a0249451_05244086.jpg

ニキビの次は、唇のあかぎれに悩むフロ~ニンゲンより寝る前のご挨拶012.gif
唇が情けない事になっています・・。
寒い冬に遊具で遊びすぎてカサカサになった、ちっちゃい子みたい・・

やっぱり乾燥しているからでしょうね、こちらの方が。

------------------------------------------------------

さてさて!去年の半年のオランダ滞在では、サンドウィッチとバナナばっかり食べていて
食べる事を楽しむ・・という私の人生の最大の喜びの1つである行為を満喫できなかった反省から
脱サンドウィッチ化をはかるべく、「作るぞ~」と意気込んでます、今のところは

何だかカレ~がすっごく食べたくなって、「これでもか!」というぐらいに野菜を買い込んで、
今朝カレーの粉も買い足し、いざ脱サンドウィッチ化路線へと走り出しました079.gif

もうね、家にある野菜を全部入れちゃえばいいんです!

玉ねぎ、ネギ、茄子をまず炒めて、そこへひよこ豆を入れ、グツグツ煮ます。
そこへホールトマトを加え、再びグツグツ。
茹でておいたじゃがいもと人参を入れ、カレー粉をたして再々グツグツ。

そ・こ・へ、マンゴーを入れます!
「そうや、マンゴーカリーを作ろう!」と思いついたのは昨日のこと。
マーケットで買ったマンゴーが思った以上に熟しており、そのまま食べると美味しくない・・
「ほんならマンゴーカリーでええやんかぁ!」
と捨てそうになったマンゴーを冷蔵庫の中に戻しました。

a0249451_05343035.jpg
最後に煮立ったところで、マンゴーをドボンッ!
かなり熟していたので、混ぜているといい感じに溶けてくれました。

コリアンダーものせて、はいボナペティ~ト012.gif
お味は・・
「み、店の味やん!!」049.gif
すっごく美味しかったです。

なんたってね、ミソはマンゴー。(そのまんま)
フルーツの甘さやからくどくないし、野菜との相性も抜群です。
これ、海老入れたら美味しかったやろなぁ・・
でも海老・・高い・・。

まだまだ材料があります。
だ~れか食べに来ませんか~~!

a0249451_05403708.jpg
食後はお決まりのカッフェ♫

今日もお疲れ様でした。
明日は明日の風が吹く。
だけどランチはおそらく明日もマンゴーカリー010.gif

素敵な日曜日をお過ごし下さい!



by Yoku1210 | 2014-08-31 05:43 | 日常 | Comments(3)

a0249451_04520558.jpg
というわけで・・
放置しておいたナルシスト大西洋紀行記事を、今回で締めくくってしまおうと試みるタイトル、
ものすごいずるい事を試みようとしているフロ~ニンゲンより花金のご挨拶012.gif

-------------------------------------------------------

もうナルシスト大西洋紀行から3ヶ月が経ったんです・・ね。
「えええええ」という速さで過ぎていった3ヶ月。

ウ~ディネを去る事に対する複雑な思い、こよなく愛したレッチェで過ごした10日間、
日本に一時帰国してこれまた感じた日本という国、自分、そして家族との繋がり。
いろんな感情にぶつかりながらも、ナルシスト紀行の事をよく思い出しました。

「行けてほんまにほんまによかったなぁ!」
これが心からの本音です。

a0249451_04591300.jpg
なんだかね、自分が大西洋をこえた事は幻なのではないか・・と今でも感じる事があるのです。
「あんた・・ほんまに行ったん?」って。
だけど思い出はしっかりお持ち帰りしたから、
記憶が蘇るたんびに「あぁ・・行ったんやなぁ」と実感しています。

旅っていつもそう。
旅先では、異世界の地面に足をつけて「自分の足」で歩いて冒険してるはずやのに、
帰ってくると「え、この足で・・この体でほんまに行ったん?!」とあたかも夢世界で旅をしていたような気分になります。そんな自分に自分で感動してしまうというナルシストぶり(汗)

-----------------------------------------------------

そしてすごく感謝しているのは、私のナルシスト大西洋紀行(名前が長いってば~)の記事に
いろんな方が意見をくださった事です。私自身いろんな事を学ばせてもらいました。

