人気ブログランキング |

a0249451_20375175.jpg


桜が散ってい・・・った・・・

うちの近所も満開の桜が咲き、かなり心がギュウッとなりました。うづぐじい・・・・008.gif

皆さん、お花見されましたか?酔っ払いましたか?一発芸とかしましたか?

私は花見らしい花見は一回もせず・・・^^;まぁでも近所の桜見て、写真とるだけでもかなり癒されました・・・

a0249451_2044483.jpg


私が「おお!!」と興奮気味に写真をとっていると、ママチャリに乗ったカナダ人のおじさんも止まって世間話。
「この赤と緑のコントラストがやばいよな!!」と盛り上がりました。(笑)そしておじさんのおすすめ写真スポットにも連れて行ってくれました。

a0249451_20515732.jpg


最近ね、いろ~~んな人に言われるのです。「自分の人生やからやりたい事しやな」って。一回きりの人生。

I totally agree with that。自分の人生は、自分にしか進む方向は決められないし、よくもわるくもすべては自分次第。苦しい事に直面した時、それを受け止めるのは自分しかいないわけで、そこが無性に苦しい。逆に言えば、その分「幸」だって「喜」だって自分の手でしかつかめない。いや、むしろ自分の手だからこそつかめるって。

今日ね、六本木で友達を待つ間スタバに行ったんです。満員でウロウロしていると外国人のおじさんが「ここよかったらどうぞ」と。感じのいい人だったので、相席をさせてもらいました。「雨っすね~・・」から会話がスタート。二年近く日本にいるドイツ人のおじさんに、今最大の関心でもある「仕事環境」についていろいろ聞きました。ここ最近、間違いなく「男性」よりも「仕事環境・働くとは?」に興味のある暴れん坊田舎野郎です。もう四六時中考えてます。嫌でも考えてしまう。それで、溢れんばかりの怒りを抑えきれず、毎朝髪の毛を整えながら「ふざけんなよ!!」と鏡にぶつけてます。まず日本語でぼろくろ言って、次は同じことを英語で、そして最後にイタリア語でかまします。イタリア語で言う時なんか、もう怒りがピークでついつい手までついてしまう・・・けっこうすっきりするんですよね、これ。

「今の自分に納得いってないんだよね・・一歩踏み出したい気持ちもあるし、だけどこわいしなぁ。まだ仕事も始めたばかりやし・・だけどな・・私・・いやんです、今の状況!もうどうしようもないぐらい嫌なんです。何か自分から動かないとって思ってるんです、めっちゃ。」と正直な気持ちを言うと、おじさんにも言われました。「だ~れもあんたの人生の行先を決められないから。君の人生やで、君の。これからやってくる苦しみや問題だって”チェレンジ”だと思ってね、チャレンジ。チェレンジし続ければ、きっと何かは起こるから。あなたの夢をどうか叶えてください」と言われました。

あーーー似たことを大学時代も言われたよなぁ・・就職活動中にも言われたよな・・・・言われたなぁ、うん、言われた。むしろ、似たことをブログに何度も書いたよなぁ・・

a0249451_2116591.jpg


大好きなお父さんとお母さんだって、私の人生を代わりには歩いてくれません。もちろん、私が苦しんでいるといつも寄り添ってくれるし、喜びは自分のことのように喜んでくれる存在で、いつも全力で応援してくれて、大切な大切な存在なのだけど。いっつも元気と癒しを与えてくれるたくさんの友人の存在。家族と友人なしの人生なんて考えられないのだけど。私の人生を代わりには歩いてくれません。

同じことを会社にいても思います。自分を守れるのはほんまに自分だけ。

「そう、私の人生なのだから」。

わ・た・しの人生。
by Yoku1210 | 2012-04-25 21:27 | 旅行 | Comments(8)

a0249451_22183169.jpg


私の通った学校・・in ローマ012.gif

はっきり言って、「いまいち」の学校でしたが、私は自分のクラスの先生、クリスティーナ事が大好きでした。
アメリカ人のお父さんと、フィレンツェ人のお母さんを持ちながらローマに生まれ、アメリカ人と結婚して30年近くカリフォルニアで暮らしたクリスティーナ。

とっても異文化にオープンで、自分の考えや思いをおしつけず、相手の話をしっかり聞きながらも自分の意見もしっかり言う人でした。私はクリスティーナと話すことがとっても好きで、朝まだだれも来ていない時に彼女と身の上話をする事が毎朝の楽しみでした。

