人気ブログランキング |

I look up when I walk

a0249451_06461482.jpg
即席、グリンピースのリゾット、名づけて「グリリ」012.gif炊いた米が冷蔵庫の中でカチンコチンになっていたので、そこに少し水を足してガスへ。右手でオリーブオイルを、左手でトマトピューレをドボドボ入れて、視界に入った赤ワインもドボッ。グリンピースもこれでもか!!というぐらいに入れてグツグツ煮込むだけ。あとはチーズのチーヤンをふりかけてBuon Appetito!リゾットって炊いた米で作ってもこんなに美味しいんですね058.gif一ヶ月の出費はこれぐらいまでに抑える・・と一応決めて生活してます。というわけで、月末は貧乏。貧乏人に優しいグリリ076.gif

さて、昨日は大阪大学からゲストレクチャーが来て下さり、日本のポップカルチャーについての講義を受けました。私にとって、日本の教授と接する機会というのはとっても新鮮で、実はけっこうワクワクしていました。
とっても気さくな教授で、講義の後は皆でコーヒーを。そのまま携帯ショップに行き、一緒に必要なものを揃えました。ご家族も一緒に来ているそうで、近々ぜひ皆で食事をしましょうと誘ってくださいました。

普段、日本の方とほとんど接触がない生活なので、こういう機会は本当に嬉しいです。講義の中で「上を向いて歩こう」が流れたときはウウッ・・(涙)ときた、やっぱり湿っぽい女です。こういうときって、本当に日本人としての自覚がピークに達します。

上を向いて歩こう・・何度聞いても飽きない、素晴らしい歌ですね。

今日はエッセイ漬けの一日でした。この音楽に励まされながら作業しました。「あぁ・・どうまとめていいかわからへん・・」と思うことの連続ですが、とにかく上を向いて、明るい光が見えるまで読み続ける事、逃げ出さない事、そう言い聞かせました。そうすると、少しづつやけど何かしら見えてくるんですね~。この瞬間、嬉しさがこみ上げると同時に、よし、まだまだ頑張る!と思えます。

明日もエッセイ漬け・・。また、グリリ食べながら頑張りましょう079.gif

素敵な日曜をお過ごしください~♫





by Yoku1210 | 2014-03-30 07:00 | 日常 | Comments(2)

Cividale散策~前編

a0249451_03052862.jpg
2週間前に行ったCividale散策です~。チビダーレという町です。
それはそうと・・イタリアに来てから、時間の流れが更にはやくなっています。怖いです。

a0249451_03111603.jpg
 ウーディネを始め、ここ周辺の町の多くが15世紀あたりからヴェネツィア共和国に支配されていました。その前は、ランゴバルド王国という国に。その時期、Cividaleは主要都市の1つだったらしく、その歴史の面影が今も残っている、そんな理由からこの辺ではよく知られてる町です。

a0249451_03135443.jpg
同居人にCividaleに行くことを告げたら、「ぜひ行け!!」と言われた場所に今から入るとこです(笑) 古代、ケルト人が住んでいたと思われる地下・・

a0249451_03193892.jpg
なかなか不気味・・でした。(苦笑)

こういう所にきて、「大昔に誰かが住んでいたんやなぁ・・」って感激できない自分って、本当感受性にかけてるわ・・って思います。(汗)

a0249451_03225619.jpg
それより・・やっぱ飯でしょう(笑)初のフリウリ料理~!

これまたインフォメーションセンターの方においしい店を教えてもらってレッツゴ~♫

a0249451_03241425.jpg
初ポレンタ!お味は・・マアマア!フトゥ~に美味しいんですけども、べつに「うまい~やべっ!」ていう味ではないですよね。

そうそう、いつも書こうって思いながら書いてなかった事・・それわね、フリウリの人はどえらい酒のみだ!!という事です。昼間から飲んでる人いーーーっぱいいます。学生の飲みっぷりもなかなか。南に比べても、中部イタリアの町に比べても明らかに皆飲む量が多い。なかなかハードコアな飲み方します。

やはり寒い気候や、接する国々からの影響などを受けているのでしょうね。フリウリが舞台の映画は酒を飲むシーンから始まるものも多いとか037.gifフリウリはワインの製造も盛んです。