1人1人違う人生を歩んできたのだから、意見は違って当たり前。
大事なのは、自分の視点を大事にして自分の意見を持つ事。
そしてもっとも大事なのは、自分の意見の反対側の意見にも耳を傾ける事、
自分の考えだけに固着せず、疑問視する姿勢を忘れない事だと思います。

大げさかもしれませんが、生きている中でのどんな小さな出来事も
その人の考え方や振る舞い、生き様にしっかり反映されていると思うのです。
だからこそ、自分の意見を持って表現する事、行動する事は
自分が生きている証そのものだと思います。

ナルシスト紀行から帰ってきて、「なんで人って生きてるんかなぁ・・」って
ウ~ディネの空を見上げながら思っていたけれど、時間の経過と共にみえてくる事、
頭に浮かんでくる「思い」ってあるんですね。

「生きてる証」なんて偉っそうな事言うてしもたもんなぁ。(笑)

a0249451_05164594.jpg

(地図にみえる大理石)

「またアメリカ行きたいですか~?」と聞かれれば、
「はい、もう絶対!」とすぐさま答えます。
だれっにも聞かれてないけど・・076.gif

年を重ねるごとに比例して、旅欲が上昇しているのは気のせいではないようです。
どうしよう・・・017.gif
本当に死ぬまで旅していたいです。

-----------------------------------------------------

初めて渡った大西洋。
その先で出会ったヒト、モノ、そして感じた思い。
いろ~んな人と笑いや怒りを共にした時間があったからこそ、
その思い出が私の頭に浮かんできて「あぁ、あの旅は幻ではなかったんやなぁ」
と気づかせてくれます。

こうして増えていく、青春の1ペ~ジ012.gif
まだまだいくぜ079.gif

ありがとう~ナルシスト大西洋紀行!

読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

by Yoku1210 | 2014-08-30 05:24 | 旅行 | Comments(0)

a0249451_04575076.jpg
(200円の鏡・・大活躍!)

やっと床生活から脱出したかな、家具がやってきたフロ~ニンゲンより寝る前のご挨拶012.gif
とはいえね、配達費用ちゃんと払ったのに、「あ、すまんね、俺らあんたの部屋まで運ぶ事はできないんですわ。仕事外なので」ってあっさり。そ・の・う・え、「あんたが注文してたベッドの骨組み、探したけどないねん・・もう一回店行ってくれるか?」

おい、アホ!!(言うてしもた)
こうなったら自力で二階まで運ぶしかない・・と試みたものの、重い・・
マットレスは運べたけど、机はさすがに・・なぁ076.gif
と、お隣さんが帰ってきたので自己紹介のついでに・・とドアをトントン。
とっても感じのよい人で、机も棚も快く運んでくれました。

ベッドの骨組みがないから、まだ床生活かよ・・と思っていたのですが、
「いや・・べつになくてもええか、布団感覚で寝たらええもんなぁ!」って考え方
変えたら、一気に元気でてきて。(笑)というわけで、「土足厳禁令」急遽発令!!
床を全部拭いて、靴は入口で脱ぐと誓いました。
いや~、なんだか布団みたいでいい079.gif

机も心なしか斜めな気がするし、棚も開けるたびに「ッキ~」とか「ックウウウ」とか変な音がしますがOK,OK!079.gif少しずつ自分の陣地が出来上がってきた気分です。既に居心地は最高♫
明日は骨組みの払い戻しに行って、ゴミ箱買って食料品買いだして・・
ソファとごはん食べる机もいるなぁ・・。
少しずつ少しずつ043.gif

-------------------------------------------------------

この夏から考えてきた論文のトピックも、少しずつですが固まってきました。
いや、自分の中で固まってきただけなので教授に何て言われるかは想像つきませんが・・

読んでは「あぁ・・面白いなぁ!!」と新しいこと発見して、
それを自分のトピックの中核にどう付属させていきたいか、いけるかを考えて。
が、そんなトントン拍子に進むはずはなく、読むたびに自分の知識の乏しさ、
溢れる情報・事実の消化に悩み・・
最終的に「えっと・・私って何書きたかったんやっけ?」と振り出しに戻ってしまいます。

だけどそれを繰り返していく中で、やっぱり頭から離れないキーワードや社会に問いかけたい事、そんな事が自分でもわかってくるようになり、本当に少しずつですが前に進んでいるような気がしています。とにかく「諦めない事」。これです、これ。
くじけそうな時、悩んで悩んでもどかしい時、立ち止まることを許しても絶対に諦めない事が大事ですよね。分からない単語を一語だけでもいいから調べて一日を終える、一ページだけでもいいから先に進める、そういう一歩一歩の努力が最後には大きな花を咲かせるもんなぁ012.gif
やらない事が一番のストレスですからね。
思春期少年のようにニキビが増えます。
それなら「やる」。やれ!!

