人気ブログランキング |

Pieno di felicità, ウッハ!

a0249451_05460083.jpg

こんばんわ!お久しぶりです012.gif
2月半ばまでブログから消えます~なんて言っていたくせに
今日はイタリア引越しを記念して書く事にしました。(笑)

ついにイタリア~ウ~ディネに引っ越しました!
Pieno di felicità...喜びに満たされております。

「ウ~ディネに戻る!」と決めてから約2ヶ月、長かった・・
あっと言う間といえばそうだったのかもしれないけれど、
毎晩毎晩「あと00日で戻れる・・・」と布団の上で考えるのは
なかなかしんどいものがあり、イタリアの事を考えれば考える程
目が覚めてきて寝れない日も続き・・
(イタリアへの)恋の病なんて可愛いものではなく、「ただの病」状態でした。

やっと来れた、やっと来れた、や~っと来れた!

今回のオランダからの旅もめっちゃ面白かったです。
マルコ兄さんにばったり会ったわけではありませんが。(笑)

------------------------------------------------------

朝、フロ~ニンゲンの駅に行くと、電車が遅れることが判明。
最近の悪天候(いつもやけどね)のせいで、線路にいろんな支障が出ているらしく・・

かなり余裕をもっていたので、遅れが出ても飛行機には間に合うやろうと
余裕をぶっこいていたのですが、予想以上に遅延があり、
合計3回乗り換えさせられました。

飛行機には間に合いそうやけども、今回はバックのチェックインもあるし・・・
最寄駅から空港までバスを使うか使わないか・・・

止まっていたバスの運転手に到着時刻を聞き、
おそらく間に合うと判断したのですが、
これまでの様々な経験を通して28歳もやっと学んだのか、
「ここはタクシーで行こう」と決めました。

が、が、が、
タクシーで空港に着くと、乗れるはずやったバスが先についていました。
タクシーに荷物を積んでいる間に出発したバス。

バスだと2,5ユーロで行けるところを27ユーロ払ってタクシーを使った私・・
く○ったれ・・・・・・・・・・・・・・・012.gif

ま、この時点で腕が腱鞘炎になりかけの状態でヘットヘト。
もう到着できた事にただただ感謝・・・そんな気持ちでした。

そしてドラマはまだ続き・・・

わざわざタクシーに乗ったのに、飛行機も遅れるとの事。
重い荷物背負ってゲートに到着したもんなら
「ゼーゼーゼー」と吐く息が荒いのなんの。(笑)
「ッドグゥオッッッ」とすごい奇声を発してしまいました・・・

それを見た隣のおじさん2人が
「この子見て、えらい汗かいとるわ!!!」
ってイタリア語で言うもんやから、
「余計な事言わんでええわ!!」と心の中で思いながら
イタリア語知らないふりして「テヘッ」って顔しました。

だけどもしつこくイタリア語でいろいろ言うてくるので、
私もイタリア語で返答。
予期せぬおしゃべり大会第1部のはじまりはじまり・・・・012.gif
めちゃくちゃヴェネト(ヴェネツィアのある州)なまりのおっさん達。

「じゃあまた、飛行機降りたら会いましょう」と言ってお別れ。

そして飛行機に乗ると、右側にはおじさん、
そして左側には男の子が座っていました。
この男の子、私がおじさんたちと予期せぬおしゃべり大会を
繰り広げていたところを見たのか、
「イタリア語話せるんやね。勉強してるの?」と聞いてきました。

予期せぬおしゃべり大会第2部のはじまりはじまり・・・012.gif

そうしたら、右側にいたおじさんまで会話に参加してきて・・・
廊下挟んで左斜め前にいた男の子まで参加してきて・・・

話を聞くと・・・
どうやら私、オランダの搾乳システムを学びに行った
イタリアで酪農を営む40人グループの
席に巻き込まれてしまった・・・ということが判明しました079.gif

