人気ブログランキング |

a0249451_1274466.jpg


ただいま~012.gif2泊3日の南遠征から戻りました。大大充実!最高に楽しい3日間でした。

9月から学校が始まって、立ち止まりながらも駆け抜けた2ヶ月。本当に頭がパンパンすぎて、びっくりするような速さで過ぎていった2ヶ月。

今回の遠征もかなりタイとスケジュールではありましたが、すこし勉強から離れて、自分を取り巻く環境や人、建物、そして景色をじっくりと見つめ、こういう時間を欲していたんだなぁとヒシヒシと感じさせられました。それと同時に、またクリスマスまでの2ヶ月、気持ちを新たにして頑張ろうと思います。

ただ、一泊1500円のホステルに泊まったら、あんまり寝れやんくって、そのまま駆け抜けた結果、すっごい疲れて今日は一日グータラzz あかん、間違いなく年取ってる・・リカバリーが遅いぞ・・

a0249451_1524730.jpg


久々に「うそくさい地図」の登場012.gif

今回は、ハーグ→ロッテルダム→ハウダ→アムステルダムという工程でまわりました。地図からご覧頂けますように、Groningenはとっても離れてるんですなぁ。とってもといっても、アムスまで2時間半。ですので、今回まわった4都市はお互いにとっても近いので、移動距離はしれてます。

ハーグやロッテルダムは、アムステルダムに続く大都市ですが、それぞれ別の顔を持っていて非常に興味深かった!ハウダは、あの「ゴーダチーズ」で有名なゴーダです。日本語ではゴーダと訳されているのかな?チーズがおいしかったのはもちろんの事、この街は第二次世界大戦でもそこまで爆撃を受けなかった街なので、歴史的建造物がたくさん残っていました。特に、聖ヤンス教会のステンドグラスは、今でも思い出すとウットリするぐらいに素晴らしかったです。アムステルダムでは、3年前にブログでつながって以来、交流させてもらいまくりのMayaさんご一行と合流させてもらい皆で街観光!明るい皆さんにパワーをたくさん頂き、さよならした後はちょっとシュンとしてしまいました。(やっぱり湿っぽい、私って)

オランダという国の事をまた少し学べたなっていう実感があって、本当に有意義な3日間でした。ホステルも相当パンチきいてて、記事を書くのが楽しみです012.gif

a0249451_261677.jpg


ハウダとアムスで物欲爆発。(爆)チーズも買っちゃったぜ012.gif

バタバタしてますが、明日から2泊3日でブリュッセルに社会見学?に行って来ます。17人で大移動。こういうのはじめてなので、少し心配。でも交通費もホテル代も大学側が出してくれるので、まぁいいか012.gif

何がおもしろかったって、夜に皆で食事に行くためにレストランを予約しようってドイツ人の女の子が提案したらね、イギリス人のコーディーネーターが興奮気味に、「あかんあかん、そんなことしても、オランダ人はお会計を割り勘するのを嫌がるからだめ!!」と泣きそうになりながら訴えたそう。(笑)

あかん、めっちゃ面白い・・要するに、イギリス人のコーディネーターいわく、オランダ人は自分の食べたものの値段だけ払いたがる、それではレストランに迷惑がかかるのでやめようと。それが本当かは定かではありませんが、そんなどうでもいい事にそこまで興奮しやんでも・・・とドイツ人の女の子はヘトヘトになっていました。なんせ、コーディネーターの興奮具合がすごかったそうです。(苦笑)

それでは詳しい遠征記事はブリュから帰ってきた後に・・・♪

また一週間頑張りましょう!
by Yoku1210 | 2013-10-29 02:14 | オランダ | Comments(6)

a0249451_135792.jpg

よくオランダに関する本とかに「オランダ人はケチである」とか書いてありますよね。

これは本当なのか・・・?!

