Brexit

a0249451_05595047.jpg

イギリスのEU離脱が決まった時、
すぐさまソフィーの顔が浮かびました。
「ソ、ソフィーーー!!」って。

そして、ポンドがどんどん下がっていくのをモニターで
見ながら、「今のレートで学費払えたらどれだけ
親の経済的負担を軽くすることができたやろうか・・・」
と思いました。

ソフィーにしても、学費にしても、
めちゃくちゃ個人レベルの話。(汗)


EUに対して懐疑的な人がたくさんいるイギリスで、
本当に「ミニEUが作れちゃうよ!」というぐらいに
様々な国からヨーロッパの学生と一緒になって
あらゆる角度から「EU統合」について話し合った日々が本当に
懐かしいです。

イギリスがEUの加盟国だったから、
非EU市民の私もエラスムス制度でレッチェに留学することができたんだよなぁ。
ルチアーナを始め、たっくさんの人に出会う事ができて。
なんだかんだ、自分も恩恵受けていたんですね。
いや、「なんだかんだ」というか、「明らかに」ですね。


一緒に勉強した友人に、
「これでさ、いつかEUが崩壊したりしてな。
European Studiesを勉強した私らって一体・・・」
と言うと、
「少なくともさ、”地域統合が機能しない”ということを
学べたわけやんか!!」と励まされました。(笑)

そうそう、彼の言うとおり。
高校で全然勉強しなかった私に
「考えること」の大切さ、楽しさを教えてくれたもんなぁ
イギリスの大学時代が。

うちの母親はよく「”絶対”なんてことはありえへん」
と言いますが、Brexitを通して改めてほんまにせやなぁと思いました。
自分が思っている以上に世の中はものすごいスピードで変化しているのだと。
だ・か・ら・こ・そ、
今目の前にある現実の中で生きていかなきゃ、進んでいかなきゃ。
いろんなタイミングが重なって、こうしてローマで生かしてもらってるんだからなぁ。

おやすみなさい010.gif


by Yoku1210 | 2016-06-27 06:41 | 日常 | Comments(0)

a0249451_03405562.jpg


バーリでは旧市街にあるB&Bに泊まりました。
金曜の夜にチェックインすると、「朝食はここのバールでとってね」
と食券なるものを渡してくれ・・・。

朝、食いしん坊娘2人、「よっしゃ~行くで~~~」
と出発するも、バールの場所を覚えておらず・・・。

とりあえず「南のやり方」にのっとって
B&Bの真ん前にあるバールへ。とりあずあたってみる!
とっても優しいそうな店主に事情を話すと
どうにかして助けようとしてくれるも、う~んどうしよう・・・の状態(笑)

と、どこからともなく「・・・・Yoko???」と声が。

B&Bのオーナー、ダリオおじさんがどこからともなく登場!!!

バールまで連れていってくれました。
やっぱり漫画の世界や、イタリアって・・・。

a0249451_03463544.jpg

バールのお兄さんが「あ、●●のB&Bのお客さんね」と。
「そうなんです。あの、私、オレンジジュースもカプチーノも欲しいので
追加料金払いますから両方いただけますか」とお願いすると
「ちょっとまってくださいね、オーナーに聞いてきます」と。

戻ってきたお兄さん、「追加注文に関しては
B&Bのオーナーに請求しますから」と。
「あ、でもどっちみち請求は私にくるんで、今直接払います!!」
お兄さん、「ちょっとまってくださいね、オーナーに聞いてきます」と。
ほ・・・え・・・・?

戻ってきたお兄さん、
「B&Bのオーナーに請求しますから。ご心配なく!!!」と。

もうわけがわかりませんけど、ええわと思い
「了解しやした!っっす!(ありがとうっす!)」と答えました。

優しいお兄さんやったのか、ただの処理能力に欠けるお兄さんやったのか・・・

案の定、次の日同じ場所で同じように追加注文をすると
思いっきり3€とられました(笑)
イタリアって、皆が情報を共有していないことが多く
こんなことばっかりです。
その延長でたらい回しにされることも多いです。
たらい回しに関しては、
考えるだけで吐き気がしてしまうほどの厄介もんです。


a0249451_03592279.jpg

ま、前向きにいきましょう。


バーリも多くのイタリアの都市と同じように新市街と旧市街が
しっかり分かれています。
アドリア海に突きだした岬に旧市街があります。

東西を結ぶ、交易都市として栄えたバーリ。
もともと古代ギリシャの植民地でその後もローマ帝国、
ビザンチン帝国、ランゴバルド族などに支配され、ノルマン人による
征服を経て、13世紀にはナポリ王国の支配下に。

様々な国家や民族の侵入がもたらした
「文化」や「建築」という財産に、それぞれの都市で違った形で
出会えることはやっぱりイタリアの面白さですね。


a0249451_04554763.jpg

都市観光もいいですが、まずは泳ぎに行ってきまーす!!


by Yoku1210 | 2016-06-16 04:57 | 日常 | Comments(4)

a0249451_05001971.jpg


ずーっとプーリアに行きたい!
と言っていた友達と行ってきました、プーリアの首都・バーリへ。

私がバーリを観光目的で訪れたのは一回。
それにもう6年も前のことです。

なんせ友人はロンドン在住、お互いの飛行機の時間を考えると
レッチェは難しいなぁ・・・ということでバーリの空港に集合決定!