乳搾りの事はさておき、おしゃべり大会大盛り上がり・・・
右のおじさん、酪農営んでいるのに牛乳が嫌いとの事・・・
「え、そんなのありでしょうか?」と聞くと
「あんたな、ワイン製造してる人皆がアル中なわけではないやろ?
一緒の事やねん!仕事は仕事」と言われました。
せえけども、牛乳嫌いな人が乳臭い液体を毎日扱うのはなかなか
濃厚ではないかと思うのは私だけやろうか・・・

そんな私たちをよそに、思いっきりいびきかいて爆睡する
搾乳システムメンバーもおり・・・
ここは漫画の世界か・・・と思ってしまいました。
ちなみに、この時点ですでに自己紹介は済んでいます。(笑)
ここはマルコ兄さんと一緒。

そんなこんなで、あっという間にイタリアに到着しました。

預けた荷物を待っていると、「汗かきすぎ」と指摘してきた
第1部のおじさん二名が。
イタリア人ってほんっっっとうにおしゃべり大好きですね、
わざわざ向こう側から「Eccola~!発見~!」と言いながら寄ってきて
最後の予期せぬおしゃべり大会を楽しみました。

そして最後の力を振り絞って、エレベーターのない駅を上り降りし、
無事ウ~ディネに到着しました。

--------------------------------------------------------

オランダ最後の夜、フローニンゲン一ハイカラな教授が
ご飯に呼んでくれたのでちらっとお邪魔しました。
彼の同居人もいて、明日イタリア行くんです~って話をしていたんです。

そうしたら、その彼もイタリアに住んだことがあるらしく
思い出話をしてくれました。
「あんなに温かい人たちに他の国で出会った事はない。
イタリア人が持つあの温かさに僕は本当に救われた事を覚えているよ」

そうそう・・・本当にそう・・・
もちろん温かい人は世界中にた~くさんいるけれど、
イタリアに対して、そこはすごく強く感じるところ。
表現がストーレートだから、ス~ッと心に入ってくるのかな。

誰かと一緒にいる事が大好き、話がしたい、一緒に笑いたい、
人間の基本的な欲望(?)にまっすぐ向き合って、
あれこれ考えずに「発する」姿勢。
個人的にどつぼです、どつぼ。
皆目がキラッキラしてる・・ギラギラすぎる人もいるけれど(笑)

「これ、これっ!これ!」って改めて思いました。
私が生きていく上で大切にしたい事。
相手と向き合う上で大切にしたい事。
やっぱりここにある、イタリアにあるなぁって。

やっと来れた・・や~っっと来れた。

それでは、また落ち着いたらブログupします。
どうぞ素敵な週末をお過ごし下さい♫




by Yoku1210 | 2015-01-30 06:45 | 日常 | Comments(2)

a0249451_01541346.jpg

「あと60日でイタリア・・へ荷物を運ぶ
とカウントダウンし始め、
今か今かと待ちきれずにいた当日は意外にバッタバタ(笑)
いってきまっせ~とフロ~ニンゲンの家を出発し、先ほど無事に戻りました。

実質の滞在時間、一日半・・
予想していた通り、ウ~ディネもやっぱり雨で再会する人皆に
「残念な天気で申し訳ないわ・・」
と言われましたが、6ヶ月ぶりに戻ったウ~ディネ、
なんやらすっごく輝いて見えました。(笑)

飛行機の中からイタリアの大地が見えてきたと同時に
ハートがものすごいビートを刻み始め、心踊る踊る!
ちらっと泣きました。(ここまでくると本当にどうしていいのやら)

バスに乗ると、1人座るにはスペースが余る、
だけども2人は確実に座れへんやろ!という座席に座っていた
紳士がむちゃくちゃきゅ~きゅ~に詰めてくれて
「よかったら隣どうぞ」と声をかけてくれました。