2ヶ月半暮らしてみて感じること・・・日本人の感覚からいけば、間違いなくYESですね・・。でもこれは外部の人間が思うことであって、スーパーでハムとチーズとパン買って学校に行くことは普通ですし、スーパーで買い物したあと、おもっっっきりレシートを眺めて10円すら損してないかチェックすることだって普通。

よく言えば倹約家、いやらしく言えばケチ・・ですな。

a0249451_0395681.jpg


まずね、食べることに関しては本当に本当に質素。これはオランダだけじゃなく、北ヨーロッパの文化なんでしょうなぁ。イギリスの方がおいしいものあるんちゃう?とさえ思ってしまう、この恐ろしい感覚。(笑)

何がってさ・・・・サンドウィッチたべすぎやねん!!!

それでね、オランダ人クラスメイトに「サンドウィッチばっかやんな」って言うたら、教授までそろって「いや、でもいろんなトッピングあるもん」って。

ト、トッピングっすか?!?!

こっちの人ね、あのケーキにかける「チョコスプレー」あるじゃないですか、あれをはさんでサンドウィッチにするんです。

ハムにチーズ、レタス、チョコスプレー、ジャム、ピーナッツバター・・・これを本気で「バリエーション」と考えられる感覚の違い・・・これってさ、「肉じゃが、きんぴらごぼう、筑前煮」のバリエーションとはわけが違いますよね?

というわけで、「トッピング説」、説得力ゼロ012.gif

a0249451_0451626.jpg


ミックスナッツに関するおもしろい話を2つ・・正直カルチャーショック。

1)この前ね、教授のお宅に皆でお邪魔することになった際、教授が「それじゃあ私はドリンクを用意しますので、皆は何か一品持ってきてください」って。ここまでOK、むしろ皆を招いてくれる教授のホスピタリティーに感謝。

お邪魔すると・・確かにドリンクがおいてあって、その周りにはミックスナッツ・・・

以上!!ほんまに言った通りに準備されてて。いや、これは私の個人的な価値観も入っているのでしょうけど、招く側としてドリンクとミックスナッツだけで迎えるというのは・・私の感覚としては恥ずかしい。あくまで私の感覚ですが・・。しかもね、ドリンクもそんなになくて、最後水。(笑)「人を喜ばせるためにいろいろ振舞う」という感覚はここの人にはあまりないようです。他の場面でも同じ事思うな。

って話をしたら、「そもそも、私らは人を夕食に招いたりしません」って言われちゃった012.gif

2)上記の通り、人を招かないオランダ人、という事で集まるのは夕食後にパブで~とかそんな感じ。それでね、このまえ皆でパブに行ったとき、私がミックスナッツをオーダーしたんです。だってお腹すいてたんやもん012.gifでもさ、7人8人いるとこで独り占めするわけにもいかないし、シェアするのは全然OK、だから机の真ん中に置いたら、皆食べる食べる。(笑)それでお会計の際は自分のドリンク代だけ払って店を出てくんです。

また別の日には、イタリア人の女の子がミックスナッツを頼んで、また食べる食べる。そして自分のドリンク分だけ腹って外へ出る。こういうところで絶対にお金払わないんですな。皆のためにオーダーとかしない。

べつに400円そこらのミックスナッツなんで、ぜーんぜん構わないんですけど、たまにイラつく。(笑)「ええよ、今回は俺が払うわ」なんていう言葉は聞いたことがありません!!!

この前日本人の友達と話してて、その子、前にクラスメイトとご飯食べに行って1円足りやんだもんでオランダ人に1円かりたら、そのあと2週間ぐらい「1円いつかえしてくれるんや」ってせがまれたらしい。(爆笑)

a0249451_0572765.jpg


と、すいません、文句を言い過ぎました。しつこいですが、あくまでも私の価値観&経験で書いてます。

でも、すっごくいいなと思うところでもあるのです。特にこっちの学生。贅沢せずに、学生は学生らしく、知恵を絞って皆で楽しいことしようって。皆本当にうまいことやってるなぁって関心させられる事もよくあります。

また話ずれますけど、私、オランダに来てルイヴィトンのバック持ってる人1人と見たことありません。もちろんいるでしょうけどね。

何がびっくりしたって、このオランダ人ケチ説、他の国の子達も知ってたんですなぁ。

a0249451_116268.jpg


母親に「あんた最近全然遠征してないやん」て言われたんですが、ついにこの週末はプチ遠征!やっと少しゆっくりできるのでね。

といってもオランダ内ですが、アムステルダム周辺の町&アムステルダムに2泊3日で行って来ます。久々の再会もあるし、めっちゃくちゃ楽しみ!

