人気ブログランキング |

a0249451_2341888.jpg


最近の口癖は「まじ狂いそう」「頭・・いきそうです」「woooo!」「お世話になっておりますぅ」が口癖の田舎野郎です。012.gif

もう、仕事の事を書きたすぎて(毒を吐きたすぎて)うずうずしているのですが、あまり書きすぎて何らかの形でバレたりしたりするとまずいしね・・。会社の個人情報とかも厳しいしね。

と言いながら、書ける範囲で書きます!でも今日は弾欧の続き♫

a0249451_23121227.jpg


「寂しい」と思う感情って、どこにいてもつきものですよね~~~。ローマにいた時も、「何か・・寂しいなぁ」って思う事がよくありました。一人旅すると必ず襲ってくるしね~この感情。

理由はよくわからないんだよね。いや、う~ん、少しはわかるかな、でも、う~ん、どう向き合っていいのかもわからないっていうか。←うざいですよね、こういう文章。
a0249451_23592526.jpg


「私って実はめっちゃ一人かも」って思うと、寂しさが募るんですよねぇ・・・・・・・・。

この日の日記には「今日は少し寂しい。なんでやろう」と書いてありました。気持ち悪い(笑)

でもね、こうして日記を読み返すとその時その時の自分の心の状態って、ものっすごくクリアに蘇ってくるんですよね~。

まだお互いを探り合い中の語学学校の人たちと出かけてもなんだか楽しめない自分もいるし・・でも誰かといたいっていう気持ちもあるし・・そして私が選択するのはいつも後者。家で一人・・「あ、寂しいわ、私」って。もうこうなったら・・ワイン・・・しかないよね。どうして私は無理してでも前者を選べないのだろう?皆の事知りたいから出かけたい!ってならないのだろう?と自分に問いかければ、もうそこからは「自己嫌悪の世界」。
また話がずれた。

a0249451_2329428.jpg


テヴェレ川って何だか寂しく映るんですね、私には。でもこのテヴェレがかもちだす寂しさって大好き。ここをよく散歩しました。すっごく寂しいのだけど、すっごく美しい。これをもっと巧みな語彙で表現できればいいのだけど・・無理や><。

a0249451_23491768.jpg


最近の私も何だか寂しい。何だろう、寂しいなんて思う時間もないぐらいに忙しいのに、ふと襲ってくるこの感情。東京って本当に人、人、人の世界で、だけど全員が他人に見える瞬間、とんでもない寂しさに襲われます。

もう・・全然ローマの話ちゃうやん!!!

さっきね、祖母から電話がかかってきて「仕事えらいか?(しんどいか?)」と聞かれたので「えらきってくわ~。(しんどすぎる)」と言ったら、なぜか大笑いされました。なんでやねん012.gifせやけど、電話越しに大笑いする祖母の声にノスタルジア!ここまで弱ってるのか、自分。

もう・・今日は寝よう。

ローマにいても、東京にいても、三重に居ても一緒。寂しいときゃあ寂しいんです012.gif
by Yoku1210 | 2012-03-24 23:55 | 旅行 | Comments(16)

a0249451_228134.jpg

あぁ・・一ヶ月前こんなとこにいた事が夢みたい。あかん、写真見たらめっちゃしみるわ・・涙 時間が経てばよくも悪くも気づくことっていっぱいあるよね~。その時気づければいいのだけど、人生ってそんな甘くないわ・・

弾欧に戻ります。

学校一日目~!親切なカルロおじさんが、鍵を直してくれたおかげて休まなくて済みました。

この日も朝5時に目が覚めて、そのまま活動!

a0249451_22151197.jpg


近くのバールで朝ごはん~~!学校の近くなので、生徒の行きつけらしい。

「君も今日から学校?」
「はい、そうなんですぅ~~~」カプチーノごくごく。

a0249451_22161097.jpg


イタリア、イェイッ012.gif

学校に到着し、早速レベル分けテスト。一番上のクラスに入れました。

クラスメイトはロシアンガール3人にオランダ人の男の子、ブラジル人の女の子にコロンビアの女の子、インドのシスターもいました。先生の名はクリスティーナ。

とりあえず自己紹介をしてあっという間に時間は過ぎていきました。早速現在進行形の勉強(笑)