有限実行!一発根性!

おやすみなさい~072.gif

by Yoku1210 | 2014-08-29 05:27 | 日常 | Comments(0)

キラッキラの学生生活

a0249451_15392102.jpg
思春期真っ只中の少女、いや少年のようにおでこにニキビができまくりの
フロ~ニンゲンよりおはようございます012.gif
なんでや・・ス、ストレス?

来週から学校が始まるということで、新入生、
新しい留学生の姿も多く目にするようになり、町には活気が戻っています。

-----------------------------------------------------------

オランダの卒業式ってね、論文を担当してくれた教授が生徒1人1人との思い出を話し、
賞状を渡すっていうプロセスなんです。それがとっても素敵。

まぁ、卒業式なのでええ事しか言いませんが、それでもそれぞれの生徒がどんなトピックで
論文を書いたか、どんな方法でリサーチを行ったかなどちょっとしたエピソードも交えながら話してくれると聴衆もなんとなく彼らの学生生活をイメージする事ができ、
興味を持って聞くことができます。

a0249451_15462158.jpg
自分も満足のいく卒論に仕上がるよう、やってみせる!引き締まる思いです。
キラッキラの学生生活072.gif

さぁさぁ、今日はやっとオーダーした家具が届きます。
床生活ともお別れ・・038.gif
「家具が届く」というと、あの新品の匂いが漂うキラッキラの洗濯機、棚にデスクにベッド・・
と想像してしまいがちですが、全部セカンドハンド、傷だらけなのであんまりキラキラしていません。(笑)デスクと椅子も別々に買ったので、なんせ椅子がパッツンパッツン。
デスク1000円、椅子1500円・・なんで椅子の方が高いんや076.gif
鏡・・200円(爆笑)別に爆笑でもないか・・
まぁこれもキラッキラの倹約学生生活ということで丸めましょう012.gif
こういう事が楽してしゃあないところが本当に貧乏臭い(汗)

よい一日を~♫ウッハ!

by Yoku1210 | 2014-08-27 15:54 | 日常 | Comments(0)

a0249451_04381615.jpg
日本花火大会はその土地によって様々な起源、意味をもっているようですが、
約300年間続く熊野の花火大会は、お盆の初精霊供養をするために花火を打ち上げた事が起源と言われています。

初盆の人を供養する伝統的行事もしっかり受け継がれており、
今回は父と一緒に祖母の近所に住んでいた人が初盆を迎えるからと
精霊流しに参加しました。近所の人がどこからともなく道に出てきていざ出発。
我々は線香を持って、舟を運ぶ遺族の人と一緒に海まで歩きました。

a0249451_04580547.jpg
花火が打ち上げられる、普段は遊泳禁止の海に飛び込んで舟を流します。
真っ暗な海に、光って浮かぶ精霊舟は何だかもう、
亡くなった人と私たちをいつまでも繋いでいてくれる希望の光のように見えました。
「じいちゃんバイバイ」と手を振る女の子の姿を目にしながら、
私にもこんな別れがあったよなぁ・・と懐かしい気持ちになりました。
「懐かしい」と言うと、亡くなった人に失礼なのかもしれませんが、
時間が経過していく中で祖父たちの死を受け入れ、天国にいる人と私という関係で
繋がっていられると自分が思えるようになったからだと思います。

祖父2人が亡くなってからもう10年以上が経ちますが、
あの時は意味など考えずに何気なく参加していた行事にも1つ1つ意味があるという事、
熊野の風習や伝統を今も守りぬく人々の姿が存在する事、
その素晴らしさをこの年になってようやく気づかされています。

a0249451_05122187.jpg
一時帰国の度に、育った津の町を自転車なんかで走っていると
いろ~んな思い出、特に小中高の思い出があの小道からも、
これまたあの曲がり角からも・・と次々蘇ってくるのですが、
やっぱり熊野に対して持っている愛着感とはまた違うような気がします。