そして頂いた料理は・・フリウリ産のサラミと玉ねぎをお酢で味付けした煮込み。これはとっても美味しかった!おばさんに作り方も聞いたので、ぜひ一度作ってみようと思っています。ポレンタと一緒にボナペティート036.gif

a0249451_03310285.jpg
こちらはFrico(フリーコ)と呼ばれる、これまたこの地方の有名な郷土料理。チーズとじゃがいもで作られています。
なかなか重たい食べ物ですが、おいしかったよ~!友人とはんぶんこ。

フリウリ料理はやはりチーズを多く使ったおもたい食べ物が多いようです。あとは肉の消費が明らかに多いと見ていて思います。それはそれで美味しいのですが、やはり私は田舎くさ~い、野菜たっぷりのプーリア料理がいいな。ポレンタよりも、豆の方が好きです。

a0249451_03340820.jpg
fricoにおもっきりお腹をやられた後は、散歩。

昼からワイン。プハ~ッ、最高です017.gif

Buon fine settimana,素敵な週末をお過ごしくださいっ!053.gif






by Yoku1210 | 2014-03-29 03:35 | イタリア | Comments(0)

イタリア語がんばるっぺ

a0249451_06593444.jpg
頂いたカレーのルーを使って、ハヤシライスとスープカレーの中間のようなもの、名づけて「ハヤシスープ」を作りました。
実はカレーを作るのは生まれて初めて・・いや、カレーじゃなくて「ハヤシスープ」なんですけどもね012.gif

自分で作りたいほどカレーが好きなわけでもないし・・そんな理由でカレーを作ったことはありませんでした。あ、キャンプで作ったか079.gif

キャンプだホイッ075.gif075.gif075.gif

冷蔵庫に残っていた野菜をぜ~んぶほりこんで、そこにトマト缶をドボンっ。トマトスープの出来上がり~とおもいきや、そこにハヤシライスの要素となる?、カレールーを半分ほおりこんで、混ぜ混ぜ。ついでに視界に入った赤ワインもドボドボ。グツグツ煮込めば、あ~ら簡単、ハヤシスープの出来上がり012.gifめっちゃ美味しかったよ~!ちょっと酸味がきいてて、普通のカレーよりも軽め。林さん、大当たり!キャンプだホイッ!

----------------------------------------------------------------------------

さて、最近はまたイタリア語頑張っています。
今はね、イタリア語の授業+個人レッスンもとっています。両方無料。ありがたいです。個人レッスンは、私よりイタリア人ぽくないイタリア人、ジャンルーカ先生です。むっっっちゃ真面目・・って生徒にゆわれたくないですよね、すいません。
「気楽にいきましょうぜっ!」って言いたくなることもたま~にあるぐらいにマジな先生です。だけど非常に熱心に教えてくれます。

イタリア語の授業の方では、イタリア語の中でも特にややこしい文法をちょうどしているところです。この辺は、イギリスの大学時代にむちゃくちゃしごかれたので、基礎は頭に入っています。イタリア人でも使えない人がたくさんいる文法。
「でもね、これをちゃんとマスターしていれば、イタリア人のあなたを見る目は変わるよわよ!」って先生が一言。

これはほんまなんですなぁ。私も何度も経験しました。言い換えると、イタリアでの外国人の扱いは必ずしも喜ばしいものではないこと。なんだろう、ものっすごく露骨に失礼な態度とる人もいてびっくりします。「あんさん・・まぁよくもそんな失礼な事堂々と言えるなぁ。このパッパラパーが!ちょっとは勉強せーや、勉強!!」と思うような事を、移民局の人が口にするから、怒りをどこにぶつけていいやら・・という事でここでぶつけさせてもらいました。(笑)
だけど私がちゃんとした文法でイタリア語を話すことがわかるとコロッと態度を変える人がいます。まぁこれは中国人じゃなくて日本人と分かった時点でコロッと態度を変えるのと似ています。

(エピソード)
私、中国人、インド人の3人で移民局に行ってね、個室に呼ばれたんです。「はいはい、急いで~シャキッと!!」と移民局の人Aがいうもんやから、小走りで個室へ。連れられた先にはその人の同僚が。「シャキッと!!」と私らに言うておきながら、同僚B見つけた途端井戸端会議なる、「予期せぬおしゃべり大会」開始。しかも同僚Bも同僚Bで私たちを見るやいなや、「あ、また中国人?もしかしてこの前の大変やったグループの仲間?」って同僚Aに聞いて、相手も相手で「ううん、あのグループとは別。あのグループ、ほんまに大変やったみたいやなぁ・・私おらんくてほんまによかったわ」って「予期せぬ愚痴大会」が2分ほど続きました。ドア閉めても聞こえとるわ、このポンコツが!!あんさん達がシャキッとせーよ、シャキッと!!