大学時代・・・ほんっっまにしごかれたよな・・と思い出し。だけどつながるところは必ずある。無駄などないのだと。今の自分にも、どうか、どうか言い聞かせたい言葉・・無駄な事などないのだよ。

あかんあかん、話がずれた。

a0249451_1071378.jpg


今日一緒に学校に入ったロシア人のヤーラ。私がスピーキングテストを受けている時に、盗み聞きしていたらしくテストが終わった後「あなた、レッチェにいたって言ってたわよね?私先週レッチェにいったのよ!!」と。両親ともどもモーダの世界で活躍する彼女のファッションはもう、まさにミラコレかパリコレか何かは知りませんが、とりあえずコレクションから出てきた少女そのもの!もう明らかに高そうで、明らかにカワイイ!
「うわ~そのカバンかわいいなぁ!」(クロエのバッグ)
「これ、ブリンディシで買ったんさ!(レッチェから車で40分の町)」
「えええええ(笑)」

見た目とギャップが大きい彼女とすぐに仲良くなりました。また後で、チャオ~!と言ってバイバイ。

さぁさぁ、ランチにしましょう。近くの肉屋と八百屋に寄って・・・メニュー決定!

a0249451_10114070.jpg


サルシッチャのサルサル。サルサル、だいっすきぃ~~~!まじで好きです。

a0249451_10123395.jpg


この・・紫のキャベツって何て言うんでしたっけ・・・今日はサルサルと紫キャベのクリームペンネ。前日に買ったプーリア産のワインも一緒に♫

Buon appetito!

a0249451_10134648.jpg


「あ、うっま、あ、うっま」を連発。久々にサルサルに気分はもう・・ピーク012.gif

a0249451_1015189.jpg


Sono in vacanza,バカンス中だもん、ワインもおかわりだ~!!!!!!Go go!
一日目のランチ、相当盛り上がりました。

そしてお出かけ。今日の目的地はトラステーヴェレ。

a0249451_10171928.jpg


テヴェレ川をてくてくてく。水はきったないけど、そこは見て見なかったフリ012.gif

a0249451_102194.jpg


今回の旅で分かった事・・というかやっと認めた事は・・
私は究極の方向音痴であるという事。地図好きの父を持つし、うーんなんとなく自分で方向感覚あるって25年間信じ続けてきたけど、あきまへんわ。もうめちゃめちゃ迷いましたもん。地図見るのもしんどくなってきたら、とりあえずそのへんの人に聞くしね・・イタリア人、基本優しいしね、迷い子のハッチには012.gif

a0249451_1026113.jpg


トラステヴェレの話はまた次回たっぷりと・・・♫

ここでやっと今日のタイトルに触れる事ができます。

いやね、家に帰るときにふらふら店に立ち寄ってたんです。それで、「あ、このお店!3年前に何かキッチン用具買ったよな~」って思いながら入店すると・・・

し、親切な、カ、カルロおじさんが客ではなくレジの後ろに立っている!!!!!!!!!!!昨日「俺は元タクシー運転手だったんだ」てゆうてたやん!!まさかまさかの日用品店店主との掛け持ち!!!

私:「Ma noooooo! ええ、まじっすか!」
カ:「Signorina!!(私の名前はすっかり忘れた)Ma hai visto come’ carina lei?(妻を指す) こんなところにお嬢ちゃん!それにしてもうちの奥さん、綺麗だろ?」

べつに、そこで妻の事フォローしやんだっていいやん(苦笑)お世辞にも綺麗とは言えない無愛想な奥さん。え、嫉妬デスカ。

そんなこんなで、3年前にフラッと立ち寄った日用品店の店主とこんなところでつながりました。割引してくれた(笑)
ほいで外見て店の名前見たら、しっかり「Carlo」って書いてありました。(爆笑)

a0249451_10415792.jpg


お・わ・り☆彡

PS:メッセージくださったみなさん、本当にありがとうございました。何度も何度も読んで元気をいただき・・
もうね、今日祝日って最高よ!最近の日課は手帳見ながら祝日の数を数える事・・ほいで、どこの週末で「弾アジア」を決行するか考えてニヤニヤする事。でも何度数えても赤色は増えません><。

HAVE A LOVELY DAY!
by Yoku1210 | 2012-03-20 10:37 | 旅行 | Comments(10)

CONFLICT  ギャ~

a0249451_016294.jpg

(金曜の夜にビールで一週間の終わりを祝う田舎野郎。めっちゃナルシスト)

今日も弾欧は無視です~・・・・まだカルロおじさんの話に続きがあるのに(笑)

社会人になって約2週間・・もう毎日が、毎日が葛藤の連続!