両親共に熊野で育ち、親戚もほとんどが熊野周辺に残っているので
お盆や正月に帰省すれば親戚一同とご対面。誰かの死も、誰かの病気も、自分も含めて皆が老いていく姿も皆で受け止めていく・・そんな環境です。

少々パンチはきいていますが、山と海に囲まれた土地にぴったりの熊野弁、
どこからともなくステテコで道に出てくるおじやんの姿、老いていく体をお互いに大事にする
人と人の繋がり。大事な人が一人一人いなくなっていく事はすっごく辛く、大事な人が老いていく姿を目にするのはすっごく辛いです。だけど戻ってくる度に、「熊野で自分はたくさんの人に愛情を注いでもらい、今に導かれているんだなぁ・・」とひしひしと感じるようになりました。
a0249451_05234998.jpg
私がこんな事を強く考えるようになったのも、
レッチェでの経験がかなり影響していると思います。
自分の土地を全身で愛する人の姿に大いに感銘を受け、素直に「素敵やなぁ」と
思ったんです。

自分の祖先がいなかったら、自分の親がいなかったら今の自分はいない。
だから彼らのルーツを大切にする事、それが自分自身を大事にする事、存在意義を見出していく
事にもつながっていくような気がします。

と、「日本には住みたくないな・・(今のところは)」と思っている私が言うて
論理的かというと全く論理的じゃないですね。(大汗)
筋の一本すら通ってない状態・・
そこは一応自分でも自覚しており、日々葛藤しています・・。
適当に聞き流してくださいm(__)m

さぁさぁ、今週も頑張りましょう!おやすみなさい♫


by Yoku1210 | 2014-08-25 05:33 | 日常 | Comments(0)

Bella giornata a Groningen♫

a0249451_02255456.jpg
雹と雷の下、怯えるフローニンゲンよりこんばんわ012.gif
あたったらメチャクチャ痛そうな雹です・・

ドッヒャ~076.gif

a0249451_02290785.jpg
朝はこんなにも晴れていたのに・・
新しい家からは一歩外にでると、夢が広がる運河012.gif
学校からも近く、シティーセンターに近いのにとっても静か、
最高のロケーションです。あたらしい部屋、とっても気に入っています。
さみしいと思う事もあるけれど、やっぱり一人暮らしが自分には合っているような気がします。

a0249451_02335916.jpg
新しい通学路♫
雨の時辛そうですが(苦笑)。

って雨ばっかりやけども~076.gif

a0249451_02350524.jpg
学校が始まる前になんとか揃えたい・・
その一心で、リサイクルショップへと向かいました。
昨日、デスクと椅子、洗濯物を干すラックを予約。

写真に写っている通りを歩きながら、ふと目に入ったレストラン。
「あ、このお店で一回何か食べたよな~。あれいつやったっけな」
って懐かしい気持ちになっていたのも束の間、
「あ、あれって去年の11月やんな?!」と気づいてビックリ仰天。
思い出が全く褪せていないから、あたかも数ヶ月前に訪れた気分でいました。

ドッヒャ~076.gif

------------------------------------------

フローニンゲンも半年いなかった間に閉めてしまったお店、
そして新しいお店のオープンと確実に変化がありました。

a0249451_02415263.jpg
「変化」は人生にはつきもの。
自分が変わるという変化もあれば、
自分はそのままでも周りの人や環境が変わる変化もあり~の、
その上自分が欲して、意識して変化をする事もあれば、
外的要因によって変化せざるを得ない事も。

何だか私はね、「あ~・・あの人も・・この人も変わっていく・・」
なんて切なくなる事がたまにあるんですが、そういう自分も常に変化をとげているんですよね。
お互いの変化がマッチしないのであれば、それはそれ。
どうにかなるんですよね、どうにか。
人生は一本道じゃないから、みんながグネグネ進んでいきながら、
交差する部分で最高の時間を共有できたらそれはとっても幸せな事ですよね012.gif

と頭では分かっていても、受け入れるのが辛い事はありますけどもね。(正直な気持ち)
a0249451_02500239.jpg
な~んて朝っぱらから物思いにふけていたら、
な~んて自分で悟った事に自分でつっこみをいれていたら、
思いっきりリサイクルショップ通り過ぎておりました(苦笑)。
その上到着したら、まだ閉まってる・・