きゅ~きゅ~に詰めてくれたけども、
彼が7割幅をとっていたので、尻のでかい私が3割にはまれるわけはなく
お礼を言って、バッグを置かせてもらいました。
日本人でもオランダ人でもこういう事する人ってなかなかいないと思います。
だって・・明らかに「きゅ~きゅ~」なんですもん。
なんだろうな、イタリア人の魅力やな~って思います。

そして電車に乗り、フランチェスコのパパに電話をしました。
「電車乗りました~!」と。というのも、その前の夜に
「明日駅迎えに行くから電車乗ったら連絡して」と言ってくれていたのです。
長旅でクッタクタやったので、ハイネケン350mlを3分ぐらいで飲み干しました。

そしてウ~ディネに到着です!
ドアが開くのを待っていると、私と同じように大荷物抱えた
お兄さんが「次ウ~ディネやで」と教えてくれました。
「ご親切にありがとうございます」と言うと、

「ちゃうねんちゃうねん。あんたに聞いてるねん!!」と言われ、
「あ、えらいすいませんなぁ!!次ウ~ディネやと思います」と言い、
2人で到着を待ち・・

そうすると、兄さんが
「俺な、いっつも実際に開くドアの反対のドアで待ってることが多いんやわ」
くだらない話を始め、そこから会話が始まり・・
ナポリ出身でウ~ディネ在住の兄さん。

到着する頃に「俺、マルコっす」「私、Yokoっす」と握手を交わし
友情成立079.gif
というのは大げさですが、
「もう降りるし・・」なんて後先の事は考えない、
イタリア人てこういう人多いです。
とにかくおしゃべり大好き・・。
別に電話番号を交換したわけでもないし、おそらく二度とあわないだろうけど
マルコ兄さんとの会話はハ~トを温めてくれました。
なんだろうな、イタリア人の魅力やな~って思います。

そしてマルコ兄さんが待っていた反対側のドアがパシャ~ッと開きました。(爆笑)

フランチェス一家と再会♫
やっぱりフランチェスコのマンマ、クラウディアは明るかった・・
そして「はい、これも、これも、これも!!」と
準備してくれた夕食をフランチェスコと一緒に頂きました。

うまい・・・うまい・・・うまい・・・
何を食べても美味しい・・・
おそらくスパゲティ200g頂きました。
彼らの気持ちが本当に嬉しいです。

そして腱鞘炎になりかけの腕をモミモミしながら
カ~ッと爆睡ZZZ

-------------------------------------------

翌日は朝からアパートの見学。無事決まりました^^
またこれで1つ解決。
そうすると、向こう側から「Yoko!!!」と叫ぶ声が。

大学の留学生を担当するスタッフ、アレッシア。
留学生が皆ウ~ディネを離れた後も7月末まで残った私のことを気にしてくれ
いろんなイベントに誘ってくれた彼女。
「あんたはまたウ~ディネに戻ってくると思うわ」と言ったのは彼女でした。
まさか、ほんまにそうなるとわなぁ・・
「Che piacere rivederti!!!」と笑顔でハグをし、また泣きかけ・・。

その後はウ~ディネの町を歩きながら、もう嬉しさがこみ上げてきて
ニヤつく顔を手で抑える事に必死でした。
アレッシアを始め、前回の半年滞在の最後の最後で仲良くなり始めた人が何人かいて
これから彼らともっと一緒に時間を過ごせるのがすっごくすっごく楽しみです。
今回のウ~ディネ滞在は、前よりもっともっと楽しくなりそう!

1ユーロたらずでいただけるコーヒーも最高。
明らかに若くないおじいさんが
「わしはまだ若い!!」
と他のじいさんたちと大声でおしゃべりしている姿も最高。
予期せぬおしゃべり大会・・最高。
イタリア性分、全部頂きまっせ!