いろんないきさつでイタリアに暮らしている外国人がいます。私のように自らで選んでここにいる人、逆にそうではない人・・理由も経済状況もさまざまです。勉強したくてもする時間もお金もない人もいます。だから「イタリア語が話せない=失格」、そんな風には思いません。だけど、やっぱりできるにこしたことはなく、英語が通じないイタリアでは生き抜いてくための手段以外の何者でもないと思います。

外国人やからといってなめられたくない、パッパラパーに言い返せるぐらいの能力はもっていたい。そしてやっぱり何より、この国の事をもっと知りたい、人々と分かり合いたい、思いを共有したい、そういう気持ちが自分を引っ張ってくれています。むしろ、それだけです。パッパラパーもいますが、あったか~い人もたっくさんいるもんなぁ、この国。「大事なのはモチベーション」てレッスンの終わりにジャンルーカ先生も言うてました。

イタリア語、やっぱり好きです010.gifよし、寝よう。おやすみなさい031.gif

PSコメント、次回必ずかえしますー!Grazie!!!

by Yoku1210 | 2014-03-26 07:24 | ちょっと言わせて | Comments(0)

最近のあれこれ

a0249451_19074661.jpg
こんにちわ012.gifお久しぶりです。

日本は三連休なんですね~!東京に住んでいた頃は、毎日手帳を眺めて、三連休の数を数えてたっけ。どんだけ眺めようとも数は変わらないのですがね。(汗)

何だか昨日は、東京生活を懐かしく思い出しました。
今頃父は芝刈りではなく、四国へ、母は川へ洗濯ではなく東京かな。姉ちゃんとおいしいもの食べて伊勢丹行って・・と勝手に妄想しては、ニヤッとしてしまいます。家族が元気でいてくれる事が、何よりのエネルギーです、本当。

a0249451_19114970.jpg
最近の私といえば、だいぶ元気になりました。こちらにきて7週間、相変わらず友達は少ないですが、学校もいい感じに忙しくなってき、春の訪れとともに少しずつ上向きになってきたかなぁと感じています。心のモヤモヤやつっかえたものがだいぶ取り除かれた感、アリ!

a0249451_19222080.jpg
金曜日から一泊でボローニャに行ってきました012.gifブログでだいぶ前から親しくさせてもらっている方に初めてお会いしました。楽しすぎた・・076.gif

ボローニャ、正直私はボローニャ特有の赤レンガで染まった街並みにそこまで感激していなかったのですが、今回再訪しグルグルまわっていると、だんだんその美しさに吸い込まれていきましたよ。なんせかつて富を築いた街、その名残がしっっかり残っていて圧倒されたぜ!という感じでした。夜のボローニャも素敵。トリノ、フィレンツェ、ローマと首都を移したイタリアですが、ボローニャにするという話も持ち上がっていたんですってね。それでボローニャ人は興奮して、でっかい広場をつくったそうな。でっかい広場、そのままでっかく残っていました。

a0249451_19303751.jpg
美食の街、ボローニャ。うまそうなサラミがゴロッゴロ吊り下がっていて、「住ませてください、ここに・・079.gif」と誰かにお願いしたい気分。トルテッリーニ、おいしかったなぁ012.gif2日連続リピートしました。(笑)

駅の周りはイタリアの大都市らしく、きったないボローニャ。そして人が多い!ウーディネの小ささ、そして空気の綺麗さを再実感しました。

それにしても、ウーディネから来た者として思う事は、「あんさん達、ほんっまに元気やな!!」という事。ウーディネの街並みが暗いかと言われると、そうではないのですが、「あんさん達、ほんまに元気やな!」と思った事は少ないです。(苦笑)叫んでる人もそんなにおらへんもんなぁ。
イタリアにお住まいの方にしかわからないかもしれませんが、「punkabbestia」ってボローニャが生まれらしいですね。生まれっていうと変かな。
さすが、ゴロッゴロいました。(汗)偏見ですが、わたしゃパンカベスティアが恐いです。

a0249451_19380753.jpg
初めてお会いした方は、元気出してねって日本食&手作りのお菓子を持ってきてくれ・・。気持ちがとっても嬉しく、帰りの電車の中でむしゃむしゃ頂きながら、涙しそうになりました。