というわけで一旦帰宅する事に。

とぼとぼ歩いていると、向こうからやってくるのは去年教えてもらった教授。
フローニンゲンで一番ハイカラなファッションセンスを持った教授です。

a0249451_02524417.jpg
ロシア国籍からオランダ国籍に変え、オランダ語・フランス語・英語・そして
イタリア語を操るEU法の教授。

「コーヒー一緒にどう?」と言ってくれたので、教授行きつけのコーヒー屋へ。

卒業後もこちらに残りたい事を話し、「ビザの問題がですね、大変なんですわ・・」
と話すと、「せえけどな君、物事っつーのは自分が思っているより案外簡単にいくもんですぜ、ヘッヘッヘ」と言われました。あ、ありがとうございます教授012.gif
第三者が言うてくれるからこそ、すっごく勇気が出るし言葉そのものがパワーになります。

「ところでさ、来週うちでワインパーティーするからおいでよ!虫の研究でもうすぐ日本にいく友人もいるから!」と誘ってくれ、メール交換をしてさよならしました。もうこの教授に教えてもらう事はないし、オランダは教授と生徒の関係がかなりフランクなので
喜んでお邪魔するつもりです。(もちろん教授によりますが)

a0249451_03040358.jpg
元気が出たところで、ランチは炒飯♫
まな板がまだないので、ネギは手でちぎりました(雑)。
今回は日本から米を持ってきましたが、炒飯はこちらの米で十分。
日本の米には、寿司作りの際に本領を発揮してもらいましょう012.gif

それにしても今日の教授、ほんまにこの炒飯みたいな色の服着てました。
真っピンクのセーターに、カラフルなストライプが入ったズボン・・

心身共にパワー全開になったところで、図書館へと向かいました。

Buona domenica~素敵な日曜をお過ごしください!


by Yoku1210 | 2014-08-24 03:08 | 日常 | Comments(2)

a0249451_01485779.jpg
夜空に秋の気配を感じる・・どころか、もう秋を無視して冬の到来さえ感じる
フローニンゲンからこんばんわ012.gif
「秋が深まってきましたね・・」なんて情緒ある事を言えるのは、
日本独特の季節の移り変わりのおかげですね。ああ素敵。

というわけで、めちゃくちゃ寒いです。どうしよう076.gif
冗談抜きでダッフルコート着ようかと思いました。

そしてオランダの得意ワザ、しとしと降り続ける雨・・雨・・雨・・
「お願いやから皆さん傘さしてください・・そうでないと私なんかアホな人みたいですやん」
と言いたくなるぐらい、誰も傘ささずにチャリで思いっきり飛ばします。
チャリ抜きのオランダ人って米抜きの日本人みたいです。
生まれた瞬間からこいでるんちゃうん?!って思ってしまいます。

関空から無事飛行機は飛び、11時間半のフライトを経てアムステルダムに到着しました。
その11時間半はアッという間で、「なんやなんや、行けるやん~!」と思えるんですが、
いざ電車に乗って、フローニンゲンに向かいながらおっきなおっきな空を眺めているとね、
「あ~、どれだけこの空の下を歩いてもジャポ~ネは見えてこやへんのやんなぁ・・私は遥か遠くの大地にたどり着いたんですな」と急に距離を感じるようになるのです。
いつも同じこと。

上を向いても、おっきな空を見上げてもやっぱり涙が出てきそうになる事もあるし、
寂しいなぁと思う事もあります。上を向いても涙が出てくる事。だけどやっぱり、下向くぐらいなら上を向いたほうがいい。「あれがない」「これがない」と言い出せばきりがないし、そんな事をしていても余計自分が辛くなるだけですもんね。
「あれはないけどこれがある」「これがないけどあれはある」の気持ちを大事に012.gif

(と言いながら、海が恋しすぎてもはやプーリアを思い出すと今すぐにでも頭が狂いそうです)
a0249451_02064160.jpg
フローニンゲンに到着してまずした事は・・
日本に帰った友人が置いておいてくれたマットレスを取りに行く作業。

人生初、マットレスを一人で歩いて運びました。(爆笑)べつに爆笑でもないか・・
手はね、もちろん一時的腱鞘炎に襲われました。
汗だくになり、道行く人に「あ・・あの子・・あの子・・!!」という顔で見られながら
「同情するなら・・」と家なき子になりたい気持ちを押さえ
「これがなきゃぁ、アンタの寝るとこはありませんでぇ!!」との一心で運びました。