残念ながら、イタリアの現実を突きつけられもしましたが><
一日で3人からイタリアの不景気について個人的な話を聞き・・・
たまに行っていたナポリ出身の家族が経営していたおかず屋も
なくなっていたし・・・
そして話す人話す人全員が「ウ~ディネの人はな・・閉鎖的やねん」って。
知ってる知ってる(笑)

そして偶然の再会はまだ続きました。
夜、ちらっとフランチェスコとパブに行くとお世話になった教授の姿が。
この教授、実は最近初めて日本に行ったのです。
友人といた先生が
「今ちょうど彼に日本の事話してたん!」と。
「2月にゆっくり話をしよう!」と言って別れました。

そして今朝は、朝早い出発にもかかわらず
「いつも5時に起きるからへっちゃら」
というフランチェスコパパのお言葉に甘えて駅まで送ってもらいました。

1日半の滞在にもかかわらず、もう胸がいっぱいで
またオランダに戻るのか・・と思うと心底辛くなってしまいました。

あと12日でイタリアに戻れるというのに、
この12日が100日ぐらいに思えてしまう・・

と弱音や文句をはくのはこれぐらいにして、
着々と作業していかねば・・

これから1ヶ月、かなりバタバタしそうなのでブログをお休みします。
また2月半ばからスタートします!
って別に人気ブログでもなんでもないから、
こういうアナウンスって別に必要ないよな・・・

どうぞ皆さんも風邪に気をつけて、
着膨れ覚悟で残りの冬を乗り切りましょう・・・ね。

Ciao ciao!♫


by Yoku1210 | 2015-01-18 02:50 | 日常 | Comments(14)

母校を訪ねて

a0249451_06114973.jpg

今回のロンドン滞在でも3年過ごした大学を訪ねました。
転職活動中のソフィーの面接が終わるのを待って、一緒に電車に乗って行きました。

a0249451_06141428.jpg

このめちゃくちゃ急な坂・・よく登ったわ・・。

a0249451_06151590.jpg
頂上まで登って、ふっと振り返って、

「ええ眺めやな・・」といつも思っていました。

a0249451_06181058.jpg
「ここまで来たら、覗いておくか~!」ということで、大学一年生の頃に
住んでいた家を見に行ってきました。

この家で一緒に住んでいた女の子がソフィーと同じ学部であった事から
知り合った私たち。

a0249451_06212537.jpg

この青のシャッターの車庫、いや、車庫ではなく「お部屋」が私のお部屋でした。

車庫を部屋に改装した大家ってどんだけケチなんや・・
車庫に暮らした私ってどれだけパッパラパーなんや・・

姉が日本から遊びに来てくれたとき、
「なぁ、なんでこの部屋の電気って部屋の真ん中についてないの?」
って聞かれて、
「え、だってこの部屋、元車庫やもん」て言うたら大爆笑していました。

確かに暗い部屋やった・・・
そして寒かった・・・
車庫に暖房はいらへんもんね。(笑)

a0249451_06240812.jpg

さぁさぁ、大学に入りましょう♫

a0249451_06245905.jpg

ここはイタリア語を学んだ建物。
ここで繰り広げられたドラマの数々が懐かしく思い出されます。

耐えられなくてトイレに駆け込んで大泣きした事もあったし、
レッチェでの留学を終え、他のクラスメイトと同じレベルにやっと立てた事を
先生がすっごく喜んでくれた事もあったな。

また会える事があったら、お礼の気持ちを伝えたいです。

a0249451_06344526.jpg

そしてこちらは、大学内で一番美しい建物。
寮として使われていますが、今後は大学のオフィスになるそうな。

a0249451_06362696.jpg
 
天気の良い日は、芝生に寝転がりながら読書したり、ビールを片手に
リラックスする学生で溢れています。

a0249451_06380523.jpg

何度見ても息を呑む美しさ。

a0249451_06402449.jpg

こちらは卒業式が行われたチェペル。

つい最近、同級生がここで結婚式を挙げました012.gif

a0249451_06424407.jpg

ここで勉強する事を全面的にサポートしてくれた両親、
多くのことを教えてくれた教授、
青春時代を共にした大切な友人の存在・・

ありがとうの気持ちがこみ上げます。

a0249451_06485851.jpg

こういうエモーショナルな旅は大好きです。(笑)