年をとると涙もろくなると言いますが、まさしくそれは私にもはまるわけで・・23歳あたりから、自分がどんどん涙もろくなっている事に気付きましたが、ここ2年ほど、それが加速してきているように思います。両親の顔を思い浮かべるだけで、いつでも泣けそうな勢いです。(湿っぽい)

何度も何度も書いているけれど、とにかく、私は体調管理をしっかりして、今するべき事をし日々を過ごしていく事。これを大事にせねば。

a0249451_19540972.jpg
旅はいいですなぁ。
ちなみにイタリアですが、最近鉄道会社、頑張ってます!チケットもオンラインで事前予約すればとっても安く購入する事ができますよ。ヴェネツィアからボローニャ、9ユーロで行けます。トルテッリーニ並の値段やん!!

本日は久々の雨 in ウーディネ。部屋の掃除して、エッセイ書くか・・。今週は大阪大学からゲストレクチャーがやってきます。日本のポップカルチャー&演歌についての講義だそうです。「あ、君日本人?じゃあちょっと演歌披露して」とか言われたらどうしよう・・・ドキッ012.gif 無理っすてばーー079.gif

よし、また一週間がんばりませう、ウイイイ~!みなさんもよい一週間をお過ごしください♫



by Yoku1210 | 2014-03-23 20:00 | イタリア | Comments(4)

初の村めぐり

a0249451_01451645.jpg
最近グンッと温かくなり、日中は「暑い~」と感じる事も多くなったイタリア。

ウーディネに来て5週間、誰に頼まれたわけでもないのに、あほみたいにいろいろな事に神経を使ってドーンと疲れる毎日でした。現地の人とも分かり合えない、「もういいし、あと3ヶ月ちょっとでここを去るし・・」という投げやり&割り切りの気持ちと、「縁があって来たんだから、この地域の事をもっと知りたい・・だけどなんだかどうしていいかわからない・・」そんな気持ちに挟まれ(というか自分を挟んでしまった)、もどかし日々を過ごしていました。

だけど先週自転車に乗りながら、美しい田園風景を見つめ、「あ~やっぱり丸かじりしたいわ!!」といううずうずした気持ちが湧き出てきて、時間が許す限り周辺の村を訪ねよう!!と決意。

a0249451_01581400.jpg
この鈍行列車、レッチェから村々を訪ねる時に便利なローカル線にそっくり(笑)

村を訪ねたいなら、どこかで時間を作らないといけない。ちょっとしたコーヒータイムや夜の「一杯やってこか会」を我慢する事、たったそれだけですが、時間をセーブする事ができ勉強に集中できました。「なんでなん~一杯だけしていこ、一杯」という誘惑、「あんた、おもんないわ~~」て言われる一言に「うんうん、知ってる。せやけど勉強うまくいってないとハッピーでおれへん。金曜はCividale行きたいし。Ciao!」と断り続けました。

その結果、自分の今までの生活サイクルで日々を過ごす事ができ、今週はとっても充実した一週間でした。学生パーティーに行って朝帰りするとか本当に興味なくって、それなら周辺の村に行って探検したい、そう思っています。そして23時に寝て、7時に起きれたら最高012.gifババくさいと思われたっていい、自分の道を貫くことはやっぱり大事なんだと思った一週間でした。もちろん「調和」だって大事にしたいけれど。
結局は、自分がハッピーじゃないと、人に優しく接することができない・・ですよね?勝手やけど・・

a0249451_02105180.jpg
車内はプーリアのローカル線よりちょっとだけましです。(笑)

こうやってローカル線に乗って、現地の人すら行かないような街をいろいろ訪ねたっけ。フリウリ州(略)にもワインの生産地など、けっこう見所があるようです029.gif

はぁ、楽しかった・・・036.gif始めてフリウリ料理食べたよ!!チーズのチーヤンがドッカーン!!
詳しい丸かじりは次の記事にて・・・♫太陽を浴びすぎて疲れました。

a0249451_02263350.jpg
週末は現実に戻って地味にがんばろ・・っ。

みなさんも素敵な週末をお過ごしください♫



by Yoku1210 | 2014-03-15 02:32 | イタリア | Comments(2)

