人気ブログランキング |

a0249451_01485779.jpg
夜空に秋の気配を感じる・・どころか、もう秋を無視して冬の到来さえ感じる
フローニンゲンからこんばんわ012.gif
「秋が深まってきましたね・・」なんて情緒ある事を言えるのは、
日本独特の季節の移り変わりのおかげですね。ああ素敵。

というわけで、めちゃくちゃ寒いです。どうしよう076.gif
冗談抜きでダッフルコート着ようかと思いました。

そしてオランダの得意ワザ、しとしと降り続ける雨・・雨・・雨・・
「お願いやから皆さん傘さしてください・・そうでないと私なんかアホな人みたいですやん」
と言いたくなるぐらい、誰も傘ささずにチャリで思いっきり飛ばします。
チャリ抜きのオランダ人って米抜きの日本人みたいです。
生まれた瞬間からこいでるんちゃうん?!って思ってしまいます。

関空から無事飛行機は飛び、11時間半のフライトを経てアムステルダムに到着しました。
その11時間半はアッという間で、「なんやなんや、行けるやん~!」と思えるんですが、
いざ電車に乗って、フローニンゲンに向かいながらおっきなおっきな空を眺めているとね、
「あ~、どれだけこの空の下を歩いてもジャポ~ネは見えてこやへんのやんなぁ・・私は遥か遠くの大地にたどり着いたんですな」と急に距離を感じるようになるのです。
いつも同じこと。

上を向いても、おっきな空を見上げてもやっぱり涙が出てきそうになる事もあるし、
寂しいなぁと思う事もあります。上を向いても涙が出てくる事。だけどやっぱり、下向くぐらいなら上を向いたほうがいい。「あれがない」「これがない」と言い出せばきりがないし、そんな事をしていても余計自分が辛くなるだけですもんね。
「あれはないけどこれがある」「これがないけどあれはある」の気持ちを大事に012.gif

(と言いながら、海が恋しすぎてもはやプーリアを思い出すと今すぐにでも頭が狂いそうです)
a0249451_02064160.jpg
フローニンゲンに到着してまずした事は・・
日本に帰った友人が置いておいてくれたマットレスを取りに行く作業。

人生初、マットレスを一人で歩いて運びました。(爆笑)べつに爆笑でもないか・・
手はね、もちろん一時的腱鞘炎に襲われました。
汗だくになり、道行く人に「あ・・あの子・・あの子・・!!」という顔で見られながら
「同情するなら・・」と家なき子になりたい気持ちを押さえ
「これがなきゃぁ、アンタの寝るとこはありませんでぇ!!」との一心で運びました。

しかもね、おそらく大学の関係者であろう日本人の団体が運河沿いで写真撮影とかしてたんです。
その団体にも思いっきり見られ、チラッと「マットレス」という言葉が聞こえたのでおそらく私の事を言っていたんでしょう・・近づいてきたら日本語で「助けてください」と話しかけようと思ったのですが逆に遠ざかっていきました。
変なオーラ放ってたんやろか・・

怪力女バンザイ\(^^@)/

かけ布団がなかったので、布団カバーを重ね、
その上にジャンパーとバスタオルを重ねて寝ました。
バスタオルをかけた瞬間の、「あ、レイヤーが増えて温かくなった!!」
の嬉しさがたまりません。

手作り布団(布団なんかコレ?)バンザイ\(^^@)/

a0249451_02162181.jpg
「あっついわほんま~!こんな時は冷麦に限るな」
なんて数日前に言っていたのが嘘のよう。
寒いので入麺にしました。入麺というか、そうめんスープ・・

家族とすする冷麦の方が100倍美味しかったけど、
「あれがない」「これがない」と不満をいっても余計に辛くなるだけ。
そう大切に思う人が存在する事、そういう人の支えのおかげでオランダまで導いて
もらっている事を忘れずに、上を向いていきしょう。

雨足が強くなってきました~!
マットレス運んだおかげで肩が痛い~!
時差ボケ~!
寝るかっ012.gif

よい週末をお過ごしください♫

by Yoku1210 | 2014-08-23 02:24 | オランダ | Comments(0)

ありがとう、オランダ。

a0249451_04321963.jpg

お久しぶりです012.gifロンドンから戻ったと思ったら、テスト、荷物の移動(アルプス越えたぜ)、引越しに課題の提出と大忙しでした。クッタクタ045.gifて言いながらも、自分で决めたことなんで文句は言えませんなぁ。