6年ぶりにまともに訪れたバーリの変わりっぷりにビックリ。
まちを整備するために投資をしたんだなぁ・・・と思う瞬間が何度もありました。
プーリアがイタリアの南部の州の中でも例外的に
発展を遂げている州だということは新聞なんかでもよく取り上げられています。
「イノベーション」
そんな言葉さえ、もう不似合いではなくなってきたんじゃないか・・・!
とさえ思った今回のバーリ滞在。

まぁそれでも、少し中心街から外れると
素朴な雰囲気が漂っていますし、なんせド田舎。
冗談抜きで、ネグリジェのような服を着ているおばあさんの姿に
何度も何度も出会いました。
公共空間と私的空間にほとんど区別がない地域、それが南イタリア!


a0249451_05132690.jpg


相変わらずごはんは美味しかったし、人は優しいし
海は綺麗で、みんなゆ~っくりゆ~っくり生きてます。

そして相変わらず、東洋人をじろじろと見るし
「Cina(China)」と言われまくり~の、からかわれまくり~ので、
教養がないというか、行儀が悪いというか、モラルが低いというか・・・
残念だなぁと思う部分も相変わらず一緒(苦笑)

いずれにせよ、プーリア=レッチェになってしまっている
私にとっては、バーリ滞在はとっても新鮮でした。
やっぱりプーリアは「No.1」。
ヌメロ・ウーノの場所だなぁ。

スイカ、メロンに負けず
チェリー兄さんもさいっこうに美味しかったよ!
おじさんが味見させてくれたアプリコットも極甘でした。


by Yoku1210 | 2016-06-09 05:22 | 日常 | Comments(0)

Cinema all'aperto

a0249451_03232806.jpg

「夏のローマは最高よ。観光客がいないでしょ、
だからね、ローマの美しさが際立つの!」

去年の7月の末にローマにやってきたとき、近所のおばさんがそう言っていました。
先日、そのおばさんと夏休みどうしようね~なんて話をしていたとき
全く同じ事を言われて。
「あ、それ、去年も聞きました~!」
なんて言いながら2人でニコリ。

ローマに来てから、早いもので1年が経とうとしています。

「今年の夏・・・大丈夫やろか?」
と心配してしまうほどに、最近はまた涼しい日が続きますが
だんだん道行く人の姿が「上向き」になっているのを感じます。

夏だぜ~!

a0249451_03282893.jpg


野外イベント盛りだくさんのイタリアの夏。
ローマも例外ではありません。

「トラステーベレで野外シネマがあるから行こうよ~!」
との誘いを受けて、仕事終了後友人と待ち合わせ。


a0249451_03355857.jpg

まずはアペリティ~ボしましょう~ということで、


a0249451_03364883.jpg


てんこ盛りアペリティーボ。
名づけて「てんこティーボ」。
ちなみに奥のお皿もmy piatto079.gif食べ過ぎです079.gif

「野菜がこんなに食べられるのはありがたいよね~」
と無理やり食い意地ぶりを正当化。
そして、食べることに力入れすぎて
プラスチックのフォークを破壊してしまいました(笑)

でもね、プロセッコ一杯、食べ放題でなんと5€。
600円!!WAO!!


とってもムーディーな夜のトラステーベレを散歩しながら野外シネマへ。

a0249451_03395275.jpg


Piazza San Cosimatoでは、これから2ヶ月の間
毎晩映画が上映されます。無料です。
元々は閉館をせまられた近所の映画館を救うことがきっかけで始まった
プロジェクトなのだとか。
ボランティアさんが若者ばかりで、すっごいきびきび動いててね。
彼らに明るい将来が待っていますように、
そんなイタリアになりますようにと祈るばかりです。


a0249451_03444686.jpg


席は早いものがち。全てとられてしまっていたので
地べたでの鑑賞決定。

皆、ピザやらビールやら、枕やらブランケットにと、
ほんまに、おもいおもいのグッズ持参(笑)