講義の仕方の違い

a0249451_23591968.jpg
イギリス、オランダ、イタリアの大学で勉強してみて、教授の講義の仕方も随分と違うなぁ~・・としみじみ感じています。

私の意見では、間違いなくイギリスが一番良いです。科目にもよるのだろうけれど、同じ科目に対して週に2回授業があり、一回目は教授が大きなスクリーンを使って一方的に話すレクチャー、そしてそのあとに(違う日)日本でいう「ゼミ」があり、小さなグループでディスカッションです。理論をレクチャーで学んで、その後にゼミで実際に起こっている出来事などを使って理論をほり探っていく・・そんな感じでした。

ところがどっこい、ここイタリアはなんだかもう井戸端会議みたいです(汗)間違いなく生徒の性格や態度も関係しており、イタリアの大学の教育システムだけが要因ではないのですが・・。
また、私は7人という少人数クラスでやっているので現地のイタリア人はまた違った方法で学んでいるのかもしれません。教授の英語もあんまり上手じゃないし・・ね。

なんだろう、教授のひっぱていき方がすっごく下手くそ・・。(中には上手な人もいます、もちろん)これは間違いなく彼らの英語のレベルの低さがあります。ただ、それを覗いても、ひっぱていくどころか、言いたい放題の井戸端会議に「ちょっとまって!」と言っては、教授である立場を利用して言いたい事だけ言う・・そんな感じです。例をあげて説明してくれるのはわかりやすくてありがたいです、ただ理論の説明もなく最初からディスカッションに入るので「んでさ、私らって何学んでるんやけっけ?」って思ってしまうんです。

昨日も今日も、歴史認識の事で、あるメンバーがすっごく熱くなり、言い合いになったんです。いいんですよ、いいんです、情熱もって意見を言える事は素晴らしい事です。が、最終的に「こんなん酒飲みながらでも話せるわ!」ていうような低レベルの言い合いになってきてね。「00という宗教はこういうところがおかしい!」とか、「ヨーロッパは思っていたほど民主主義ではなかった、私はショックです」とか、そんな答えの出ない事をクラスで言い合っても何の意味もないと思うのは私だけでしょうか。そんな言い合い、屁こきながらでもできるわ!もう一歩後ろに下がって、理論的に物事をみていく、その方法を学んでいかないと大学で勉強している意味がない!そしてディスカッションが的から外れないよう、しっかりマネージしていくのが教授の仕事だろうが!!とクタクタになりながら帰宅したのでした。

何人かのクラスメイトにも言いたい。人が話している時にね、上からかぶせるな!!しかも何がひどいかってね、その上からまたかぶせる人がいるんですわ(大汗)それでそこに教授がかぶせる事もあり・・もうね、聞いている方としても何の話をしているか訳わからなくなるんですよ。それぞれが自分の持ってる知識を全部述べて考えを言いあっていたら、話し合いが成り立ちませんわ。私ともう1人の冷静な友人は苦笑い・・「リスペクトもくそもないよな・・」って。

a0249451_00194230.jpg
さて、先日はここフリウリ州(略)でつくられた生サラミを使ってパスタを作りました。緑はブロッコリーの芯の部分。

今日は授業が終わったあとクタクタで昼寝してしまいました。エネルギー使うわ・・それにしても今日の授業はひどかった・・
ですが日々学ばせてもらっている事は確かで、毎日が充実しているな~と感じられるようになってきました!相変わらず友達おらへんけど(苦笑)

今から少しランニングに行って、夜は図書館に行ってきます。ぬくい日が続いています012.gif

by Yoku1210 | 2014-03-13 00:25 | | Comments(0)

あれから3年

a0249451_06235330.jpg
東日本大震災から3年。

本当の痛みは、被害にあわれた当事者の方達にしか分からないと思います。

だけど、流れてくる映像を目にしてあんなにも「日本」という国をおもった日はなく、きっとこれからもそういう日であり続けるんだと思います。1人の日本人として、私にはこれから何ができるんだろうとずっと考えています。

1つは、語り継いでいくこと。人間は忘れる生き物です。ヨーロッパでもあの出来事がどんどん風化されていっているのを実感しています。忘れない事、そして自分の意見をしっかり持ち、伝えていく事が自分にできることかなと。

そして生かされている事に感謝し、今日の喜び、明日の喜びをしっかり噛み締めていくこと。悩むのだって、苦しむのだって、生きているからできる事。悩みも苦しみも人生のスパイス!