そして今日、Groningenに別れを告げて、スキポール空港周辺のホテルにチェックインしました。こんな怪しくないホテル泊まるの久々かも。(笑)

重みのある~、6ヶ月でした。
すっごくすっごく良かった!
って今だからこそ言えるけれど、最初はオランダ文化に慣れなくて全然ピンとこなかった日々。でも逆を言えば、そういう日々があったからこそ、人と分かり合えた瞬間が嬉しく思え、学ぶ苦しさも何倍もの喜びとなって自分に返ってきたんだと思います。最初からうまくいくことなんてないもんなぁ。
やっと土台が出来上がってきたぞ・・っていう実感が湧いてきたと思ったら、もうお別れの時間。まだまだオランダの事知りたかった、ビール飲みたい、オランダ語やりたい、オランダのケチ文化を堀探りたい・・ていう気持ちは山々なのですが、また秋には戻ってくるので、ポジティブにいくことにしましょう012.gif

明日から2週間ちょい日本に戻って、そのままイタリア入りします。
昨晩も目的地を地図で見てて、あまりの北さに唖然・・自然と首かしげてしまいました。(苦笑)
先日アルプス越えして、パドヴァの友人のおうちに荷物を預けに行ったんですが、アクセントの違い、人の感じがレッチェとは全く違っていて正直「うそぉ・・まじっすか」てちょっと引いてしまったんです。アクセントも全然違うし・・ね。パドヴァより北・・助けてください076.gif

まずは日本を楽しもう、北の事はその後考えることにし~ましょ。
家族・友人との再会、すっごく楽しみー!そして日本食・・
寿司に干し芋、うどん、すき焼き、トロ、鍋、日本のビールに酒、餅、秋刀魚、おでん、シチュー、おとんの肉じゃが、M阪牛の細切れ肉、こたつに入りながら食べるみかん、筑前煮、黒豆・・アア・・よだれの始末に困ります!!!!!!!!!ニヤ026.gif
ただ、激太りしそうで怖いです。ただでさえ最近太ったのに・・

a0249451_04532896.jpg
また新しいスタート。本当、出会いと別れの連続やねぇ。いくつになっても慣れません。まぁ、そんなセンチメンタルな感情に慣れてしまう・・というのはすっごく悲しい気がするので、素直に受け止めるしかないですね。Things happen for a reason..と信じてます。
て話をオランダ人男子クラスメイト2人にしたら、「んなこたぁないわっ、それなら戦争も起こるべくして起こったてゆうわけ?」て言われて困ったっけ、クリスマスイヴ前日。(笑)

ありがとうオランダ012.gifなんだかんだ文句言いながらも、教えられた事ばっかり。ありがとうううう、もう本当にその言葉しか出てこないです。

それでは30キロのスーツケースと手荷物2つをさげて帰りまーす。手荷物2つ・・やっぱりひっかかるかな・・今考えているのは、リュックを背負って、その上からコート着て行こうかな・・って。バリ小心者なんでドキドキするわ。
「こ、この客、えらい背中分厚いな」って思われたらどうしよう023.gif

行ってきます079.gif




by Yoku1210 | 2014-01-17 05:20 | オランダ | Comments(2)

a0249451_1753305.jpg


アムスではアムステルダム博物館の近くのじゃっかん怪しいホテル?ホステルに4人で泊まりました。
私と旅行すると、だいたい変なホステル又はホテルになります012.gif
でもさ~別にいいのよ、うちの家族、超庶民派やし相部屋でなければ!そして暖房さえついていれば!

アムスでは毎日とってもいい天気に恵まれました。

a0249451_17581755.jpg


人と旅行していると、自分では気づかないような事に他の人が気づくため、何倍もの発見があります。これは・・人と旅する事の利点ですよね。

ヨーロッパに始めてきた母の目に映るアムステルダム、地図マニアでどうしても道路に興味がいってしまう父の目に映るアムステルダム、東京で長く暮らしながらアジアを頻繁に旅行する姉の目に映るアムステルダム・・・012.gif

そんな彼らの気づきに、私自身驚かされる事もたくさんあり、結果としてアムステルダムの事がもっともっと好きになりました。ていう単純な結論027.gif

そしてオランダ人のでかさにびっくりしたのは全員同じ。私もです~未だに012.gif

a0249451_1835419.jpg


朝一で訪れたのは、もちろんアムステルダム博物館。巨大なのですべてはまわれませんでしたが・・アァ、すっごく良かったよ!