オランダ人のことあんだけ馬鹿にしておきながら、明日電車の中で食べるサンドウィッチのパンをちゃっかり買った女ここに1名。トッピングは、チーズとズッキーニのオーブン焼き、デザートはゆで卵です012.gifチョコスプレーはさすがにかけないぜ006.gif

皆さんもよい週末を~♪

PS 当たり前ですが、気前のいいオランダ人もいます!!
by Yoku1210 | 2013-10-25 01:13 | オランダ | Comments(2)

Groningenという町

a0249451_1585828.jpg


滞在2ヵ月半が経って、やっとGroningenの紹介ができます012.gif

最近また暖かさが戻って?、太陽が出れば非常に素晴らしい表情を見せてくれるGroningenです。

a0249451_23632.jpg


Groningenはオランダ北部の最大の都市、人口は約20万人です。1600年初期に創立されたフローニンゲン大学があることから、人口の約4分の1が学生から成っている都市です。ほんまに若者ばっかりです。

北部最大の商業都市として、重要な地位を占めているGroningen。第二次世界大戦では、今からご紹介するマルティーニタワーのてっぺんの部分が吹き飛ばされたそう。というわけで、修復したあとがのこっています。
Groningenには広場が2つあるのですが、その広場も激しく破壊されたそうです。第二次世界大戦後、アメリカがマーシャルプランで大規模な支援をし、新しく建物が建てられ・・。これはヨーロッパ中どこもそうですね。

さぁさぁ、それではマルティーニ教会へいきましょう。

a0249451_2115546.jpg


緑の部分が、修復された部分。待って、修復って言葉あってますよね・・・?

それでは自分の足で上まで登りましょう。

a0249451_2131783.jpg


待って待って、めっちゃしんどいんですけど!15世紀末に建てられたこのタワー、126mらしいんですけど、当時はヨーロッパで最も高いタワーの1つやったんですって。

(ゼー、ゼー、ゼー・・・・・)もう息できへん・・・

a0249451_215613.jpg


どうじゃぐーーーー!!!(到着)

a0249451_2164894.jpg


な、眺め・・・フトゥー012.gifそれよりめちゃくちゃ強風で、しかも思ったより高い・・・
本当、フラットですよね。

隠れ恐怖症です。でも「下見るな」って言われると、どうしても見てしまうタイプ。むしろ、見やんかったら、なんか負けた気がしてくやしいので見ずにはいられないストイックタイプ・・・

だんだん本間にこわくなってきて5分で降りました。息切れした意味ないわぁぁぁぁ012.gif

a0249451_2221937.jpg


あ、そうそう、それとGroningenはオランダ屈指の「チャリ町」です。ほんっっまにそこら中にチャリ族だらけ・・・

未だにたまに不思議になります。まさか、オランダ北部に来て勉強する事になるなんて10年前の私の未来予想図には間違いなく書かれていなかったもんなぁ。

a0249451_2273662.jpg


これからまた、ちょくちょくGroningenの紹介をしていきたいと思います。ご飯は微妙やけど、ええ町でっせ012.gif012.gif
by Yoku1210 | 2013-10-24 02:29 | オランダ | Comments(0)

a0249451_7153258.jpg


今晩ね、いつものメンバーでうちでご飯を食べてビールを飲みました。

そのときに、自己主張の激しい一人が「この前僕が言ったこと気にさわったよな・・?」て聞いてきてね。

アジア人の振る舞いが理解できないといった彼。あの、あの彼です。

だから私は「うん、正直動揺したよ」って言いました。彼なりに気にしてたんやっていう事がわかってなんとなくほっとしました。

でもね、私が本当に辛かったのはそれだけじゃない、そのあとに中国人の子の服装の事やら彼女のオランダ人のボーイフレンドのことを馬鹿にしだしたとき。「それってただの侮辱じゃない?」って。