会いたい人には会える時にできるだけ会う、行きたいところにはお金と時間が許す限り行く、とにかくやりたい事は今すること!「今」を大事に、日々を過ごしていく事。いつ死ぬかわからないし、本当、一回きりの人生ですもんね。

さ、映像ばかり見ていると本当に悲しくなってくるので、自分の中で今書いたことをもう一度リピートして、学校に行ってきます。

PS:コメントいつも本当にありがとうございます。次回必ずお返事します!





by Yoku1210 | 2014-03-11 17:03 | 日常 | Comments(0)

大事なのは「今」~

a0249451_00215624.jpg
昨日は女性の日・・という事で、女性の友人からミモザを頂きました!
私もまだまだ女でいられるみたいです。

キッチンに飾っておくと、「コンコンコン」と私の部屋のドアを叩くフランチェスコ。やっぱり忍法いない術を使うのは不可能なわけで、「ガチャッ」と彼がおもっきりドアを開けると、勢いのあまりドアにかけてある私のパンツが下に落ちるのは毎回のことです026.gif部屋に干してある意味・・ないやん!!そして「今日は女性の日だね、おめでとう!」と一言頂き去っていった彼。

 女・・といえば、占星学に詳しい友人に占ってあげるといわれ、それなら・・と、「私の結婚運について占ってください!!」とお願いしたところ、「この先2年以内に結婚する確率が非常に高い」といわれ、ドキッとしております023.gif 「あ、でも当たり前やけど、当たらんこともあるから期待したらあかんで」って付け加えられました。
ウディネの田んぼから馬車にのって王子様が・・・ ハッハッハ。

先のことなんてわからない~♫

a0249451_00393339.jpg
今日は朝図書館に行ってきました。読んでも読んでもわけわからなかったヴェネツィア共和国の歴史。やっと、やっと少しずつわかってきて、それはもう「快感」。

こちらに来て一ヶ月。勉強のことはもちろん、人間関係の事とかまだまだ疲れることばっかりです。でもやっぱり勉強がスムーズに行き始めると、だいぶ心持ちも変わります。私生活が充実していれば、勉強もやる気になるし、そういう環境に変わっていくといいなと願っています。残念ながら今はまだ友達も少なく、決して楽しい毎日とは言い難いのですが・・ま、どんな環境にいても、今自分が一番しなきゃいけないことは「勉強」であり、そこだけはどんな理由があろうともおろそかにしてはいけないと思っています。

ヴェネツィアのコースは一番頭を悩ませてる科目なので、少しやけど進み始めて本当によかった・・。本当、勉強って結局「モチベーション」がかなり重要な割合を占めていて、そのモチベーションがどこから湧いてくるかは人それぞれやと思うんですけど、やっぱり私生活、とくに人間関係がうまくいってないと辛いものがあるな・・と実感しています。友達はいるけれど、やっぱり一緒にいて疲れることもまだ多い・・友達欲しいけど、気を使うのもめんどい・・というこの狭間。自分を自分でサンドウィッチの具にしているかんじです。

ヴェネツィアコースがちょっとずつ私の方に向いてきたので、気分転換にフランチェスコ家のチャリを借りて田舎を突っ走ってきました!

考えてもほんま疲れるだけ、先のことなんてわからない~♫

a0249451_00542591.jpg
馬車にのった男性はいないかな・・?と探した・・っていうのは嘘ですm(__)m

「フリウリ人(ここの州)はね、イタリアでもとびっきり閉鎖的な人多いからね・・私も友達できるのに5年かかった」と、別の地域出身のイタリア人に言われました。

全然嬉しくないな、それ(笑)私あと4ヶ月でウーディネ去るのに・・・024.gif

a0249451_00573706.jpg
この木がオリーブの木だったらいいのにな、ここがプーリアだったらいいのにな、って。(涙)

な~んて言いながらも、やっぱヴェネツィアコースがうまくいきはじめた感触があり、今日はそれがすっごく嬉しかったです。(しつこい)
今週はどんな1週間になるのでしょうか012.gifとりあえず、やることだけはしっかりやって、あとはそれなりに身を任せていくのみ・・かな。