a0249451_06513288.jpg
ソフィ~といろんな話しながらキャンパスをまわって帰路につきました。

今のオランダの大学やウ~ディネの大学に対しては感じない
特別な感情をこの学校には感じます。

0から始まった大学生活。
もがきながらも、
一歩一歩着実に成長の階段を上っていく自分がいたんじゃないかな~
って今振り返って強く思います。






by Yoku1210 | 2015-01-15 06:58 | 日常 | Comments(0)

a0249451_01181204.jpg

こんばんわ~012.gif無事ロンドンから戻りました♫

1年ぶりのロンドン、私は別に大都市が大好き~!というわけではないですが、
「やっぱりロンドンええわ・・・ッックウ・・」
そんな気持ちで過ごした4日間でした。

お天気にも恵まれ、雨もほとんどふらなかったし、
気温もそこまで下がらず心地よく過ごせました。

a0249451_01244668.jpg

ちょうどフランスでの事件が重なり、
ソフィーとも事件について思うことを話しました。

ロンドンの町を歩きながら、改めて
「ここは肌の色や民族ルーツの異なる人々が生活を共にしてる都市だ・・」
なと実感。フロ~ニンゲンから出てきた田舎者、刺激の連続でした。

事件について思うところはたくさんあるので、機会を見つけて書きたいと思います。

a0249451_02495839.jpg
イギリスで飲む紅茶は格別に美味しかったよ!

でもロンドン兄さん、高すぎる・・><
買い物という脅威からなんとか自分を守る事ができました012.gif
なんせ高い。
50%オフでも高い。90%オフぐらいにしてくれたら嬉しいんやけど・・

---------------------------------------------------

話は変わり、大ニュース!
詳しくは下のリンクからご参照ください・・♫

http://australiatoholland.tumblr.com/post/107126010044

https://www.linkedin.com/pulse/japan-takes-holland-rightfully-balls-julien-luscuere

http://shofukan.nl/cms/wp-content/uploads/2015/01/PressReleaseShofukan150112_JP.pdf

これから具体的にどんな変化が見られていくのでしょう・・!












by Yoku1210 | 2015-01-13 02:56 | 日常 | Comments(0)

Non me lo dire

a0249451_17582531.jpg

Buongiorno!058.gif
ひっっっさびさに「青い空」を見ました、フロ~ニンゲンです。

いろんな方のブログに、ヨーロッパの正月はしけている~
クリスマスに力を入れるので、1月2日になったら日常モード全開~
と書いてあったのですが、本当にそうなのかも・・。

いや、むしろフロ~ニンゲンは正月も日常モード全開でしたぞ(笑)
私はまだまだ「ハッピーニューイヤー!!」と言いたくなってしまいます。

むしろ、まだクリスマスソング聞いているのは私だけやろか・・。

「あれれ、サンタさんはどこかな?」
「もうすぐ私たちのだ~いすきなクリスマスがやってくるよ」
「All I want for Christmas is you~」
「さぁ、ベルを鳴らしましょう・・」

そんな歌詞が流れる度に、「えええええ・・ベ、ベル?」
って多少のつっこみを入れながらも
何だか陽気な気分にしてくれるのでまだ聞いてます。

--------------------------------------------------

さてさて、昨日観たイタリア映画。

「Non me lo dire」
プーリアが舞台の映画なのですが、個人的にとっっても気に入りました。
イタリアではあまり流行らなかったそうですが・・。
おもしろいのに、どこか心も温められ・・
プーリアのたくましい大地とのコントラストもとっても良かったです。