語学学校ってね、本当にいろーーんな人がいて、1人1人のモチベーションも全く違うんですよね。遊び半分できた人、本気でやるつもりできた人、さまざまです。じゃあ学校側はどこまで生徒をしばりつけるか?というのは学校によって違うのですが、私の経験では、割と甘いところが多い。その結果、グダグダになってしまうケースも少なくないと思います。

2週間しか通いませんでしたが、やはり皆遅刻は当たり前だし、毎日来ない子ばかりでした。ローマでの暮らしも皆さまざまで、仕事を見つけるために今は学生ビザで滞在している=学校に通わざるおえないような状況にいる人もいれば、バカンツァできている子もいるし・・。

こんな言い方をするとあれですが、私は今回は授業料は免除だったのであまり深くは考えていませんでした。でも、やっぱり遅れて行くのも嫌だったし、学べるとこは学びたかった。特にクリスティーナと話すことが好きだったので、逆に皆がいないならクリスティーナを独り占めしてたくさん話したいと思っていました。

う~ん難しい。だけど、本気でやる気でわざわざこの学校を選んで、お金を払ってる人にとっては少し納得いかないところもあるんじゃないかなぁと思ったのが本音です。遅刻した人のために、一回やったところをまたリピートするなんて・・たまったもんじゃないですよね?
まあそういう私も、今まで遅刻した経験なんて数えきれないぐらいあるのでえらっそうな事は言えません・・・。

a0249451_22303436.jpg


ローマでどうしても行きたかったところ!いや、むしろ行かずにはいられなかったところ!それは「Davideが教えてくれたピザ屋」です。めっちゃ意味不明。

ちょうど2年前のお話。その時、ロンドンの大学のイタリア語コースでDavideというローマ出身の先生がいました。べつにそこまでかっこよくはなかったのですが(失礼)、なぜか彼に惹かれた私。密かに「He is so attractive..この人、めっちゃ魅力的やん」なんて思っていました。

そしてローマに彼女がいた彼なのに、「ちょっときいてよ!昨日さ、SU(大学内のナイトクラブのようなところ)でダビデがいたのよ!しかも女の子と超エロティックなダンスしてたのよ!!」とクラスメイトから聞いたときは、そりゃあ大騒ぎ!
ダ、ダビデ、そうきたか!!!みたいな。笑 生徒というのは、先生の噂をするのが大好き。うちらも「あのダビデが!!」みたいな感じで大騒ぎ。

と、そういうどうでもいい話はおいておき、2年前にローマで日本人の友達と旅行する事になった私は、ダビデにローマのおいしい店を教えてくれちょんまげ!とお願いしました。

そして行った、Trastevereにあるピッツェリーア。 そこのピザの美味しかった事!!Davideはエロダンスを踊るだけでなく、おいしいピッツェリーアを知っている先生でした012.gif
そこにどうしても行きたい!Davideに浸りたい!という思いで、ロシア人ヤーナを誘ってlet's go!

a0249451_2238463.jpg


クロエのバックさげながら、ゴミでいっぱいのチャリに大喜びのヤーナ。彼女、やっぱりただ者じゃないわ!^^

なんだろう、一緒にいるだけで、元気になれる人。そういう人っていますよね~!すっごくポジティブで、やる気に満ち溢れてて、すっごくバブリーな人。

そんなヤーナを誘ったはいいものの、方向音痴爆発。めっちゃ迷って、1時間半近く歩かせました・・

そして・・「あっ、あった!!!え、ちょっとまってよ!!!」

↓↓↓

a0249451_224344100.jpg


え、はぁ?!み、店がない?!どういう事?!あんなにおいしかった店やのに?Davideのおすすめやったのに?!

あ、店間違えたって1分後ぐらいに気づきました。苦笑 もう・・・方向音痴具合がやばい><。

そのまま歩くこと数分・・・・

YES, l'abbiamo trovata finalmente!!ありますぃたーーーー!

a0249451_22501474.jpg


Pizzeria ai marmi。 i marmi=大理石です。そのとおり、テーブルはすべて大理石~!そんなことに気づいて喜ぶ語学学生2人。

ううん、こういう発見が語学勉強には必要で、モチベーションをぐんとあげてくれるんじゃないかな。2年前に来た時は気づきもしなかった事。ていうか、ピザとDavideの事で頭がいっぱいで・・まぁそれは今回も変わらなかったのだけどねっ。

そして白ワインで乾杯~~~~~!

a0249451_22533860.jpg


Olive ascolane!!! 初トライ!

