピードで変化しているのだと。
だ・か・ら・こ・そ、
今目の前にある現実の中で生きていかなきゃ、進んでいかなきゃ。
いろんなタイミングが重なって、こうしてローマで生かしてもらってるんだからなぁ。

おやすみなさい010.gif


by Yoku1210 | 2016-06-27 06:41 | 日常 | Comments(0)