船の模型、鉄砲、風景画、ゴッホにレンブラント、そして長崎は出島・・本当にオランダづくめで勉強した事もちらほら出てきて「にゃるほどっ」とニヤニヤしてしまいました。

また行かなあかんわ、絶対・・

a0249451_181124.jpg


こちら、出島でございます012.gif

a0249451_18132447.jpg


ショッピング中は父だけ別行動。地図持たせたら、彼はどこでも行けます012.gif

「店で食べるものも結局はサンドウィッチやな」という事に気づいた家族、「せやねん!!ほんまにそうやねん!!」と声を大にして主張させていただく私、というわけでスーパーでいろいろ買って怪しいホテルの一室でパーチー012.gifいや、もちろんサンドウィッチ以外のお店もいっぱいあるんですがね・・。

a0249451_18174312.jpg


チーズや乳製品のおいしさに感激する彼ら、「こんなんで十分やわ」って。そうなんす、十分なんす029.gif

ぺちゃくちゃおしゃべりしながら、ほぼ完食019.gif

「はい、ではまた明日~」と姉と私は7階にある怪しい部屋に戻り、眠りにつくのでした012.gif

何が怪しかったん?て聞かれると、どう答えていいかわからないんですけども、「全体的に胡散臭い」というのが答えになりますでしょうか。部屋に飾ってあるペイントとか、なんかサーファーのペイントかなんかでした。季節感ゼロ。

ホテルの予約や電車の手配などはすべて私がしました。家族に「なぁ、この部屋いくらなん?」て聞かれたもんで、「1泊1人5000円ぐらいかな」てゆうたら、「高っ!!!」てゆわれました。確かに・・・・日本のビジネスホテルの方がずっとか綺麗。

でもね、ちゃ、ちゃうねん、年末やからこれでも安いほうやねん・・042.gif←これ本当

m(__)m
by Yoku1210 | 2014-01-08 18:26 | オランダ | Comments(4)

必ず光は見える

a0249451_21141864.jpg
今日、エッセイの下書きに対して教授からアドバイスをもらうために学校に行き、正式に1セメスターが終了しました。

何度も書いているので、いい加減しつこいのですが・・

「どうやった?」と聞かれたら、「It was just AMAZING」と何の疑いもなしに言えるぐらい、本当に本当にかけがえのない3ヶ月半でした。

オランダという新しい国に飛び込み、本当に毎日がカルチャーショック!毎日が発見!毎日がサンドウィッチ!そんな日々でした。思った以上に日本と大きく異なる文化に戸惑い、皆フレンドリーやけどなんとなく分かり合えない、そんなもどかしい気持ちが自分の中からなかなか抜けませんでした。勉強面でも、自分の無知さにひどく劣等感を抱き、自己嫌悪に陥る日々。最初の1ヶ月はそんな感じで、ずーっとモヤモヤしてました。

でも、光は必ず見える・・と自分に言い聞かせ、完全崩壊しないようになんとか踏ん張る日々。そうして日々を過ごしていく中で、少しずつ、バラバラだったパズルが少しずつ出来上がっていくような、そんな感覚が生まれてました。(湿っぽいわ、相変わらず)周りの人に励ましてもらい、活かしてもらい、「右上がりの上達を遂げた」と実感しています。

オランダという国に出会えた事、もう、「ありがとう!」の気持ちしか出てこない。ケチ説も、トッピング説もこの際丸め込んでしまえ!

「I feel so grateful!」ていう気持ちでいっぱいで、今朝はニヤニヤしながら家路につきました。

ミーティングの最後に、一番お世話になった親日家の教授に、来年は勉強を続けながら彼女の下でインターンシップをしたいと思っている事を告げたら、すっごく喜んでくれて、「I am very positivea about your capability」という言葉を頂きました。久々に晴れた青空を見上げながら「あぁ、やっぱり光は必ず見えるんやなぁ」って思い、もう嬉しすぎて泣きそうやった、この湿っぽい女!