先のことなんてわからない~♫

また一週間頑張りましょうね!079.gif053.gif


by Yoku1210 | 2014-03-10 01:02 | イタリア | Comments(2)

a0249451_02404371.jpg
今更ですが、私の大学院でのテーマは「ヨーロッパ」。学部の時もそうでしたが、あの頃はもう少し幅広い事をやっていたので、アメリカの外交政策、南アメリカの発展問題など、異なる科目もチラッとかじっていました。

が、今は濃厚にヨーロッパをせめています。特に歴史とEUの事。これからのヨーロッパの事。「あーなんて自分はアホなんや」と知識の乏しさに自己嫌悪に陥りながらも、改めて自分の国、「日本」を見つめ直す機会も与えてもらい、自分なりに考えを深めていきたいと模索中です。

a0249451_02485888.jpg
先日、インド人・ブラジル人のクラスメイトとワインを飲みながら、熱い討論というか、「ヨーロッパに物申す会」をしました。一番明らかな事は、かつてヨーロッパ諸国の植民地であった国出身である彼女たちは、私以上にヨーロッパに対して懐疑的であるという事。「ヨーロッパに対して」というと、大げさかもしれませんが、最近のヨーロッパの政治的動向や経済問題などに対して、かなり批判的な意見を持っています。

「ヨーロッパ中心主義」、または「西欧中心主義」。これが今も変わらず世界中で存在するということは、私たち3人の意見は一致しているのはもちろんのこと、このブログを読んでくださっている方の多くも感じていらっしゃるかもしれません。イギリスにいたときは、正直そこまで考えていませんでした。だけども、日本に戻って2年過ごし、新たに足を踏み入れたオランダという国でまた学んでいく中で、ヨーロッパ優越主義の存在の大きさを感じるようになりました。

結局、経済システムも、私たちが「普通」と思うような「世界基準」もほとんどが西欧基準。よくよく考えれば、ほんっまにナンセンスでわけのわからない情報に溢れています。例えば移民問題。ヨーロッパでは大きな問題の1つですが、これも原因をたどっていけば、植民地化、またはグローバリゼーションの産物ではないでしょうか。それをあたかも、「あいつらが来るから俺らの仕事がなくなる」などと邪魔者扱いして、全く都合のいい話です。それを彼女たちに言うと、「ほんっまにせやねん!!」と激怒していました。イタリアって、インドやブラジルからの出稼ぎの人も結構いるんですよね。同じ国から来ている人がそういう立場で頑張っているのを知っているからこそ、彼女たちはいろいろ思うところがあると思うんです。

a0249451_03072161.jpg
なんでこんな話になったかというと、今イタリアの大学で教えてもらっている教授、どの方も親切で感じのいい教授ばかりなのですが、なんせめちゃくちゃ視野が狭いというか、「こてこてのヨーロッパ人」。アジアのことなんてぜんっぜん知りません。それが専門であるのだから当然なのかもしれないのですが、私たちが勉強しているプログラムは、「ヨーロッパの事はもちろん、ヨーロッパとその第三者の関係を学び、その関係深めていける人材を育てること」が目的なのです。「それならもうちょっと他の大陸の事に詳しい教授も準備してくれよな!」と私たちはがっかりしていたのです。

オランダでは幸運な事にも、親日家の教授が多かったので、私としてはすごく居心地がよかったです。(すごく個人的な事ですが)1学期をフランスで過ごしたインド人の子は、「フランスはイタリアよりひどかった。メンバーでヨーロッパ人じゃないのは私だけやったし、教授も視野のせまい教授ばっかやった」って。スウェーデンで過ごしたブラジル人の子は「スウェーデンも一緒。せやから私一回きれたのよ。このプログラムにはヨーロッパ外から来ている子もたくさんいるんだから、彼らの考えを交換できる場をもう少し設けてよ!」って。

a0249451_03180980.jpg
でもね、私すっごく感謝しています。「ヨーロッパ人ではない」というくくりでは同じカテゴリーにはまる2人も、日本とは全く異なる歴史、経済状況をもつ 国。彼女たちの目に映るヨーロッパは私の目に映るヨーロッパとは異なる部分も多くあるなと話していて感じます。そこからいろいろな事を教えられ、学びが更に深まっていっています。