これね、知人のおすすめだったのです。イタリア通の知人にマルケの料理(つまみ)でもあるolive ascolaneは間違いなく私の好みだと聞いていたのです。そして偶然にも発見。し・か・も、偶然にもマルケ州に留学経験のあるヤーナも「超おいしいよ!」とすすめるので、テンションあげあげで注文!

これね、でっかいオリーブの穴の部分にミンチが詰まっていて、それを揚げてあるのです。

彼ら・・・・激ウマ!!!!!酒が・・・もう・・完全に・・すすむくん状態!!Davide バンザイ状態!!

もう一度言わせてください。彼ら、最高でした。あのね、酒好きにはたまらない一品です。酒好きのためにあるような一品です。思い出すだけでも・・幸せ・・・・ ックゥゥ~!!(白ワイン、おかわりっ!)

ちなみにこれは、ローマでは前菜としてよく出てくるそうです。

a0249451_2322878.jpg
メインのピザちゃん!!ルッコラと生ハム~~~!

うまい~~~~~!もう、どこのピザよりもうまい。ナポリのピザよりもうまい。(個人的な意見)ヤーナも生きてきた中で一番うまい~と大喜び!2人と顔がにやけまくりでしたよ・・・・もう、ここですごした時間はローマの思い出TOP3に入るのではないでしょうか。


店もね、とっても古風で非常にスタイリッシュではないのです。店員も全員男性。だけど、やはり有名なのか、開店と共にどんどん増えるお客さん。

仕事帰りにふら~っとこんな店寄れたら・・・いいよなぁ。
ピンキリではありますが、外食はイタリアの方が安いです。てか、こんなおいしいピザを1000円で食べておつりが帰ってくるなんて・・・!もう・・もう・・!!憎いわっ。

a0249451_2381088.jpg
デザートもいっちゃうよ、イェイイェイ!私は、何やらっていうデザートを頼みました。なんやっけな、名前・・パイ生地のようなものとカスタードクリームがたっぷりのったデザート!隣の夫婦、「あ、この子食べとるのおいしそうやな」ってフトゥーに口に出して、そのままオーダーしてました012.gifうまいっっっ!

密かに「ここの店きたら、Davideはどこに座るんやろ・・・」って考えてた自分が本当気持ち悪い><。
私、人のことを「あの人ほんまにマニアックでさぁ~」とか言うけれど、間違いなく私もマニアック・・・・

しかも、2年前にDavideにおいしい店教えて~ってメールで頼んだ時、いろいろ教えてくれて、彼も冬休みでローマに帰ることを知っていたので「よかったら一緒に行きませんか?」って誘えばいいものを、そんな「大胆な事」、私にできるはずがなく、最後に言った言葉。「I really hope to bump into you in Rome!ローマで偶然会えることを願っています」 気持ち悪い・・自分・・イタリアの首都で、偶然会う?は?何言ってんの自分?まぁそれが私なりの精一杯のアピールでして、そんな気持ち悪いアピールが相手に届くはずもなく、返事は・・こなかったよね。でもいいの、ピザがめっちゃうまかったから012.gif


さ、お散歩して帰りまひょっ!

a0249451_23193252.jpg


ヤーナとふらっと入ったTrastevere教会。ちょうどミサが行われていました。

Trastevereという地域色もあるからでしょうか、ミサに来ていた半数以上の人がアフリカからの人でした。

皆それぞれどんな事を祈っているんだろう・・・とそればかり考えていました。ピザ帰りの女2名、ピザ帰りではありましたが、偶然居合わせれたことに感謝。2人して何だかしみじみしてしまい、「楽しい一日だったね」と締めくくり。

はぁ・・・・・・うっとり&また行きたいな・・・のため息。今の心境に沿った、ピザにまつわる記事。もれなくDavideがついてきました。笑

a0249451_23331362.jpg


今回、仕事の事で悩む私にメッセージやメールをくださったみなさん、本当にありがとうございます。皆さん一人一人の考えやアドバイスを聞かせていただいて、たくさんの事を勉強させていただきました。しかしながら、今の自分の思いや考えは全く整理整頓されていなく、だからこそ悩んでばかりで、個人的にお返事をさせていただくほど自分の思いをしっかり書ける自信がありません。今よりもう少し落ち着いたら、必ずお返事させていただきますので、もう少しお待ちいただけますでしょうか>< 本当に感謝の気持ちでいっぱいです。面識もないこんなブロガーに親身になってくださる皆さんからのお言葉にどれだけ励まされている事か・・