だから私は彼に正直に言いました。「あんたが言ったことも正直衝撃的やったけど、それだけじゃない、その後に続いて彼女の事を馬鹿にする発言が私は辛かった。だってさ、彼女がどんな服を着ようと、ボーイフレンド持とうとそれはアジア人どうのこうのとか関係ないやろ?」って。

そしたら彼も「うんうん、本当にそう、同感。だから僕は他の人がその話をしだした時、会話には入らなかった」って。

今日、昼間に皆でビール飲んでたとき、その中国人の子はすぐに酔っ払ってしまう~ってとまどってて、でも皆しっかりフォローしてて。

なんだろ、やっぱり私もアジア人で私たち2人はクラスで唯一のアジア人、なおかつ彼女は今回がヨーロッパ初めてやし年下、なんとなく守ってあげたくなってしまう、そんな自分の気持ちも過剰かもしれないのですが、彼女を思いやる皆の気持ちも嬉しかった。過剰やね、私も。

a0249451_7273385.jpg


その後「オランダについてどう思うか聞かせて。ネガティブな面も含めて」ってオランダ人のクラスメイトに言われて「え・・・・・ごめん、オランダ人ってめっちゃケチやんな、申し訳ないけどそう思うよ!!!」とは正直にいえなかった、それなりに控えめなアジア人ここに1名・・・・。

この話はまた別の機会に・・・けっこうおもしろいから(笑)

おやすみなさい012.gif
by Yoku1210 | 2013-10-23 07:34 | 日常 | Comments(0)

あぁ、沁みるぜ

a0249451_351968.jpg


密かに通っている、あるブロガーさんが、日本の景色は素朴で、まるですべてを包み込む母親のようだと書いていました。私もそう思うなぁ012.gifヨーロッパの景色とは違う素朴さや優しさがあるよね。

Groningenでは日本語を話す機会がほぼゼロなので、疲れた時に日本語の歌を聞くと、もうそれだけで泣きそうになる事もよくあります。やさしい言葉が、そのまま心に浸み込んでくる感じ。

皆に会いたいナァと思うことはよくありますが、次また笑顔で会いたい!って思ったら、それはどえらいエネルギーとなって自分を励ましてくれるんですナァ012.gif

イギリスにいた頃に、日本大使館で大使が言った一言が今でも忘れないです。「海外に長く住めば住むほど、日本人としてのアイデンティティーを強く感じる」って。そうそう、だから何気なく音楽聴くだけでも涙が溢れてくる事もある。ホームシックでもなんでもないのに、なんかホッとして涙が・・なんてこと、湿っぽい私にはよくあります。(実際昨日はゆずを聞きながら泣きかけた)

そして今、チューリップの心の旅を聞きながら、湿っぽさ全開!!

さぁさぁ、音楽鑑賞や湿っぽさもほどほどに、ジムへ行ってきます。おかんが送ってくれたアーモンドチョコを一気食いしちゃってね、テヘッ024.gif

あ~だから今夜だけは
君を抱いていたい
あ~明日の今頃は
僕は汽車の中

by Yoku1210 | 2013-10-22 03:23 | ちょっと言わせて | Comments(4)

a0249451_421711.jpg

(日本の田舎風景・・何て美しいのだろう・・!!!)

「鎖国シンドローム 内向き日本だから生きのびる」という本を読みました。

日本は4度の鎖国的時代を経験してきている、それは1)遣唐使廃止以降、平時の乱後(9~12世紀)まで、2)元寇以降、日明貿易再開まで(13世紀末~14世紀半ば)、3)豊臣秀吉の死からペリー来航まで、4)日清戦争、日露戦争から第二次世界大戦まで。

著者は、日本人は鎖国・開国を繰り返す中で、外から入ってきたものをうまく取り入れ、日本文化を創り出してきたと言っています。そしてこれからは、成長ではなく成熟の時代だと。内向きは悪くない、改めて「日本らしさ」を見出す時だと。

特に、4度目の鎖国は約260年にものぼり、外から閉ざされた日本はそこで江戸文化を築き、素朴ではあるものの平和そのもの、「風変わりな、絵のように美しい社会」が熟成し、今我々が思う「日本的」な基盤の多くがこの時代に造られました。