そういえば、ローマの交通監視員の8割が大晦日に仕事に行かなかったと話題になっていますね。
仮病を使ったり、献血に行くという理由で休んだ人が多いとかなんとかで。
本当にすごいな、この国。
ここまで職業道徳が違うと、呆れるを通して、「この人らすごいわ・・」
と思ってしまうのは私だけでしょうか。全くすごくもなんともないけどさ・・。
前にも書きましたが、
「一市民」としての意識が低い人が多いなぁと思います、この国。

政治家の文句ばっかり言う前に、自分の行動正そうぜ・・
と思ってしまいますが、「政治家は俺らを馬鹿にしているから俺らもやりたいようにする」
というのが彼らの考え(言い訳)なんだろうな。責任の擦り付け合い。
そんなサイクルでひたすらまわっていくのがイタリア・・な気がします。
まぁ、あまり周りの事をブーブー言わずに、私は自分の責任を果たさねば。

さ、明日からちょっくらロンドンに行ってきます。

セールが恐ろしい・・
セールが恐ろしい・・
可愛い物を見ませんように・・
半額になった可愛いバックをみませんように・・

Ciao ciao!



by Yoku1210 | 2015-01-07 18:43 | 日常 | Comments(2)

One down, one more to go..

a0249451_02483850.jpg
こんばんわ~!

また今日1つ、課題が終わりました。
鼻から餅や~!!めちゃくちゃ嬉しいです。そして安堵の気持ち。

写真は、今日友人から届いたプレゼントに入っていたお弁当箱包。
今の気分はこんな感じです。↑(笑)
大好きな干し芋まで入れてくれあって、
脳で考える前に手が勝手に袋を開けていました。
ありがとうな、本当に。

フロ~ニンゲンで提出する課題も残りは一つ。
締切は月末なので、まずは今週末は心おきなくロンドンに行けそうです。
ソフィーと約1年ぶりの再会♫

a0249451_02532558.jpg

今日のランチは、なすびとスモークサーモン、
そしてゴルゴンゾーラチーズのペンネ。
初めての組み合わせでしたが、とっても美味しかったですよ~!

なすび兄さんを、「これでもか!」という量のオリーブオイルで炒め
そこにスモークサーモン、ゆでたペンネをどぼん。
最後に火を消して、ゴルゴンゾラを散りばめて出来上がり。
スモークサーモンやチーズの塩っけで十分ですので、塩は不要かと思います。

ゴルゴンゾーラを牛乳でのばしてソースにする事も多いようですが、
クリーミーな気分ではなかったので、そのまま使いました。
私はこれぐらいの方が好きかも・・

さ、今からもうちょっと作業をして、
その後はワインでも飲みながらイタリア映画見て
課題終了をひっそり祝いたいと思います。
ういっ068.gif

また明日029.gif



by Yoku1210 | 2015-01-06 02:57 | 日常 | Comments(4)

寂しいと思う感情


a0249451_06294047.jpg

「海外に独りでいて、さみしいと思うことはないの?」
とたまに聞かれます。

あるに決まってる・・あるに決まってる・・
だけど、「寂しい」という感情は場所に関係なく、
誰にでもときたま沸く感情ではないでしょうか。

9月から3学期が始まり、めまぐるしい忙しさの中で
人と接することよりも課題を優先していたし、
それが自分の今すべきことだと信じていました。
きっとそれはそうだったと思います。

「寂しい、孤独なんて思う暇はない」
そう思ってとにかく課題に取り組んだ日々。

きっとそれも事実ではあたっと思うのですが、
心が空っぽ・・どこか満たされていない・・
そう思う日が実はけっこうありました。

今日は散歩をしながら、今学期もここに残る事になったら・・と想像してみたら
本気でゾッとしてしまいました。
「絶対に嫌や・・」と。
と同時に、辛かった3学期の日々の事がどんどん蘇ってきて、
「ああ、自分は寂しかったんやなぁ」と改めて実感したのです。