しかもね、おそらく大学の関係者であろう日本人の団体が運河沿いで写真撮影とかしてたんです。
その団体にも思いっきり見られ、チラッと「マットレス」という言葉が聞こえたのでおそらく私の事を言っていたんでしょう・・近づいてきたら日本語で「助けてください」と話しかけようと思ったのですが逆に遠ざかっていきました。
変なオーラ放ってたんやろか・・

怪力女バンザイ\(^^@)/

かけ布団がなかったので、布団カバーを重ね、
その上にジャンパーとバスタオルを重ねて寝ました。
バスタオルをかけた瞬間の、「あ、レイヤーが増えて温かくなった!!」
の嬉しさがたまりません。

手作り布団(布団なんかコレ?)バンザイ\(^^@)/

a0249451_02162181.jpg
「あっついわほんま~!こんな時は冷麦に限るな」
なんて数日前に言っていたのが嘘のよう。
寒いので入麺にしました。入麺というか、そうめんスープ・・

家族とすする冷麦の方が100倍美味しかったけど、
「あれがない」「これがない」と不満をいっても余計に辛くなるだけ。
そう大切に思う人が存在する事、そういう人の支えのおかげでオランダまで導いて
もらっている事を忘れずに、上を向いていきしょう。

雨足が強くなってきました~!
マットレス運んだおかげで肩が痛い~!
時差ボケ~!
寝るかっ012.gif

よい週末をお過ごしください♫

by Yoku1210 | 2014-08-23 02:24 | オランダ | Comments(0)

三重一色の一時帰国

a0249451_14034706.jpg
さぁ、いよいよ明日出発です。
結局そうめん4束しのばせました083.gif

今回は遠征する事もなく、三重色の濃い2週間でした。
めちゃくちゃ元気そうな東京在住の姉も一緒に、4人でかなりエエ時間を過ごせましたな012.gif
エネルギーばっちり補充しました。

これから1年は人生初の論文作業、進路の事など、かなりひと踏ん張りしなきゃいけない1年になりそうです。心配はつきませんが、できるだけ上を向いてがんばります。

a0249451_14093409.jpg
自分の行動に責任を持って、親を裏切るような事は絶対にしない。
それをいつも心に留めておきたいです。

これで三重高校がベスト8入してくれたらホンマに悔いなし!
と、今一点入れました!!
でかした!!!でかしたぞ!!

次回も元気に日本に帰ってこれますように。

それではチャ~オ!

と、今二点いれた!
お、三点目!!

鳥肌!!

by Yoku1210 | 2014-08-20 14:14 | 日常 | Comments(2)

家探しの事

012.gif
a0249451_18572079.jpg
冷麦がこんなに美味しく感じるのは暑さのせいかな、おとんが煮てくれた油揚げのおかげかな、
三重よりこんばんわ012.gif

なんですかなんですか、出発間近にして襲うこの猛暑!
汗だくになりながら頂く冷麦が最高に美味しくて2人で200g完食・・
まだ食べたい・・と欲が思いっきり出てきまして、手荷物に忍ばせようか検討中。
荷物検査でひっかかって見られたら恥ずかしいですけどもね。
「え、そうめんっすか」みたいな077.gif

今日は家探しのお話。

私が半年過ごした&これから約1年滞在する事になるオランダ・フローニンゲンは国内でも有数の学生の町。なんやら日本人の学生さんもけっこういるらしいです。
だから家探しはとっても大変。素敵&リーズナブルなおうちはどんどんなくなります。

そしてね、これは私の体験に過ぎませんが、オランダでの家探しはすっごく細くて面倒くさい・・
「一緒に住む相手」がどんな人物であるか?という事をすごく気にするのです。

家やフラットによっても、ポリシーやら規則やら・・むっちゃ細かいんですわ。
「火曜は住人全員で一緒にご飯を食べます」とか、「うちはオープンドアポリシー掲げてます」とか。オープンドアポリシーって何ですか?!
これじゃあ忍法いない術が使えないじゃないですか076.gif

Facebookなどを通して連絡をするわけですが、自分の事も詳しく書かなきゃいけないし本当に面倒。今までに断られた理由に、「ごめんね、私・・フィンランド語しゃべれる人がいいんです」とか、「ごめんね、私・・もうちょっとフレンドリーな感じの人がいいんです」などなど。
すいません、私フィンランド語は無理です079.gif