その頃ヨーロッパでは世界を制覇すべく、植民地化がどんどん進み、特にイギリスとフランスの間では植民地戦争が勃発。日本は大陸縁辺の列島であることから、侵攻を免れたものの、ペリーの来航と同時に一気に開国体制へと変化し・・

この前教授もポロッと言っていました。「ヨーロッパが戦争ばっかりしている間、日本では皆が茶をしばきながら、絶対的平和の中で暮らしていたんですよ」って。

「島国」という理由だけではなく、玄界灘という荒海で列島と大陸を隔てているという地理的条件に恵まれたからこそ、歴史上一度も異民族や異国に制服されたことのない国、日本。
こういう過去をたどっていくと、今の日本社会あり方、日本人の鎖国メンタリティーは全く驚く姿でもなんでもないと思います。

著者の保守的な意見にちょっと賛成できない部分もあったのですが、日本がこれ以上成長を求める必要はない、それ以上に成熟していくべきだという意見には大賛成です。もうこれ以上・・テクノロジーとか・・いらんやろ。(え、あかん?)「便利」が進めば進むほど、窮屈な日本になってきていると心底思います。客目線の「便利」を追求する社会で、結局苦しむのも人間、それならお互いにほどほどにいこうぜ!とレッチェに住んで以来本気でそう思うようになりました。

まぁそんな事をぶつぶつ言いながらも、戦後のアメリカナイゼーションに日本は助けられ、高度成長期を経験し、今ではたった10万円たらずでヨーロッパに来れてしまうわけです。そしてそのすべての恩恵を受けて、私は今ここにいるわけで・・。

いろいろ矛盾は生じる私の意見ですが、外から日本をみる機会を与えてもらえた結果、心底そう思うんですなぁ。日本はちょっといきすぎじゃないかと。でもその話をオランダ人にしたら、オランダもかなりそっち方向に進みつつあるって言われました。

a0249451_5305158.jpg


明日から2週間reading weekで休みです。この週末はほんまに抜け殻状態。寝ても寝ても眠い!!口開けて爆睡!!zzz

また一週間頑張りましょうね~!012.gif
by Yoku1210 | 2013-10-21 05:38 | ちょっと言わせて | Comments(2)

心は決まったぜ

a0249451_61115.jpg


そろそろ、2セメスターを過ごす場所を決めなきゃいけない時期がやってきて・・・。

希望する国2カ国を提出して、あとは大学側が決定します。

私、第一希望はイタリアにする事にしました。こんな展開になるとは・・・・!

最初はスウェーデン!って思ってて、でもコースがあまり興味のない分野であることから却下。そしてこっちに来てからはポーランド熱がすごかったんですね。ヨーロッパの事勉強してるし、東ヨーロッパに住む機会なんてなかなかないからぜひ行きたいって思ってて。大学の評判も割りとよくて。

ただね、オランダに来てから語学の壁にぶつかってどんどん心が揺れだして。オランダ語も少しずつ分かるようになってきたし、なんせ皆英語ぺらぺらやから問題ないんですけど、以前にも書いたように、やっぱりしんどいんですなぁ。今は今ですっごく充実してるし、自分の納得の行く形でオランダ語にも取り組めてるから前みたいなストレスはないんですけども、これをまたポーランドで経験するかと思うと正直すっごく気が重くて。

私の脳はそんな持ち合わせがない・・・。

その上、ポーランドにいけばオランダほど英語を話せる人もいないし、もっと苦労するやろうなぁって。家探しとかその他云々・・。

イタリアの大学のコースがおもしろそうなことと、やっぱりイタリアに行きたいという素直な気持ちからイタリアにする事にしました。大学の質とか気にはなりますが、はっきり言ってこれは行ってみないとわかりませんなぁ。あとはね、正直self-studiesが何より大事なんで、本があればなんとかやっていけるかと。教授自体の評判も悪くないし・・あとはね、半年っていっても実質学校は4ヶ月なんですな。だからもし最悪やったとしても、たいしたこたぁない012.gif

と、急にイタリアびいき路線で物事を考えだしたぜ・・・

第二希望はポーランドにするので、どうなるか分かりませんが・・。もしイタリアにいけることになったら・・って考えると正直腹がもげそうに嬉しい・・・ここはここでめっちゃ好きなんですけども、あの、イタリア人のあったかさに触れたいなぁ・・と思うことは多々あります。