オランダのせい、誰かのせいというのではなく、
ただただ自分の正直な感情だったのだと思います。
ここの生活が嫌だ・・というよりは、イタリアが恋しすぎて
常に「イタリアに帰りたい」という思いが頭をよぎり、
最終的にこの寂しさにどう向き合っていいか本当に分からなくなり
どんどん沈んでいく自分がいて。
そして最終的に、「イタリアに戻る」という選択をしました。

寂しい気持ちって、どこか隠したくなってしまう感情だったりしませんか?
自分の寂しい気持ちを押し殺して強がってみたり・・。
そういう行動が必要な時ももちろんあると思うのですが、
その感情が当たり前のものになってしまって、
常に満たされていない状態が続いてしまう・・
こういう状況にも陥りかねない気がします。

a0249451_06252736.jpg

だけど「寂しい」という感情があるからこそ、
「繋がり」がもたらす相手の温かさ、優しさ、思いやりがグッと心に響くんですよね。

そして「寂しい、孤独」という気持ちは、
「人間は生まれる時も死ぬときも独りだ」という変えようのない事実を忘れるな・・
その警告のようにも思えます。

やっぱり自分の人生は自分しか歩めないし・・
さみしさや孤独があってこそ、相互関係が成り立つんじゃないかな。
なんて言いながら、これ以上イタリアを恋しく思う気持ちには
耐えられないので移動します。(大苦笑)

いや、それはべつにええのかも。
なぜならイタリアでも寂しい気持ちになることはどれっだけれもあるだろうから。

何が言いたいのかさっぱりわからなくなった日曜の晩の独り言。
風呂入って寝るか~!zz

さぁさぁ、今週もがんばりませう012.gif
Have a nice wee~k!056.gif



by Yoku1210 | 2015-01-05 07:04 | 日常 | Comments(0)

正月の夜ふかし

a0249451_03210085.jpg

冬休みも残りわずか、
実家に帰っていた学生がどんどん町に戻ってきて
賑やかになってきました。

最近、ちょっとばかし夜ふかしをしている私。
て言っても、遅くても夜中1時には寝ますがzzz

布団にくるまりながら正月ダンス・・
ではなく、you tubeで配信しているイタリア映画鑑賞しています♫

最近観たものは・・
I centro passi (ペッピーノの百歩)
Tre metri sopra il cielo (日本名が分からない・・)
Mi fido di te (これも分からない・・)
Qualcosa da condividere(これも分からない・・)

と、ジャンルがバラッバラ。(苦笑)
I centro passiはすっごく良かったです。他もなかなか楽しかったな。

なんたって、Riccardo Scamarcioが格好良すぎる・・。ミーハー。
しかもRiccardo兄さんってプーリアの人なんですね。
更に好きになってしまうわ、そんなん・・。

ちょっとした場面から、イタリアの日常生活の匂いがプンプンしてきて
布団の中で正月ダンス・・ではなく、
「クックックッ012.gif」とちびまる子ちゃんみたいに
にやけながら、イタリアへの引越しがますます待てない気持ちになりました。

今日日記に書き留めた言葉。

「Niente è impossibile. L'unico limite è il tuo coraggio」

「不可能な事等ないのだ。限界のあるものが存在するのであれば、
それはあなたの勇気だろう」
by Mi fido di te

「え~い、いってしまえ!」
勢いのまま挑戦してみる事、この姿勢、忘れたくないな!




by Yoku1210 | 2015-01-04 03:51 | 日常 | Comments(0)


a0249451_03583435.jpg
A Happy New Year 2015!