スーパーで35%OFFになっていたモッツァレラチーズの王様、mozzarella di buffalaを購入し、家で一人お疲れ様会。

a0249451_21334253.jpg
モッツァレラと生ハムを前菜に、メインはマッシュルームとベーコンのパスタ。トッピングは・・チョコスプレーじゃなくてチーズです079.gif

明日から2週間ちょいの休みに入りますが、けっこうやること多いんですね。少しは気を抜いて、だけどやることはしっかりやって、また新しい光が見えるまで頑張って行きたいと思います。

良い週末をお過ごし下さい!012.gif


by Yoku1210 | 2013-12-20 21:40 | オランダ | Comments(6)

ポエムNight!

a0249451_22302185.jpg
前夜は星空やったし、晴れるかなと思ってたら朝から大荒れの12月5日。
昼過ぎにはストームが降り出して、大学も急遽閉鎖。

夜には何とか止み、ホスト宅まで「なんとか」たどり着きました。
吹き飛ばされるかと思ったぜ057.gif015.gif

a0249451_22330970.jpg
到着した者から、順にプレゼントとポエムをキッチンに置くというのがルール。私ね、ほんまアホな事に「ポエムは匿名でよろしく」ってホストが6回ぐらい念押してゆうたのに、ポエムにおもっきり自分の名前含めてしまい・・バレバレ042.gif

皆で乾杯した後、早速ポエム購読会開始!

サイコロ振って、6を出した人が自分の名前の書かれたプレゼントとポエムを手にとって読み上げます。

a0249451_22361930.jpg
皆の愛が詰まったプレゼントとポエム053.gif

サイコロ振ったら6が出たので、ポエムを読み上げました。

a0249451_22375397.jpg
もう・・スイートな事がいろいろ書かれててう、うっとり012.gifポエム・・ええなぁ。

が、ここで気づいた。「私が書いたポエム・・趣旨ずれずれやん」って。

皆「あなたは今年良い子だからサンタさんがプレゼントを用意しました」みたいな事を個人のハプニングなんかも含めて書いてるのに、私が書いたポエム・・

「女が女に恋しているポエム」

おかしいおかしい085.gif085.gif085.gif

題名、「My unforgetabble morning」「忘れられない朝」

内容は皆さんのご想像にお任せします。

a0249451_22415419.jpg
私に恋されたLisa....す、すまんなぁ。

a0249451_22450189.jpg
どの子が書いたポエムも、温かみたっぷりで、
笑うどころか「awww..」とうっとりしてしまいました。

12月5日のお祝いにオランダで歌われる音楽を皆が歌ってくれて
オランダカラー一色!の夜でした。

前にも書いたんですけども、こんな小さな国(失礼)でも、又はこんな小さな国だからこそ、「(オランダ)らしさ」がしっかりあって、縁あってオランダに来て、
そのらしさに触れられたは、ヨーロッパについて勉強する者として、そして一個人として、
本当にかけがえのないギフトだと思っています。

満面の笑顔で歌を歌っている彼らを見てて、私がオランダ語を続けると决めた理由は
ここにあったんやなぁって改めて実感しました。

a0249451_22532872.jpg
いや~本当に温かいポエムnightでした。

シンタクロースはプレゼントと一緒にストームも持ってきたわけですが、さすがシンタクロース、私たちが帰る頃には昼間のストームが雪に変わっていました012.gif

せやけど・・・

帰宅は激サムでした!!!!!!079.gif079.gif079.gif



by Yoku1210 | 2013-12-07 22:55 | オランダ | Comments(4)

a0249451_20030542.jpg
行ったこともないくせに、「ここ、アメリカっすか?!」て思わずにはいられなかったロッテルダム。

6歳ぐらいの頃に夢中になって見た、あのアメリカンソープ?「フルハウス」を思い出しました。

a0249451_20044839.jpg
ロスの「なんちゃらブリッジ」にいるみたいです012.gif

ただ、私高所恐怖症なんで、下見たらめっちゃ怖くなってきて最後は猛ダッシュでなんちゃらブリッジをこえたのでした。「目の前で橋が真っ二つに割れたら・・」て考えれば考えるほど冷や汗かいてきてアワワワワ042.gif

a0249451_20072312.jpg
ロッテルダム博物館で休憩。朝からゴーダで飛ばしすぎたため、すでにこの時点でクッタクタ024.gif

ただね、ちらっと資料見たら、ロッテルダムの都市再計画はアメリカを真似たって書かれてました。やっぱり。フルハウス思考は私の憶測ではなかったようですな012.gif

もう帰りはあの橋はわたりたくない・・そういえばホステルの人が水上タクシーがあるって言ってたよな・・って思い出して。

a0249451_20110009.jpg
発見!!!!「乗れや乗れや~」のお兄さんの一言で乗車。あと2人女の子も一緒でした。

a0249451_20120928.jpg
やっぱり自分の中では、フルハウス感・・抜けず。(笑)