ただ、もしイタリアになったら、レッチェから急北上、もんのすごい北になります。(笑)
by Yoku1210 | 2013-10-20 06:20 | 日常 | Comments(10)

a0249451_2005714.jpg

(夜のGroningen...本当にうっとりします。)

私、フローニンゲンのプロモーショングループに参加して、ブログを月に二回書くことになったんです。それで、新しいスタッフ皆でパブに集まるから来てくださいと連絡をもらったので、授業の後に行ったんです。

行ってみてびっくり、私意外全員オランダ人・・こういうシチュエーション、初めてなので正直ゲッ・・・笑
でも新しい出会いが欲しかったし、べつに死ぬわけじゃない、この際ビールじゃ・・!って事で自己紹介して着席。

あの最初のぎこちなさ・・・皆ずーっとオランダ語で話すし、単語は分かっても会話になると何言ってるかさっぱり分からないんです。キョロキョロしながら、ビールを飲んで笑って適当にごまかす、そんな事をしてました。そしたら、横にいる子たちが話しかけてくれてなんとか救われました。初対面の集まりとかやと、オランダ人、なかなかぎこちないです。イタリアのようにはいきませんなぁ・・・

途中で、中国人と日本人の見た目の違いの話しになって、私の目は日本人の目やとかどうのこうの言われて。向こうが何の悪気もなく言うてるのは分かるけど、初対面で急に見た目のこととか言われると・・正直心地悪いですね。しかも皆の前で。仕舞いには、「日本人ぽいて言われると嬉しい?」とか聞かれて。「そりゃ、私日本人なんでそういわれたほうが嬉しいけど、あなたたちにとって日本人と中国人の違いは分からんやろうから、中国人に間違われてもたいしたことじゃないです」て言いました。私には、その質問の意味が分からない。日本で「うわ~青い目!」とか言われる外国人の人たち、めっちゃ心地悪いやろな・・ここに来て思いますが、びっくりするぐらいアジアに関して何も知らない人もたっくさんいます。それは話しててわかる。それはそれでいいんです、ただ、たまに「あんたそれで正気で言ってるん?」ていうような事言うてくるからビックリします。悪気はないんやろうけど・・(そう願う)

その後は右隣にすわっていた子と1時間ぐらい話しました。この子、18歳やのにびっくりするぐらいしっかりしてて、将来の相談までしてしまった次第。笑

まとめると、「まぁなんとかなる」ですかね。こんな場面に今まで何度も遭遇してきましたし、大事なのは自分から壁を作らないこと。気にかけてくれる人は必ずいるし、いなければ帰ればいい。と、わりきった事いいますが、内心めっちゃドキドキしています。

そして昨晩はね、1タームの半分が終わったという事で、クラスメイトの家でいつものメンバーで乾杯。

その時に、クラスにいる中国人の女の子の話になりました。16人中、私と彼女が唯一のアジア人。彼女、今回がヨーロッパ初めてで、英語も話せるのは話せるのですが、コミュニケーションができないこともしばしば。クラスで発言することも一度もありません。そうかといって、めちゃくちゃおとなしい子かっていうとそんな事もないんです。夜出かけるときには来る事もあるし、わりと堂々としているんですね。

ただ、ものすごくマイペースで、正直何を考えているか分からないんです。授業についていくのも大変そうやし、何度か声をかけたんです。大丈夫?って聞いたら、ニコニコしながら大変~って言うんです。本当に彼女はどう感じているかは彼女しか分からないので、これは私の意見ですが、良くも悪くも、ものすごく楽観的というか・・他のクラスメイトも気にかけて声をかけているんですが、反応は一緒。だからどうしていいか分からないんです。毎回授業にも5分遅れで来るから、教授が「彼女にどうしてか聞いて」って私達に言うてきたんです。聞いたら、「家出るのいつも遅い・・」って。「じゃ、じゃああと5分早く出ようよ?」って言うたら「あ、せやな」って。(苦笑)