ほいで、どえっっらいしんどいですぅ、仕事。8時間睡眠をできるだけ心がける私の睡眠時間は半分に激減、一日を6割を会社で過ごす日々です。

ものすごくしんどいことは覚悟して飛び込んだ今の会社。だけど、まさかこんなにも拘束されるなんて。「なんで?なんで?もう・・なんでなん?」って自分に問いただせば問いださすほど、くやしくて、でもその怒りの矛先を誰に向けていいかも分からなくて。入社4日目で「もう・・いややこんな生活」ってくじけそうになって。もう・・日本の社会無理やわって大げさに考えてしまう自分がいて。

わさびを醤油で溶いたら、それはするなって注意され、今までガブガブのんできたビールはまずは先輩のグラスが空っぽじゃないかをチェック、そして注いだ後はラベルを先輩のほうへ向けて。
研修がないので、即実践。「お世話になっております」を一日100回ぐらい言っている。1分前に電話がかかってきた人にせ同じセリフ。

23時に会社を出て、「おまえ、飲みにいくよな?」の先輩の一言。「今日は帰らせていただきますぅ~」「おまえ~今方言でかわいく言って逃れようとしただろ?くるだろ?」「あっ、はい!!」

23時15分居酒屋到着。もうグッッダグダやけど、頑張ったあとの先輩とのビールはうまい。そしてラベルを向けまくる(笑)先輩が何でも頼めといってくれるので、私と唯一の同期はもう頼みまくりの食べまくり。皆でざっくばらんな話をして、大笑い。

2時、終電を逃した同期と一緒にうちに帰宅し、バクスイ。自分の事を世界一地震が嫌いな人間ぐらいに思ってきたけど、そんやそこらの地震では全く目が覚めなくなった。

朝6時半、「おはようございます!!」と同期と目覚めて味噌汁とご飯を食べて出発。今日の東京、快晴!こんな日には会社からそれはそれは美しい富士山が見える。

睡眠不足で回るに回らない頭をなんとか動かそうとする。今日はランチの後に眠気覚ましドリンクを飲んだ。そこにコーヒーをぶちこんで、いざ仕事!しかしやっぱり人間には限界がある。「100円の9割って何?」「90円です」「それどうやって計算した?」「100x1・9です」「っっはあああああ??!!!??」「す、すいません!!!」

今日はお客様に電話をかけたつもりが、自分の持っていた電話が鳴ってびっくりした(笑)

朝20分の電車の中で新聞を読む方法を教えてくれた上司。さりげな~く、私の机に社長が書いた本を置いた上司。「あなた、復習してる?」と私を呼び出す上司。「ヤル気のない人には教える気はないから。こっちだって教えたくて教えてるわけじゃないから」って。

本だって読みたいよ、復習だってもちろんしたい、せっかくお金払って購読してる新聞だからしっかり読みたい。だけど昼休みに復習しようと思ったら、「これも仕事だから」とランチにつれられる。もちろん家で作るかぼちゃの煮物の出番なんてない。

ヤル気はある。でも、でも、1日の6割を会社で過ごす私達にそんな時間・・・ありませんよ><。
「なんで?なんで?もう・・なんでなん?新人やからですか?みんなやってるからですか?それが日本では普通やからですか?だから朝から夜遅くまで会社にいるのって当然なことなんですか?」

もうさっぱり理解できなくて。でも抵抗すればしようとするほど自分が苦しくて。全く納得いかなくって。誰にぶつけていいかも分からなくて。

だけど、うれしいことだってある。毎日が発見の連続。

100%で挑めば、120%で教えてくれる先輩方。イタリア語ができることがものすごく心に残って採用を決めたといってくれた先輩は「お前には期待してるからな」と言ってくれる。私達に死ぬほど厳しい先輩はほんまに1000%パワーで仕事に挑んでいる。さりげなくジュースを買ってきてくれる。私たち以上に激務ながら、朝から勉強会を開いてくれる。先輩の熱意や仕事ぶりを見ればみるほど、「なにくそ!絶対やったる!早く仕事覚えて先輩に認められるようになりたい!」と燃える自分もいる。そしてやっぱり思う、努力は人を絶対に裏切らないと。