が、高所恐怖症に加えて、乗り物酔いしやすい私・・

あ、やっと着いたぜって思って降りようとすると、兄さんに「チッチッチ、こ~こは君の港じゃないぜ006.gif」ってフルハウス的な発言されて、「え、ほんまっすか」020.gif
女の子2人は降りていったのに・・

「ご、ごめんな、他のお客さん乗せなきゃいけないから、もう一回乗り場に戻るぜ」ってフルハウス的謝りを受けて、もう一回乗り場にユーターン。笑 なんでやねん012.gif

次はどっさり10人ぐらい中年の男女が乗ってきて賑やかに。

何はともあれ、タクシーとしての役目を果たして頂きました012.gif

a0249451_20164649.jpg
夜ご飯はホステルの隣の、パンチの聞いたオーガニックフード店で。
このビール、ばりうまかったです。

バックに映る、馬さんを渡されて「これ持って待っててね」って。な、なんですっか?012.gif
フ、フルハウス的思考・・??

レンティルのカレーに茄子のロースト、美味しかったなぁ。

a0249451_20191133.jpg
ホステルに戻ると、ハロウィンパーチーが。

イギリス人の男の子と、親が金持ちで3年ほど仕事をしていない40代のアメリカ人男性とビールを飲みながらいろんな話をしました。

a0249451_20235426.jpg
それにしても、ここのホステルは今までに泊まった何十ものホステルの中でも間違いなくパンチきいてたホステルの1つやったな・・・012.gif



by Yoku1210 | 2013-12-01 20:24 | オランダ | Comments(2)

a0249451_21275879.jpg
ゴーダで物欲はじけすぎて、「ばればれの観光客」になってしまったので、まずはホステルに荷物を置きにいきました。

わざわざ、隣町に行ってチーズ買ってきたもんやから、隣のベットで寝てるおじやん、たぶん私の事「変な子~~~」って思ったと思います。ゴーダってそんな有名じゃないんやろか。

さぁ、半日のロッテルダムめぐり!時間がないよ~!

ロッテルアムはアムステルダ次いで、オランダ第2の大都市。第二次世界大戦で大きな被害を受けたため、かなりモダンです。私が泊まっていたホステルは、被害を受けなかった地域の近くだったので、街並みもとっても可愛かったです。

隣のベットで寝てたおじやんがおすすめのエリアを教えてくれたので行きました。

ザ・ロッテルダムのファッションストリート! なかなか良かったよ~012.gif

a0249451_21330474.jpg
特に、ここのお店がめちゃくちゃかわいくって・・また物欲はじけてしもたやないか><

a0249451_21343432.jpg
ここでもコップ買いそうになってしまって、必死で自分を抑制012.gif「ゴーダマグカップで十分!!」と言い聞かせました。あぶないあぶない。

この時点ですでに15時・・・ゴーダであばれすぎた。(笑)

a0249451_21374903.jpg
ハーグでも思いましたが、Groningenに比べていろんな人種の人がいます。特にロッテルダムは、第二次世界大戦後に経済の立て直しをする際、モロッコやトルコからかなりの数の人を呼び寄せて雇いました。

私、オランダに来て、自分が今までに見てきたヨーロッパって本当にこれっぽちで、まだ知らない事ばっかりてすんごい実感したんです。行った事があるかないかという事ではなく、なんだろう、歴史やそれぞれの国が抱える社会問題、日々の営みや、価値観。クラスメイトに、歴史にめっちゃくちゃ詳しい子が何人かいて、いろいろ教えてくれるんです。こんな言い方すると殴られそうですが、こんな小さな国でも、「00らしさ」、=「オランダらしさ」があるわ!!って彼らの話を聞いてて思います。だからやっぱり、オランダ語、諦めたくないんですなぁ。オランダらしさやから。

いやぁ、オランダに来て本当によかったよ。ロッテルダム、後半は「アメリカン風、ロッテルダム」です。良い週末を~!!!