それでね、この前のクラスでグローバル化の話で、中国台頭の話題が出て。私、そのときいなかったんですが、彼女、やっぱり何も言わなかったそうで。昨晩そのことを話してて、「アジア人は自分の思ったことを言わない」「振る舞いが理解できない」って言われて。

つい最近も「ようこは日本の事とか全然話さない、もっと話してよ」って言われて。

確かに私しないんですね。1対1で話してると、けっこう話すんですけども、皆で話してて「いや、日本ではこうです」て自分から言う事はありませんね。だってね、ほとんどの子がべつに興味なさそうやし、日本、いやアジアについて全然知らないんです。さっきも言いましたが、それは話してて分かります。でも「日本ではどう?」って聞かれたら答えるし、1対1やとけっこう話します。

うちのクラスメイト、自己主張が極端に激しい子が何人かいるんですね。私、彼らの事もすごく好きなんですよ。ただ、たまに人の話きかずに話しつづけたりするから、そんなところに入っていけるわけがないし、入っていく気もない・・日本のこと話さないていうけれど、あんたら話聞く気ないやんって私には思えるんですね。
彼らと集まるときは、私は一歩引いて、皆の話聞いて笑う感じ。でも楽しいんで、それはそれでいいと思ってるんです。

でも「アジア人は思ったこといわない」とか「振る舞いが理解できない」って言われるとね・・動揺します。そして「あんたはめっちゃ西洋化してる」って言われるんです。どんな慰めですか?

まぁ確かに、私もかなり鍛えられて、だいぶはっきり言うようになりましたしモジモジしたりすることはそんなにありません。でもな~、相手の言う事聞かずに、自分の思うことをすべて言う事がコミュニケーションなんでしょうかな・・・
でもね、私もついついイラついて言うてしもたんです。「イギリス人は日本人にもっと近いし、イギリス人といる方が心地良い」って。(めちゃくちゃ本音)あかんな、そんな事言うべきじゃなかった・・・><。

自己主張が激しい子の一人が、その中国人の子の話になったときに「でも彼女、初めてのヨーロッパで周りは全員ヨーロッパ人、そんな中で自分の国の経済についてバッシング受けたらそりゃあつらいと思うよ。あのディスカッションは授業という場所で行われるべきじゃなかった」って。そしたら、別の女の子が「そりゃそうやけど、ここはヨーロッパ、彼女は自分でここに来る事を選んでいるわけやから、ここのやり方に従うべき」って。

うんうん、本当にそう。誰に頼まれて来てるわけでもないから、努力はしやなあかん。でも、同じアジア人として皆の前で思ったこという事がオランダ人が思うほど簡単ではない事が理解できるし、まして私たち少数派やから言いずらい気持ちはすっごく分かる。

今朝、起きてその事思い出したらなんか泣けてきて。な、なんで私が泣くわけ?!?!っていう話なんですが、彼女本当はやっぱり辛いんかなぁ・・とか、過去に同じ立場に立った時の事とか思い出したら何でか泣けてきて。でも昨日会った彼女はやっぱり元気やった・・・笑 

a0249451_2154117.jpg

(しつこくもう1枚)

language exchangeをしているオランダ人の男の子、とってもとっても優しい子なんですね。(好きとかちゃうで)日本に行ったことがあるから、オランダの事も客観的に見てるし、日本人の控えめなところも彼にとっては美しいとうつるようで。私のクラスメイトにはそういう感覚がないんですね。「んで、あんたはどう思う?」の繰り返し。いいんです、全然いいんですよ、行った事ないから知らなくて当然です。

でも今度その話になったら言おや、「こういう文化もあるんやで」って。

なんて言いながら、日本の本音と建前文化に自分がフィットできない事もここにいる理由の1つで。あぁ、矛盾。

どちらにしろ、こういう経験は一生の財産になると思うんですナァ012.gif
by Yoku1210 | 2013-10-19 22:16 | 日常 | Comments(0)

Geef niet op!!

a0249451_1145969.jpg


ウッゲーーーーしんどいよーーーー!というわけで、今週も山場を越えました。

月曜は最後のEU法のクラス、火曜はオランダ語のテスト、そして今日はプレゼンテーション・・・
一気に肩の力が抜けて、カフェテリアで一人ビールかました後、図書館で爆睡012.gif