まじで、まじでぶっこわれそうになりながら残業する私と同期に隣の部署の人が「君たち・・死ぬものぐるいやね」って。ぶっこわれている私は「はい、もう死にそうです」と正直に言ってしまう。「確かに君らの部署は一番しんどい。でもね、先輩たちもね、君たちが憎くてこうやってるんじゃないんだよ。君たちに期待してるからなんだよ。そこを履き違えたらあかんよっ」って和歌山出身の先輩は言ってくれた。
大切なことに気づく。そうか、すべては自分のためなのだと。

一日の中で「もう・・いやや」と思うことが何度もある。そのたびに大学時代の経験が私を何とか奮い立たせてくれる。努力は人を裏切らないと。今の苦しみは、いつか私を輝かせてくれるダイアモンドになるだろうと。

だけど苦しい、分からない、こんなにも長い時間会社にいなきゃいけないことが・・仕事がどうのこうのより、この非常に極端でアンバランスで不健康な生活がつらくてつらくて。

「もう・・なんでなん?」「がんばれ、努力は人を裏切らない」「せやけど私、仕事に命かけてませんけど。生きるために働いてるんですけど」「でもあんたに何千万ものコストをかけて会社は雇ってるんやで」「あっそう。それがこんなにも長時間会社にいさせる正当な理由ですか?」

な~んていう葛藤を常に繰り返す日々です。もう自分に問いただしてばっか。答えが全く見つからない。だからくやしい。

仕事を始めるとき、母が「先のことは考えすぎずに、一日一日を乗り越えていけたらいいなぁと思います」というような事をメールで言ってくれた。

まさに今の私はそれ。一日一日を終えることで精一杯。疲れきって、同期の人と「今日も・・おわりましたね」と。窓からはギンギラに輝く東京タワー。「あ、私東京におるんや」って気づく瞬間。もう、頭がまわってなさすぎて、「東京タワー、きれいだね、キャハハハ」ってテンションが明らかにおかしい。標準語だって出まくりさ。

a0249451_162879.jpg


「ただいま~!!」

「おかえり」と言ってくれる人はいなくても、家に帰るとホッッッットする。

そう、ここはすっかり私のhome sweet home。

明日も・・エイ、エイオーーーー024.gif

あー書いたらちょっとすっきりした。非常に暗い記事なので流してください・・不快な気持ちにさせたらごめんなさいね。AND コメント、次回必ずお返事します!!><
by Yoku1210 | 2012-03-14 01:01 | ちょっと言わせて | Comments(30)

弾欧2012:5章「Rome in red」

a0249451_8195359.jpg


まやさん宅から帰る飛行機の中で読んでいた雑誌にパリの特集がのっていて、そこには色別にパリの町並みを撮影して本を出したライターさんの記事が。

「これおもしろい!!!」ということで、私も真似しました!!今日は「Rome in red」!赤が一番好きな色なのでどうしても目についてしまいます。

まだまだ時差ぼけでして、朝はやっぱり5時に目が覚めました。この日の日記には「ベランダから落ちる夢を見て怖かった」と書いてあります。カルロおじさん・・関与・・して・・ない・・よな?
私、ディズニーランドのスプラッシュマウンテンはめっちゃ好きやけど、とまっている高い建物にいる事は苦手な高所恐怖症です。エッフェル塔にはもう二度とのぼりたくないです。

Rome in red、スタート!

a0249451_8424619.jpg

Caffe' di mattina~~! 「Al mio tenero..Amore mio」「私のぬくもりの中で・・あぁ、私のアモ~レよ。」みたいなことが書いてあります。砂糖10スプーン分ぐらいの甘さ。そして「重さ」^^;(汗)
朝だもん、糖分いりますぅ~!