本当にちょうど一年前、大学の最終テストを控えた私のストレス度は2000%を超えていました。もう・・あの時も本当に「もうだめかも」とか「これ・・うまくいかんだら私の人生終わり」って思ってました。先月もつらかったけれど、1年前のあの頃のつらさも・・はんぱじゃなかったです。あの時は、「早く解放されたい」とばっかり思って、卒業すれば解放されるって思っていました。

が、人生そんな甘くはないのよね。それから就職活動に苦しみ、入社した今も悩みがつきません。そしてやっぱり「うわ・・この世の終わり・・」と苦しむ自分。
母に「先のことばかり考えすぎやって。今よ、今」と言われました。そうなんです、先のことばかり考えているからなんです。「がんばれ」とか「辞めたらあかんよ」とか、そんな言葉を一切私にかけることなく、私の思いをいつもそのまま受け止めてくれるmy mother。会社のプレゼンテーションに手がつかなくて、前日の日曜の夜になってズドーーンと落ちていく私に「先の事考えるからやって。今よ今」って。確かにね、その時は「一時間後に、もし自分がプレゼンに手をつけてなかったらどうしよう・・」って考えて疲れて。母に「そう、そこよ。一時間先のことなんて考えてもしゃあないやん。今よ今、ようちゃん!!」。

自分の悪いくせ・・なんですよね。一週間後にあぁなってただどうしようとか、あれがもしうまくいってもあれがうまくいかなかったら・・とかそんなことばっかり考えて。これがもう・・疲れるったらありゃしない。そしてその考えや思い通りに物事が動いた試しが一度もないのです!一度もないのです!「今よ、今!」。今を大事に生きる。いや、今を大事に生きるというとまた話がえらくかっこよくなってしまうので、「今よ今!」だけを大切に。イタリアに居た頃もこんな事をいつも考えていたな。瞬間瞬間を思いっきり楽しむイタリア人に私はいつも元気をもらっていたよな。

今、ブログを書いている自分がいる、今、風呂に入ろうか迷っている自分がいる(汚い)、今、「あぁ~今日は久々にイタリア語が話せて嬉しかったなぁ」と思っている自分がいる。今よ今。今日は楽しかった。それでいいじゃないか、今よ今!今までもそれなりにどうにか乗り越えてきたじゃないか。今よ、今!母の言葉、言いきかせて行こうと思います。

Buona domenica~~~~~!
by Yoku1210 | 2012-04-14 23:58 | 旅行 | Comments(13)

ブログというのは、本当ーに自由自在で、だからこそ本当に自己満足。

よく思うのですが、私の場合、まったく関係のない記事を書いていても、やっぱりその時の自分の「ヒット!」的な出来事や、「ふざけんなよ!」的な思いを書いてしまいます。
例えば、旅した記事を書いていても、やっぱりその時の、ちょうどブログを書いているその時の心の状態は必ずブログに反映されている気がします。

今、こうしてイタリアの事を書いているけれど、きっと今の東京の生活が楽しくって楽しくってしょうがなかったら、きっと「懐かしい思い出」として記事を書けている気がします。
逆に、今の生活が嫌で嫌で、つらくてしょうがなかったら、「あぁ、、戻りたいな・・」という思いで記事を書いているんだろうなって。きっと前回の記事を書いた時の自分は、相当寂しいモードin Tokyoでした。

じゃあ今の自分は、どんな思いで記事を書いているのか?という事。いや、どうっでもいいんですけどね。
どっちの気持ちも混ざっている感じです。
やはり、私にとって、「イタリアに関わってきた自分」もしくわ「イタリアと関わる機会を頂いた自分」というのは、本当に大きな大きな、人生のきっかけ・・というと大げさですが、私の人生をまるっきり変えてくれました。

東京で会社員として生活し始めて、もう、もう、こんなに狂いそうになったのは久々でした。危うく辞めそうになりましたから(苦笑)
そんな時、「イタリアはこうじゃないのに」とか、「ヨーロッパではこんな事ありえない」って考えてしまう自分がいて。毎日毎日そんな事を思っていました。

a0249451_10315746.jpg


イタリアにいれば、「ma io non lo capisco」、イギリスにいれば「but I don't understand that」って、「私には理解できません」ってはっきり言えるんじゃないか、どうしてここにいる自分は言えないんだろう、もう・・なんでなんさ・・とストレスは溜まる一方。ルール違反している者に対して、どうして「あなたはおかしい」と言えないんだろうか・・・。