EU法のクラス、法をかじったことない人がほとんどなので、教授いわく相当低レベルなクラスなのだそうです。だけど教授がこのクラスが一番楽しいって。なんせ皆、思考回路が「法系」じゃないから、この思考回路を変えること自体すっごく大変。もう私は・・・ほんまにほんまにお手上げ051.gif051.gif051.gif授業中の発言も低レベルすぎて、これ以上クラスメイトに恥ずるものなんてないよ・・の状態。

毎週課題があるんですけども、悪夢以外のなにものでもありませんでした。何度頭いかれそうになった事か・・・だけど、興味がないからって諦めるのもイヤで。もちろん成績にも影響してますしね。

前回の課題、10点中私のスコア・・「4点」。イタタタタ。ただね、何がって、私努力したんですよ!めちゃくちゃ読んだし、自分でも理解した「つもり」でいたんです。だから余計にくやしかったし、「あぁ、私って本当法律とか向いてなさすぎやわ・・」って思ってたんです。

そして今回のスコア・・なんと満点!「Well Done!」って教授からのメッセージ。授業のあとも、「君の課題、すっごく良かったよ!よくがんばった」って言ってくれて。

昨日が最後の授業でした。なんだろう、正直もう課題しなくていいかと思うと嬉しいんですけども、諦めないことってほんまに大事やな・・と改めて教えてもらいました。少しずつでもいいから、とにかく読んで読んで、少しずつ噛み砕いていく・・苦手な科目なら、なおさらこの姿勢は大事やと思います。

諦めないで努力を続ける姿勢っていうのは、必ずあとで自分に喜びとなってかえってくるんですなぁ012.gif

オランダ語も、だいぶ落ち着きました。スローながら、確実に上達しているのを感じます。気持ち的にもかなり落ち着き、自分のペースがつかめてきたなと思っています。

そして今日のプレゼンテーション。格好つけた言葉を使っても、皆わからないだけなので、できるだけわかりやすく、そしてゆっくり話しました。途中少しつまったけど、そこそこうまくいったなぁという実感があります。

緊張がほぐれて、一気に疲れができてました・・。今晩はヨガへ行って、近所の友達の家でビール一発かましてきます071.gif

Geef niet op、諦めない事が大事なんですなァァ012.gif
by Yoku1210 | 2013-10-17 01:44 | 日常 | Comments(2)

A2-B-C

a0249451_5164581.jpg


今日は夕方から、フローニゲンで唯一の日本人の友達のおうちでご飯をご馳走になり、「A2-B-C」という映画を見てきました。

アメリカ人のフリーランス映画監督が福島の子供たち、お母さんに焦点を当ててとっている映画。見終わった時には、あまりの衝撃にクッタクタでした。

福島では中絶率が増えている事、この先「福島出身」と言えばがん保険には入れなくなるのではないかという懸念、たった5歳やそこらの子達が「放射線」という言葉を合言葉のように使っている事実、自分が知らなかった事が生々しく伝わってきてほんまにショックでした。

メディアと政府のつながり・・・これはどこの国も同じなんでしょう・・な><。3.11は日本メディアの正当性に疑問を投げかけただけでなく、その役割についても国民が考えるきっかけになったと思います。もちろんなるべくしてなったわけではないけれど・・・はぁ。「人間ってほんま悪の塊ちゃうか・・・」って自分も含めてたまに本気で思います。一部の人間が金とパワーで世の中を動かそうとしてるだけやん。そのゲームにうまく丸められる我ら庶民。

でも見れてよかったです。ほんまによかった。関心もつ事を忘れたらおわり・・ですね><。今回の留学では、コースに必要なことだけするんじゃなくて、幅広く、いろんな視点で物事をみていくって決めてたから、これからもこういう時間を大事にしたいです。

http://www.documentingian.com/
ぜひ機会があったら見てください。

おやすみなさい!!

PS:コメントありがとうございます~!めっちゃ元気でます。次回必ず返信します。
by Yoku1210 | 2013-10-13 05:33 | 日常 | Comments(2)