a0249451_825347.jpg


うううう~!なんてかわいいの・・私のアパートはナヴォーナ広場の近くだったのですが、かわいいお店がい~~っぱい!もうこれだけで「きてよかった」て思いましたもん。

a0249451_827569.jpg


チンクエチェント~!!レッチェで友達がおnewのチンクエチェント買ってました。激カワ。でも乗ったら一緒。車には興味ありましぇん><。「やっぱ・・チャリやんな」。

a0249451_8292449.jpg

(「これ、オレンジやん!!」は言わないでね。)

pizza calda~~!「温かいピザはいかがですか~?」
ていうか、冷たいピザなんて売ってるところあるんですかね~?ローマの名物、切ピザ!おいしいよね~^^

a0249451_8361248.jpg

Ciao ピノピノ~!!!「これ、箱が赤いだけやん」っていうのは知ってます。でもさ、こんな斬新な赤いボックス、日本にはないと思いませんか?そこに入れられるピノピノ・・・

a0249451_8474390.jpg


ローマの下町、Trastevere。このエリア、私も大好きです~~!3回ぐらい行ったかなぁ。

a0249451_8463355.jpg

シニョーラの赤いコート♪似合ってますなぁ。ヨーロッパの人ってさ、原色好きですよね。こういうのサラッと着ちゃう。やっぱり背が高い~とか~髪の色~とか肌の色~とかいろいろ似合う要素を持っているからでしょうか?

a0249451_8553161.jpg


もう・・・人の物欲を沸かせやがって・・・・・・・・・ディスプレイの仕方も何かが違う。なんでしょうね?

そしてそのまま歩いていくと・・・・・・かわいい店発見。

物欲はじけた。

a0249451_8574266.jpg


買っちゃいました~~~~~~!チェックのノースリブシャツとピンクのワンピース012.gif最近またピンクの服が好きになってきた新社会人25才><。

しかもね、こんなカワイイピンクのリボンで結んでくれるんですよ!!

あのうですね、1月末のこの時期、セールがさらにセールされておりまして、めっちゃお買い得!残り物しか残っていないように思えて、まっだまだかわいいものがたくさんありました。時期的には寒い~とかシーズンオフ~というイメージですが、買い物には最高。人も少ないしね。

やっぱりそこまで有名じゃないデザイナーのブランドとか、日本にショップがないので、かなりレア感があって・・デザインもどこか日本と違う。

そんなこんなで・・かなり中途半端なRome in red調査隊、終了です。

もっと赤い写真撮ったつもりやったのに・・へぼい写真が多くてかなりの量を削除したんですよね。しかもこのRome in red,相当フレキシブルです。おばさんが赤いコート着てるだけで、写真採用されますからね。

あとRome in yellowもできそうな予感がするので、頑張ってみます。ピノキオの写真、入れよかな・・・023.gifせこっ。

さ、明日からはじめてのフル月ー金仕事~!がんばってこー!きゃーこわいー!(今朝もすでに緊張してお腹が痛かった)皆さんもよい一週間をお過ごしください♪
by Yoku1210 | 2012-03-11 00:02 | 旅行 | Comments(14)

a0249451_8365917.jpg


Si riparte.....再会を約束して、Mayaさんとバイバイ。

Mayaさん、本当にありがとうございました~!悲劇は別にして、めっちゃ楽しかったです。次はジャポーネで053.gif

a0249451_841571.jpg


ゴトンゴト~ン・・・・空港へ向かいます。

a0249451_8413183.jpg


Rom!!!!ドイツ語でローマはRomなんですね??ロムロム~ロムへ帰るぞ~~

と、ここでおもしろいハプニングが。

荷物チェックのところでね、魔女みたいなお化粧して毛皮のふわっふわのコートを着たイタリア人のおばさんね、セキュリティを通ったらひっかかって止められたんです。それで職員の人に「服のポケットに何か入ってませんか?」って聞かれてるのにね、ドイツ語も英語もわからないみたいで、めっちゃパニックって、しまには上の服をめくりあげ・・・

下着を見せて「私はこんな感じです!!何も怪しいものではありません!!」をアピール!!!!

下着っていうか、あの、ババシャツとブラジャーが一体化したやつです!!名前がわからないけど!!

しかも職員は男性、ドイツ人、とくれば「おいおい~ちゃうってば~おばさんっ!」と冗談交じりに返すことはできず、めっちゃめちゃ冷静に対応しておりました。でもね、その職員の人もおもしろかったのか、魔女毛皮おばさんが去った後、「ちょっと聞いてよ、あのおばさんな、勘違いして俺に下着見せてきたで・・」ってほかの職員にこそこそ話してました。012.gif