ウクライナの事もあるし、本当、これからヨーロッパはどうなっていくのでしょうか・・・。「Help me」と看板を掲げて助けを求めるウクライナ市民の写真を見たら、涙が出ました。中東で今も紛争に苦しむ市民、世界のあらゆる場所で、助けを求められずに苦しむ人たち。このまま西欧がずーっと世界を引張いくのでしょうか。彼女たちが「西欧(アメリカ)の単独主義を防ぐためにも、ロシアの存在は必要や」と言うたときは少しびっくりしましたが、なるほど・・な・・と少し思ったものです。勢力均衡の方式。

a0249451_03343763.jpg
話はいろんな方向へそれてしまいましたが・・。こんな環境で勉強させてもらえるのは当たり前の事ではないなぁとつくづく思っています。本当、ありがたい事です。

学問的に考えると、ヨーロッパのあり方には多くの疑問もあるわけですが、やっぱり私は好きなんでしょうね・・嗚呼、嗚呼、矛盾!!!
将来何したいんやろ自分・・って考えると、どんな職業をとっても自分の思いと仕事の内容に「矛盾」が生じ、それではあかんのじゃないか・・と考えれば考えるほど、「あ~仕事したくね~~012.gif012.gif」とあぶない方向に思考が進んでいっています。たまに思うんですけども、学べば学ぶほど、変なところで頭が固くなっていく一方で変な思考回路がうまれて、どんどんパッパラパーになっていっていると。
誰か・・一発殴ってくださいm(__)m 私、甘すぎ057.gif057.gif057.gif

っま、今は考えすぎず、でも考えることをやめず、自分なりに学びを深めていきたいと思っています。

今日はとってもいいお天気でした!そろそろ本場の春、到来か・・?!079.gif





by Yoku1210 | 2014-03-07 03:44 | ちょっと言わせて | Comments(4)

Thanks for visiting me!

a0249451_01310813.jpg
というわけで、パドバ、ロンドンからイギリス大学時代の友人が訪ねてくれました。5時間の滞在でしたが、たっのしかった~!2人の優しさ&おもしろさにめっちゃ癒された・・・ 自分で撮っておいてなんですが、この写真がめっちゃ気にいったので、「ブログに使わせて!」とお願いしました。

右のラウラは一緒にレッチェで過ごした仲間。今は大学院で英語ーイタリア語間の通訳と翻訳のコースを勉強中です。 そして左のエマは、今パドヴァで英語を教えています。

a0249451_01354260.jpg
早速うちに来てもらい、昨日プーリアのお店買ったタラッリと地元のサラミをつまみながらお喋り。そしてメインは昨晩仕込んだラグー♫ラグーは万人受けしますよね。 ラウラはもちろんの事、パドヴァでも南イタリア(特にプーリア)の友人が多いエマは、レッチェにも行った事があり、南と北の違いをよくわかっています。

「ウーディネ・・どう?どう?」と聞かれて、なんだかネガティブな言葉しか出てこない私(汗)私が「友達作りがな~・・難しい」て言うたら、エマも「うんうん、せやねん。だから私も南イタリアの友達が多いねん!」って。関西弁ではなかったけど(笑)

でも昨日のブログでも書いたように、基本はポジティブでいこうと思ってる気持ちに変わりはなく・・。こうしてポロッと弱音がはける友人が訪ねてくれる事がすっごく嬉しかったです。癒されたわ・・。

a0249451_01432522.jpg
あまり時間もなかったので、コーヒー飲んで、旧市街をブラブラ。

イギリスの大学時代、イタリア語のクラスで一番友達ができ、今でも連絡をとっている友人が結構います。エマとは2学年の時、ラウラとはレッチェに行った3学年の時に知り合いました。

とにかく先生が厳しくって、皆の足を引っ張ってばかりでしたが、優しい仲間たちに励まされながらなんとかやり抜けました。もし、イタリア語を諦めていたら、その先の私の人生も随分変わっていたやろうなぁと思います。
レッチェでの留学を終え、イギリスに戻った時、すっごく厳しかった先生が私のイタリア語の上達をすっごく喜んでくれて。今思い出すだけでも、ウッ・・泪 ときます。
懐かしい話をしながら、あ~いろんなドラマがあったなぁ・・と胸いっぱいになりました。←やっぱり湿っぽい

a0249451_01565642.jpg
ジェラ~トを食べながらぶらぶらして、駅に向かいました。

ほんまに来てくれてありがとう~!!イタリア語でつながった友情に感謝012.gif

a0249451_02030347.jpg
また一週間頑張りましょうね~!Buona settimana tutti!053.gif





by Yoku1210 | 2014-03-03 02:04 | イタリア | Comments(2)