朝ごはん食べながら家族に電話をし、
「今日はご馳走や」という情報を仕入れるやいなや
「餅・・黒豆・・すき焼き・・鍋・・寿司・・」
と日本食が心底恋しくなりました。
おそらく、ここまで元旦らしくない元旦を過ごしたのは生まれて初めて(笑)

昨晩も花火の音に「うるせぇ~なぁ~・・」と思いながら
0時半前には口開けてカ~ッと爆睡してましたzzz

昨晩は
「あと一時間・・(で新年」ではなく、
「あと二週間・・(でイタリアに荷物を運ぶ)」とカウントダウンしながら
早くも荷造りを終わらせました。気早いってか076.gif

来週はロンドンに行くし、ロンドンから帰って2日後にはイタリアなので
「今やっておいてよかった!」
後になってそう思うと信じて・・・♫

フロ~ニンゲンの正月は全く正月らしくなく、
営業しているカフェやレストランも結構ありました。
空から餅が降ってくることはなかった・・・。

昼前にいつもの公園周りをランニング。いつもに比べれば人は少なかったですが、
すれ違う人と「Hi~!」と笑顔で新年のご挨拶。
それだけで何だかすっごく気持ちが晴れました。
笑顔を忘れずにいきましょう♫

今年の目標はずばり、ペニンシュラ(イタリア)に何とかしがみつくこと・・
それが無理ならヨーロッパのどこかで・・
仕事を見つける、やはりこれが一番の目標です。

あとはカメラ活動をもっと活発化させたい、
「書く」事にもっと積極的に取り組んでいきたいな。
今年は日記をつけてみようと思います。
といっても、1日1ページなどと決めるのではなく、1行でもいいから
思った事を毎日書き留めていく、こんな感じにのんびりやっていきたいです。
これ、日記ではないな・・・。

日々の生活の中で溢れる美しい言葉、元気の出るフレーズ、
友人の口から出た印象に残った一言をノートに刻んでいきたいな。


今年もどうぞ宜しくお願いします。
May this year be filled with a lot of happiness and laughter!

by Yoku1210 | 2015-01-02 04:27 | 日常 | Comments(8)

グッバイ、2014!

a0249451_01564295.jpg

今晩にむけての予行練習でしょうか、
バ~ン・バ~ンと花火の音だけがします。
「うるさいなぁ・・ったくよぉ~!」とちょっぴり思いながら
昼寝から目が覚めました。

昨日はアムステルダムで、ウ~ディネで2ヶ月だけ一緒に暮らしたトミ~と
再会。6時間ほどしゃべくりたおしました。

3杯ビ~ル飲んだだけで二日酔い・・
朝からお気に入りのブランドのポテトチップス、バタ~たっぷりのトーストに
お粥(なんでや)、豆乳、バナナ、再びトースト。
そして昼寝。
そして花火の音で目が覚め・・
やっと二日酔いがおさまりました。

そして今、やっと「あぁ、明日は2015年か」と感じ始めました。(笑)

2014年も大変お世話になりました。
今年もブログを通してお会いさせていただいた方もいたり、
前からお世話になっている方には引き続き叱咤激励して頂き・・
本当にありがとうございました。

2014年、どんな年やったかな~?と振り返ると、
いろんな意味でパンチはきいていましたが、これは今年に限ったことではなく・・(笑)

とにかくよく動きました。
足も口も、そして心も012.gif
自分の気持ちに正直に、楽しい時は腹のそこから笑って、
辛い時は下を向いて「嗚呼・・嗚呼・・」と涙を流し。
これも今年に限った事ではありませんでしたが、
日々のアップダウンは生きている証拠、
アップもダウンも人生のスパイスやないか!!
やっぱりそう思います。

また来年もパワフルに、恐れを抱きながらも進んで行く姿勢を忘れず、
足も口も心も動かしていきたいな~って思っています。

「餅のつきたて10個と黒豆1000粒オランダまでクール便で一丁お願いします!」
そんな気持ちの大晦日♫
1000粒は別として、10個てえらい謙虚やな・・026.gif

どうぞ素敵なお正月をお迎えください。
来年も宜しくお願いします!


by Yoku1210 | 2015-01-01 02:30 | 日常 | Comments(2)