それでね、「facebook」上での「書類審査」みたいなものに「合格」すれば、やっとそのおうちによんでもらうことができ、他の候補者と共に「面接」のようなものをするわけです。

ロジックは理解できるのです。気のあう人と住みたいのは当然ですし、事前にオープンドアポリシーの事など、いろいろ教えてもらえると私としても助かります。
そんな家絶対住みたくないので(笑)火曜に全員でご飯も面倒やな。

「効率性」をしっかり考えるオランダ人(または北ヨーロッパ人?)やなぁと思わずにはいられない一面です。イタリア人みたいに適当じゃないもんなぁ。(笑)
オープンドアポリシーはいちいちポリシーにしなくても自然に成り立っているのがイタリア。(苦笑)そして「週一火曜皆夕飯制度」なんて成り立つわけがない!!
火曜も水曜もイタリア人にとっては一緒!!(それは言いすぎかな)

私は年が年ですし、うるさい家には絶対住みたくありませんし、同居人もいない方がいい・・
いても1人で十分というタイプなのでかなり苦労しました。

もうだんだん腹が立ってきて、「ええわ、もう業者通すわ」とサクッと決断。
日本みたいに1ヶ月分の家賃ほど仲介料もかかりません。
その結果、1日で家決まりました。(笑)
シャワーとトイレはお隣さんとシェアですが、ドアも別々でほとんど一人暮らしのようなものです。めちゃくちゃ嬉しい026.gif家具がついていないので、帰国する友人に譲ってもらったり、近所のセカンドハンドのお店でいろいろ揃えようと思っています。
楽しみ・・056.gif

前みたいにサンドウィッチとバナナばっかり食べやんと、もっといろいろ調理しまっせ~!と今は意気込んでいますが、どうなる事やら・・018.gif
やっぱりハムとチーズのちーやんばっかり買ってしまったりして(苦笑)
あ~想像するだけで笑えてきます。

by Yoku1210 | 2014-08-19 19:26 | 日常 | Comments(0)

a0249451_23103336.jpg
熊野大花火大会、無事終わりました~!
煙がすごかった、途中で誰かが危険区域に入って花火が休止したりとハプニングもありましたが
やっぱり素晴らしかったです・・・(涙)

う~ん、もうね、花火が素晴らしかったのは言うまでもないのですが、
熊野てなんてエエとこなんやろ・・
と再発見・再実感。
ただの田舎ではないぞ~、熊野は!

ちなみに今の熊野市長は、長年ローマの日本大使館に勤めていたこともあり、
なんせイタリアびいきだそうです。そこだけは誰かと一緒やな。(笑)
ソレント市と熊野は姉妹都市ですし、
熊野の土産屋ではイタリアの食材もけっこう買えるそうです。
イタリアびいき最高079.gif
a0249451_23084916.jpg
一時帰国もあと少しで終わり。
サンドウィッチ王国に戻る日々が近づいてきました。

募る家族への感謝の気持ちを、感情を思いっきり露にして書きたいところですが、
明日読まれると恥ずかしいので明日の晩にでも書く事にしましょうか012.gif

a0249451_23205582.jpg
熊野には、レッチェにも来てくれた友人が訪ねてくれ、より一層楽しい滞在となりました。
ビール飲みながら話す内容は、ハタチの時も8年後の今もそんなに変わらない・・
いや、変わったところもあるのでしょうね。

今日は朝からザッブ~ンと海につかり、「プハ~~」と思いっきりリフレッシュ。
(いや、昨日もおとついもその前の日もリフレッシュばっかしてる)

そのまんま、飾らずそのままいてくれる青い空、優しくて包容力のある山々、
「どんな高級ホテルでリラックスするよりも間違いなくこっちの方がリフレッシュできるよな」って言いながら、隣でプカプカ水に浮かぶ友人の存在。
砂まみれで帰る小娘(達)に茶粥と干物を準備してくれる祖母と母。

こんな温かいひとときを思い出して、サンドウィッチ王国で涙する事があるんやろうなぁ・・
そんな自分が既に想像つくぐらい、今回もあったかい、あったかい一時帰国でした。

あぁ、ずっこけ012.gif

by Yoku1210 | 2014-08-18 23:35 | 日常 | Comments(0)