PS 今日はGroningenにサンタクロース(シンタクロース)が来ています。外出るの面倒くさいのでテレビで見ました。

サンタさん、私のプレゼンテーション手伝ってください!!!!!
079.gif




by Yoku1210 | 2013-11-16 21:52 | オランダ | Comments(0)



a0249451_18395120.jpg
1280年ごろから建築が始まった、ゴシック様式の聖ヤンス教会。123メートルと、オランダで最も長さのある教会です。こんな小さな町に、こんな素晴らしい教会があるなんてね012.gif

a0249451_18530127.jpg
1572年の宗教改革までは、カトリック教会として使用されていました。ゴーダは、オランダの宗教改革において非常に重要な役目を果たした、オランダ人文主義者デジデリウス・エラスムスが生まれた場所。そして彼の父は、この教会の神父でした。

エラスムスは、15世紀に世俗化したローマ教会に支配される市民を見て、これはおかしいのではないかと批判を始めた人物の一人。結局彼は宗教改革者とはならなかったものの、オランダでの宗教改革に多大な影響を与えた人物の一人です。

a0249451_00363025.jpg

15~17世紀はルターをはじめ、多くの知識人、芸術人がローマ教会、聖書に疑問に疑問を持ち始め、ヒューマニズムが盛んになり、ルネサンス、啓蒙思想運動、近代化、フランス革命、産業革命とその後のヨーロッパに大きく影響を与えることになります。これらの過去なしに、今われがわれが見るヨーロッパ、いや世界は存在しなかったでしょう。

「人間がより人間らしく生きること」を希求したエラスムスの考えは、宗教改革での激しい戦いをを経て、オランダがプロテスタントの国になったことにも大きく反映していると思います。この思想は、売春の合法化、ドラッグの合法化、移民を積極的に受け入れる姿勢、これらから感じられる「自由、寛容、平等」を重んじるオランダの社会形成の基盤になったのではないでしょうか。

a0249451_01085299.jpg

教会の中には、かなりの数のステンドグラスが飾られているのですが、本当にダイナミックで素晴らしかった!

第二次世界大戦中には、多くの芸術作品がドイツに奪われたそうですが、どうしてもステンドグラスを守りたかった市民が、チーズ工場に避難させたそうです。そのおかげで、すべてのステンドグラスが奪われずに済んだそうな。
a0249451_01132737.jpg

教会建設中の様子。この教会、骨組みが十字架の形をしています。

a0249451_01162105.jpg


床には、当時の裕福だった人たちが埋葬されていて、彼らの名前が彫られています。

あーーおもしろかった。受付のおばさんもとっても親切で、いろいろと話をしてくれました。日本語ガイドも置いてあるので、機会があればぜひ行ってみてください。

a0249451_01204120.jpg

エラスムス012.gif

この後、ゴーダ美術館にも行きましたが、そちらはまぁまぁやったので、あえて省きたいと思います。
a0249451_01250270.jpg
ゴーダ、本当に可愛かったよ!

帰り道、素敵なお店を発見して物欲爆発。素敵なお店っていうか、観光案内所やったんですがチーズ味見させてもらったら、むっちゃおいしいし、いろいろ可愛い物が目に入ってきて・・・

結局・・・
a0249451_01271394.jpg

移動の際に一番荷物になる、そして厄介なマグカップを買ってしまった・・移動するから物は増やしたらあかん・・って分かっていながらも「これで毎朝カフェラテ飲めたら・・たぶんめっちゃ幸せやと思う012.gif」ってエラスムスか誰かが言っているような気がして、「ええい、いってしまえ!」と購入決定。その上、「このボールでスープとか飲みながら、家族とゴーダに思いを馳せられたら幸せやと思う012.gif」って、これまたエラスムスか誰かが言っているような気がして、母への土産、決定!

なおかつ、ゴーダ産のビール、チーズ2種類、くだらんチーズ削りまで買ってしまって、「誰よりもバレバレの観光客」になってしまったのでした。My ゴーダマグカップ、ベタ惚れしてます012.gif

さぁさぁ、ロッテルダムへ戻りましょう012.gif
a0249451_01530084.jpg

冷え込みがきつくなってきたGroningen。来週はむちゃくちゃ忙しくなりそうなので、既に胃が痛いけど頑張ります!根性一発!よい週末をお過ごしください♪♪

by Yoku1210 | 2013-11-09 01:35 | オランダ | Comments(2)

a0249451_17282391.jpg


おはようございます012.gif昨日のレクチャーでお会いした、わんぱくおばあさんから「ゴーダにある教会のステンドグラスは素晴らしいからぜひ行ってこいや!!」とアドバイスを頂き、ゴーダ遠征が決まったのでした。