めちゃめちゃ魔女風に化粧して、ふわっふわっの毛皮コート着て、いかにも金持ち~をアピールしていたこのおばさん。

せやけどさ、せやけどさ、脱いだら皆一緒やん!!!が今回のハプニングのまとめ。

とにかくおもしろくておもしろくて、そのあと一人で噴出して大笑いしましたよ。今思い出しても笑える・・・

------------------ロムへ帰る(行きと同じ客が多くてはずかしい)----------

a0249451_8495584.jpg


ただいま~~っ♪

はい、ここからが昨日に続いて悲劇の始まり・・・・・・・・

私のアパートはね、7階建てぐらいで私の部屋は5階にあったのかな。せやけど、どこに部屋があったか忘れてしまった私は一階下の部屋の鍵を開けようとしてしまい・・「え、なんで開かへんの・・」って思いながらおもっきしまわすまわす。

---------------------------------汗だく-----------------------

開かへん・・あ、もしかしたらトルコ人の男の子がおるかも!と思いピンポーン。中からは女性が「Chi e'? どなた様?」

私「あ、すいません、間違えました!!あの、シニョーラリータさん(大家さん)のお部屋ってどこかご存知ですか?」

彼女「は?は?」(誰こいつ、ほんま怪しい!!)

私「えっと、私、日本人のYokoといいます。リータさんからお部屋を借りてまして・・」(めっちゃ片言)

彼女「????は?」

-------------------ドアを開けてくれません...汗だく----------

やばい、私めっちゃ怪しい人やと思われた・・とかなり動揺してしまい、そのままとりあえず上へ・・すると・・あった!!あった!私の部屋!!と興奮気味にドアを開け・・無事入れました。

トルコ人の男の子が中にいたので、一連の流れを話し、何とか動揺をおさえようと・・

a0249451_8594335.jpg


でも、ほんまのハプニングはこれから。

あ~よかった~~と一息つきながらフッと鍵を見ると・・

え、、、、、、、鍵の上半分が・・・ない、ない、ない・・・折れてしまってる・・・

急いで玄関のドアを見ると・・鍵穴の中に・・stuckしてる・・確かにね、私下の階の間違ったドアを開けようとしたときにかなり強くまわして鍵が少し曲がってしまったんです・・そしてそのままポキッ・・といったようです。気づかなかった私って本当・・ドジ><何が一歩一歩着実にやねん。

----------------------------汗だく-----------------------

急いでトルコ人に話し、大家さんに電話。大家さんはびっくりすることもなく、「あー了解。今日は日曜日だから何もできないけど、明日の朝いくね。」と。

明日から学校が始まるけれど、鍵が優先・・ということで学校に事情を話して休ませてもらおうということに。そして夜はお出かけしますというトルコ人の彼が外出するまえに、ちょっと腹ごしらえをさせてください!(彼がいれば家に入れてもらえるから)ということで急いでお出かけ。

a0249451_955234.jpg

(うちの前の通り。Corso Vittorio Emanueleです)

どうして私はこうもドジなのか・・考えれば考えるほど落ち込んで・・今晩はテヴェレ川沿いを散歩しようとおもっていたのに・・監禁状態か・・と考えれば考えるほど落ち込んで・・・そして初日から学校に行けなくなる事がものすごく嫌で・・でも自分のせいやしね。

学校にメールして、ワインを一杯飲んで、帰宅。でもね、「いやいやいや、こんなことイタリア留学時代には数え切れないほどあったし、たいしたこっちゃない。明日になったらなおるし!」とポジティブに考えたら結構元気になりました。閉じ込められたから、閉じ込められたなりにできることをやろうと、洗濯したり掃除したり・・

す、すると・・・・

-----------------------------ピーンポーン---------------------

私「chi e'? どなた様ですか?」

応答なし。せやけど、鍵をがちゃがちゃして開けようとするんです、この人・・だれやねん!と思いながらあけました。(ちなみにうちのアパートは下にも2つ鍵があって、そこを通らないと入れません)

そこには・・大家さんのお父さん、カルロさんが!!!もちろん初めてお会いします。

カルロさん:「娘から、聞いたよ、鍵のこと。直しに来たんだ~」

私:「ええええええ!ありがとうございます。助かります(涙)」

カルロおじさん=エンジェル032.gif

そして持ってきてくれたワイヤーや針を使って、中に入り込んでしまった鍵をとろうと試み・・・

すると、カルロおじさん、私の顔をじーーっと見て、

カ:「君、かっわいいなぁ。男おるんか?」

私:「あ、い、いません」

言っときますけど、カルロおじさんはたぶん75歳ぐらいです。(笑)言っときますけど、イタリアではこんなことは日常茶飯事。イタリアでは外国人の女性はイタリア人の男性の標的になります。

ちょっとまってよ・・私こういうの・・ほんまどう交わしていいかわからんし、第一・・気持ち悪いんやけど・・しかもトルコ人の男の子、すでに外出してるし!!!

