人気ブログランキング |

最近のシアトル

a0249451_15031607.jpeg


まだ長袖を着て過ごしています、
シアトルよりこんにちは!

日本からの
「暑い・・・」の嘆き?叫び?に
若干イラッとしてしまうぐらい「熱」が恋しいです。
今週からまた天気が回復するそうなので期待します。
頼むで、シアトルー。


シアトルって、今、経済成長がすっごいのですよ。
アマゾン、スタバ、ボーイング、マイクロソフト
これらの会社はすべてシアトルで生まれた企業。
アマゾンはシアトルオフィスだけで5万人を雇っています。
うっげーーーーー。

この経済成長に伴い、うなぎのぼりに物価が上がり
地元の人の生活に大きな負担が。

こうしてホームレスの人は増加の一途をたどっています。
アメリカでニューヨーク、ロサンゼルスの次に多いといわれています。
土地柄や州からの支援の度合いなど、様々な理由でホームレスの人の
数が増えているのでしょうけど、
貧富の差がどんどん目に見えてわかるようになっています。


アメリカの貧富の差って目に見えてすごい。
今日は友人とごはんを食べながらアメリカの医療システムの話して
何だか感情的になっていたというのもあるのかもしれませんが
帰り道にホームレスの人がたくさんいる大通りを通りすぎながら
「この国って・・・・」と思ってしまいました。


貧乏であろうが金持ちであろうが、
病気になる可能性は誰にだってあるし、予測不可能なこと。
アメリカのシステムでは金持ちだけでが充実した
ケアを受けて、受けられない人は病気が進行して
仕事を辞めたり自己破産してしまい多くの人がホームレスになる。
それが治安悪化につながる。悪循環もいいとこです。

「医療の恩恵を受けられるかどうかはあくまでも自助努力」
という考えは私は賛成できません。


シアトルにいると、「アメリカって本当に革新的やなぁ」と
思うことが多々あり、学ぶべきことも大いにあるのですが
革新とか、成長とか、競争とかそれもええけど
もっと根っこのところで市民のこと考えましょうやって思う時があります。
医療の問題も然り。
セーフティーネットを強化しないとアメリカの格差問題は悪化し続けると思います。


おやすみなさい。


by Yoku1210 | 2018-07-03 15:40 | 日常 | Comments(0)