嘘くさい地図を見ていただけるとお分かりかと思いますが、宿泊先のロッテルダムからゴーダまでは電車で約20分。

刑務所のようなホステルでの寝心地はまぁまぁやったんですが、朝7時過ぎに起きて、料金に含まれている朝食をいただいて準備。(トーストの横には、バター、ジャム、ピーナッツバター、そしてチョコスプレーが置いてありました012.gif

a0249451_17433689.jpg


ゴーダといえば、「ゴーダチーズ」。オランダに行くと決まってから、ゴーダという町が存在する事を知り、ぜひ訪れたいと思っていたのです。

電線ではなく、チーズがぶらさがってます。ブラブラ012.gif

a0249451_17465396.jpg


朝のマーケット。9時に到着したもんで、人通りも疎らでした。

こういう日常に一コマ、めっちゃ好きやわぁ019.gifちょっと眠そうな、でも「やっと土曜日」とホッとした顔で買い物している人の姿みると、彼らの日常を垣間見ている気分になるんですなぁ。

旅(遠征)の中で一番大事にしたいのは、こういうところかも。「またがんばろ!」って思える。

a0249451_17565734.jpg


ホステルでも食べたくせに、ここでも朝食。マーケットで買ったタルトとカフェオレ012.gif

オランダにはAlbert Heijnというチェーンのスーパーがあるんですが、ここでカフェオレやエスプレッソが1ユーロで買えるんです。しかもわりと美味しい。というわけで、カフェオレを求めてAlbert Heijnに入ったら、マシーンが見当たらない・・仕方ないので、ぶどう4粒試食して店出ました012.gifゴーダまで来て何しとん・・ていう話なんですが。

教会もまだ開いていないので、周辺をぶらぶら。

a0249451_1804733.jpg


秋ですわ~!朝の雨で少し湿った地面と、この、なんとも言えない秋の匂い。

a0249451_1823654.jpg


来てよかった!と到着して1時間も経たないうちに思った、深みに欠ける、単純な旅人Y。

なんと表現していいのかわかりませんが、すっごく良かった。またがんばろ!って。旅はたくさんのエネルギーを与えてくれます。

a0249451_18104639.jpg


お日様ができました。

では教会に行きましょう・・・012.gif

------------------------------------------------------------------------
今週からまたガクンと気温が下がってきました。そろそろコートを出す時期ですな・・・

それにしても、ヒートテック最高。ヌクヌクホカホカ012.gif
by Yoku1210 | 2013-11-05 18:11 | オランダ | Comments(2)

a0249451_243346.jpg


サンドウィッチも食べ終わり、中心地に戻ってきたので、本格的観光開始012.gif

まずは、オランダ議会、スターテン・ヘネラールの議事堂。

a0249451_283219.jpg


このビネンホフというエリアには総理府や国会、総務省があります。

a0249451_2204077.jpg


1200年代に建てられたようで、確かに立派な建物ではあるのですが・・正直なところ、ここが首都機能を担う政治の中心地ですか・・?と疑ってしまいたくなるような、威厳の感じられない場所でした。何も悪い事じゃないと思うんですけどね、「え、ほんまに・・・ここが・・?」とちょっと思ってしまいました。中に入れなかったから余計かな。

まぁでも、クラスメイトいわく、首相もチャリで通勤する事があるらしいんで・・012.gif外出たすぐのところで、フライドポテト売ってる車あったし・・・関係ないか。

a0249451_2245443.jpg


秋満開071.gif

a0249451_2254342.jpg


次はハーグ歴史博物館へ。

なんだっけな、詳しい事忘れましたが、海が近い事、街周辺に森林が多くあった事など、地理的要素が後に政治の中心地となる大きなきっかけだったようです。

a0249451_238306.jpg


現代のオランダを象徴するような一枚。「多民族主義」を訴える若者(全員オランダ人)がラップミュージックを作ったそうな。ビートが妙に性に合ったようで、イヤホンを耳にあてて、3回ぐらいリピートしてしまった・・チェケラッ012.gif

そんなオランダも、9・11の後、状況は大きく変わったそうです。その事について今月末にエッセイを書くのですが、どんな方向で書くべきなのか、まだアイデアが浮かんでいません。うーむ・・・

a0249451_2453178.jpg


多くの国際機関が存在するハーグ、中でも国際司法裁判所がハーグにあることから「法律の世界首都」なんて呼ばれてもいるそうな。

平和・司法都市となった基礎にあるのは、万国平和会議がここで行われたから。結局第一次世界大戦が始まり、再び会議が行われることはなかったけれど、日本からも記念品が送られたそうで、展示されていました。

a0249451_2521085.jpg


ハーグ市立美術館は工事中のため閉鎖中。なんせオランダの美術館や博物館、めちゃくちゃいい値段するんでね・・入場料1000円するところはザラです。私は年間パス持ってるので入りたい放題ですが・・。