自分ってこんなにも変わったんだと思い知らされた一ヶ月でした。めちゃめちゃ個人主義になってしまいました。そしてこういうタイプは、間違いなく日本では嫌われる。一概には言えなくとも、嫌われる傾向にあることは間違いないでしょう・・・だって「空気の読めない人間」だと思われるから。えらっそうな奴と思われるから。

a0249451_10383538.jpg


合わせる姿勢ももちろん大事、だけど私の中で「どうしても納得いかない事にペコペコするのだけはほんまごめんやわ。言わせてもらうよ、io non lo capisco!私は理解できません」という考えが相当深く根付いてしまっているようです。それをサポートする理由がしっかりあればいいのでは?と。

a0249451_10455374.jpg


空気を読んで行動するのはもちろん大事だけれど、そんなことばかりしていては、自分を押し殺す事になる、これが私の結論でした。むしろ、「空気を読め」の意味の解釈が人によってちがいますよね。
お客さんがいる飲み会で、したっぱが終電で失礼しますという事は、それは「空気が読めてない」事になるのでしょうか?そして私は思う、「scusatemi tanto..ma devo andarmene che l'utimo treno parte tra poco...」「I'm so sorry, but I've got to go now..my last train will be leaving soon..」「すいません、終電が迫っているのでお先に失礼します」と言えばいいだけじゃんって。でも、それを言いづらい雰囲気を作るからこそ、言ってしまったら「お前空気読めてない」ってなるんでしょうね。

a0249451_10561038.jpg


正解も不正解もない、自分の価値観が正しいなんて思いません。皆違うから。そして、海外で働いたことのない私には、本当の意味で比較する事はできない・・
だけどな、なんだろう、もう少し自分の思いをストレートにぶつけあえる欧的環境だったらな・・・と個人的には思います。皆が皆、空気を読みすぎて行動して、そこに出来上がるものって「偽」やん・・・と思うこともしばしばです。

いや、むしろ最終的にぶつけました。もう、半分無意識に。耐えられなかった。自分に否がない事は確かだったから言いました。「Non ce la faccio piu'...」「I can't stand this anymore」「もう耐えられません」って。
そして今、私の仕事環境は大きく変わりました。会社にはまだ在籍中です。(笑)

3月は「もう今日は・・休もうかな」と毎朝思っていました。もうほんまに・・無理やわって。本当にいつ発狂するかわからなかったから。

大学時代は、勉強が辛くて辛くて、辛くて辛くてどうしようもありませんでした。だけどあの時の苦しみは完全に「自分との戦い」でした。それはそれでとっても苦しかった。だけど、最後には苦しみ以上に学ぶ喜びを得た自分。
今はちがいます。自分を取り巻く環境があってこそ、存在する仕事。だからこそ、合わせなきゃいけない事もたくさんあるし、自分ではどうにもならない事もある。だけど、同時に自分の思いを伝える事もすっごく大事なのではないでしょうか。それで物事が変わる変わらないは別として。というか、言わないとパンクする事が分かった。そして言ってしまえば「もっと早く言って欲しかった」と言われたりする。

「(変わりすぎた環境に)ありえないね・・!!」と同期と話しながら、六本木のシネマでマーガレットサッチャーを見て過ごした金曜の夜。「来週もがんばるぞ」と思える今の自分。桜にうっとりし始めた世の中を「あぁ、桜よ!」と素直に喜べる自分。3月と比べて、表情が全く違う自分。

サッチャーの映画を見終わって、「人生って本当大変だね~・・・」って。映画の中でね、「感じて行動する事も大事だけれど、考えることもすごく大事だよ」みたいなメッセージがありました。今の私には「空気ばっか読むな!考えて行動しろ!」にうつりました。ちょっと違うかな。笑
まぁいいや、どっちにしても桜にうっとり~の春in Giapponeです。今日はひっさびさにカメラを持って外に出よう。(嬉x1000)

今週末はワイン三昧じゃーーー!012.gif

PS ペーペーの社会人のつぶやきです。一年後には「あの時の私・・あほやったなぁ」って思っているかも。でも今は今、今考える自分の思いが今の自分なんだと思います。
by Yoku1210 | 2012-04-07 11:25 | 日常 | Comments(16)