カ:「Come sono i ragazzi italiani?イタリアの男の子?どう思う?」

私:「Secondo me, sono dolci ma pericolosi!あ、す、素敵やと思いますぅ!でも危ないですよね037.gifCome sono i ragazzi romani?ローマの男の子ってどうです?」

カ:「Beh ci sono delle ragazze belle..う~ん、まぁ、ローマにもかわいい女の子はいるけど・・」

私:「Ma a me non interessano le ragazze!!いやいや、私は女の子に興味ないんで!男の子の事聞いてるんです!!」

カ:「A me si!!! いや、でも僕は興味あるから!!!」

とかみ合ってるようでかみ合ってない会話して2人で爆笑。

私:「Ma non e' che e' gelosa sua moglie se guarda le ragazze in giro?でも道で女の子見てたりしたら、奥さん嫉妬しません?」

カ:「Mah! Guardare le ragazze belle mi fa SEMPRE piacere!っまぁ~素敵な女性を見ることはいつだって喜ばしいことに決まってるじゃないか!!!」とかなり強めに断言されました。せ、せやんな012.gif012.gif012.gif

私:「Ha punto! でーすーよーねー」

---------------------------一時間以上経過----------------------------
a0249451_930195.jpg


頑固な鍵の野郎はなかなか外に出てきてくれません。しかもカルロおじさんはめちゃめちゃしゃべるもんで、作業がなかなかすすまへん・・

カ:「もうご飯食べた?」

私:「はい!(うそ)」

カ:「そうか~、もし、君が暇だったら夜は僕がお付き合いするよ。も、もちろん、そんなバイオレンスな事はしないさ!ただ一緒に時間をすごすだけ!!」

私:「あっはははははは、ありがとうございます」NOOOO GRAZIE! NOOOOO THANKS!

ロム2日目にして、75歳のおじさんにバイオレンスなことされるなんて・・勘弁勘弁。

そんなこんなで、カルロおじさんは、もうちょっと鍵を開けるための道具をもってくるからといったん帰って行き、30分ほどたって戻ってきました。同時にトルコの男の子も帰宅。あーよかった、頼むから私とカルロおじさんを2人きりにせんといて・・・><

かぎ開け作戦開始してから3時間は経っていたでしょうか、無事にかぎが取り出せました。(嬉)取り出せた瞬間、なぜかほっぺにキス。私、爆笑。鍵が開いてほっぺにキスされたことは・・未だかつてありません。

でもね、カルロおじさんには本当に感謝です。汗だくになりながら、あれやこれやと使って鍵を取り出そうとしてくれ、「明日、君が学校を休んでほしくないからさ、がんばるよ!」とがむしゃらに鍵開け作戦に励んでくれました。

本当にありがとうございました!!と握手してお別れ。

a0249451_9383486.jpg

(テーブルの真ん中に梅干の瓶ではなく、パスタの箱が・・イタリアに来た証!いいぞいいぞ~!)

あーーこれで学校に行ける!よかったぁ!!!

イタリア人って、なんでも自分たちで直そうとするし、そういうハングリー精神が日本人以上にあるなぁと感心させられます。そして、絶対うまくまるめるのです!(せこい時もあるけど)そして起こってしまったことに対して「仕方ない」という気持ちを持って受け止められるところ。イタリアで日本と同じ感覚で生活していると、本当に腹立たしいことばっかりなので「今日は日曜やもん、仕方ない」「ここはイタリアやもん、仕方ない」と割り切りの気持ちを持って生活することはイタリアでは非常ーーに大切なことだと思います。

a0249451_9424364.jpg


(今日成り立った方程式)


女性=下着(時にババシャツとブラジャーがつながる)化粧・毛皮


エンジェル≦カルロおじさん=イタリア人男性


これ・・成り立ってる?

明日から学校が始まります!

PS:あ、今日はひな祭りか・・・^^ちらしずしもどき・・作ろうかなぁ~!今日の東京、晴天!
by Yoku1210 | 2012-03-03 09:47 | 日常 | Comments(10)