こんなちっこい国に約400の博物館・美術館があるそうです。

a0249451_335275.jpg


もう歩きすぎてクッタクタ。ということで、茶でもしばきますか012.gif

a0249451_345660.jpg


チャイを注文。そしたらはちみつがべっこで付いてきて、はちみちが大好物の私はめちゃくちゃテンションあがってしまって・・ケーキをチャイの中に落としてしまった・・・><それでも、まだテンションは下がらず、狂ったようにスプーンではちみつを舐めました。汚いぞ、コラコラ。

疲れてる時に糖分摂取すると、頭のてっぺんから足のつまさきまで染み渡りますよね。
ックウウウ012.gif

a0249451_372638.jpg


そして今回の遠征のハイライトでもある、「ヨーロッパの将来」についてのゲストレクチャー。ゲストは、南アフリカ共和国の第七代大統領、フレデリック・ウィレム・デクラーク氏と、オランダでもよく知られているジャーナリスト兼教授のカレル・ヴァン・ウォルフレン氏。

デクラーク氏のスピーチは、EUがいかにアフリカへの投資を加速させるべきか、という事を熱弁した内容でした。まぁはっきり言って、宣伝活動。
ただ、私が考えさせられたのは、「西欧 vs それ以外」という世界の在り方はこの先もなかなか変わらないんやろうなぁという事。一日本人として、あまり偉そうな事は言えませんが、植民地化ってやっぱり惨すぎる。自分達の価値や文化、言葉までを、そこに住む人々に押し付けて支配してくなんて。

その一方で、カレル氏のスピーチは、EUの存在を末法から否定する内容でした。この方、実は日本に30年近く住んでいた事もある、日本政治を専門としている方なんです。高校卒業して、インドを通って日本に渡って、ジャーナリストとして活躍したそうです。日本社会を題材に出版された多くの本がベストセラーになったそうで、私もぜひ読んでみたいと思っています。

彼のスピーチの中で、この前のテストで出てきた内容についての話が出てきて、一人でニヤッ012.gif(ちなみに間違った回答をした)そして彼の存在を知れた事。やっぱり本を読む事だけが勉強じゃないなぁって改めて思いました。イギリスにいた頃はこういう時間が本当になかったからなぁ・・

a0249451_4105337.jpg


そして隣に座っていたおばあさんが話しかけてくれて。この方、娘さんが外交官らしく、日本にも3回も行った事があるそうです。オランダの事いろいろ教えてくれました。50歳にして法学部を卒業したパワフルおばあさん012.gif

そしたら、「あさって、私の70歳の誕生日やねん。娘と一緒にニューヨーク行くねん!!」って。

バリ元気ですやん!!!

本当に楽もしい方で、「またこっちの方に来ることがあったら、ぜひうちに遊びにおいで」って住所とメールアドレスをくれました。何でも、娘さんの友人の中国人の女の子が、私が今勉強している事と同じようなコースをオランダで勉強してたらしいんですけど、難しすぎて途中で退学してしまったそうで。

「あんたも大変やと思うけど、外の人間であるあんたやからこそ吸収できる事がたくさんあるし、それは本当に貴重な経験やからね。がんばりなはれ012.gif」とエールを頂き、改めて頑張るぞ!と心に誓ったのでした。

a0249451_4162536.jpg


ライトアップされた国会にうっとりしながら、ハーグともお別れ。

さすが政府の中心地、お金持ちそうな人多かったです。オランダに来て、始めてルイヴィトンのバック持ってる人見ました。

a0249451_4182932.jpg


朝から歩きっぱなしの一日。そんな身体を和らげてくれるのはコノお方しかいないでしょう、ビール012.gif最近気づいた事、こっちのビールは一番弱いものでアルコール5%です。日本のビールに比べて強いよね。

ロッテルダムに到着して、一泊1500円のホステルに宿泊。

a0249451_4215692.jpg


真っ暗な部屋に、20床のベッドがズラ~ン・・刑務所かと思ったぜ!!!!
おやすみなさい012.gif
by Yoku1210 | 2013-11-03 04:32 | オランダ | Comments(0)