という私も、涼しくなることを見込んで父からもらったパーカー持参079.gif
足元バレリーナシューズ、上着はシャカシャカのパーカー。

a0249451_03502752.jpg

第一日目をかざる映画は
「C'eravamo tanto amati」。
日本語では「あんなに愛しあったのに」と訳されているようです。

が、流石イタリア人。

オープンセレモニーが長い079.gif079.gif079.gif
しゃべりわしゃべるわ。

映画で主人公の一人を演じた女優、ステファニア・サンドレッリ氏も登場しました。

新聞を読んでいても思うし、去年論文を読んでいても思ったし
人と会話をしていても思うけれど
イタリア人ってほんっとうに文章/発言の「要約」が苦手。

言い換えれば、それがイタリア語の?イタリア人の魅力だと思うのですが・・・。
イタリア人と話してると本当に面白いもんなぁ。
仕草も豪快やし・・・。

それにね、イタリア人と会話をしていると、
彼らの発言の1つ1つがその時の会話に必要な要素だと思えてくるから不思議。
ほかの国の人、こんなに喋らへんのに・・・。

オランダにいた頃、オランダ人との会話が物足りないな~と感じる時がありました。

きっとオランダ人が
「今日は茄子とトマトのパスタ食べたよ。美味しかったわ~!」
とさらっと言ってしまうところを、イタリア人は
「俺な、なんでか分からへんけど今朝からずっとポモドーロ欲してたんさ。
そういう時ない?理由はないねんけどな、無性に●●がほしい!っていう時。
せやもんで、茄子とトマトのパスタ作ったんさ。
夏の茄子はほんまにうまいよな。おまけにポモドーロの新鮮さ!
爺ちゃんの畑思い出すわ・・・。(メランコリックな表情)」
てな感じに話が盛り上がるのでしょうね~。
実際こんな感じです。

作り話ですが、「理由はないねんけどな、無性に●●がほしい!」
とついつい言ってしまうところはすっごくイタリア人らしいなぁ。

そういう私も野外シネマからどんどん話がずれました。


a0249451_04025398.jpg

「C'eravamo tanto amati」、とっても素敵な映画でした。
70年代のイタリア映画の代表作ともいえる作品。
社会的な側面もあり~の、コミカルな側面もあり~の
甘酸っぱい恋愛ストーリーもあり~ので戦後のイタリアの生活が
ギュッと詰まった、とっても人間味溢れる映画でした。
イタリアって本当美しいよなぁ。

ただ、地べたでの鑑賞は思った以上にきつく・・・
尻が痛いのなんので・・・
たまに尻を浮かせてみたり、「汚」を覚悟で寝そべってみたりしましたが
やっぱりきつかった。

今度はパーカーだけじゃなくて、寝袋も持っていくか。
ついでにポモドーロピザとビールも!!


a0249451_04083284.jpg

平日にトラステーベレに来ることなんてほっとんどないので
ローマの下町っ子に混じって夜を過ごすのはとっても新鮮でした。


そして何が嬉しかったって、
翌日の今日は祝日~!!
ラリホ~!!

a0249451_04141247.jpg


ちょうど70年前の今日、国民投票を経て
イタリアの政体は王制から共和制になりました。
国民投票といえば、10月には憲法改正の国民投票が行われます。


朝9時に起きて、カッフェを入れて今日が誕生日の友達in Japan
と長電話でしゃべくりたおしました。

しゃべくりたおしたらお腹がすいて・・・


a0249451_04170772.jpg


それこそさっきの作り話じゃないですが、
ナスとトマトソースのブカティーニ。
ブカティーニはスパゲティより少し太く、中が空洞になっているパスタです。
「buco」はイタリア後で「穴」を意味することから名付けられたのでしょう。


そして今日は「普段しようと思ってしないこと」をしようを決めていたので、
まずは冷蔵庫の掃除からスタート。
今、うちの冷蔵庫にはなぜか「だしの素」が仰山あります。
あと昆布も・・・。

その次はいらなくなった雑誌や空き箱の処分。
「あ、これええわ」と空き箱を調味料入れにしてみたりして
一人で「ニヤッ」・・・026.gif
何がそんなに嬉しいのか自分でもわかりませんが・・・。

そしてシャツの糸のほつれを直して
アイロンをピシャ~ッと。
昨日映画鑑賞の際に地べたにひかせてもらったスカーフもジャバジャバ手洗い。

ゴミって出てくるもんですね~。ゴミ置き場まで3往復しました。
あ~スッキリ!

気づけば夕方になったので、ジョギングに行ってきました。


今晩の野外シネマは「Stand by me」です。
大好きな映画ですが、明日は仕事だし
昨日の調子だと22:00にならないと上映は始まらないので断念しました。

さぁ、まだ21時半ですが布団に入って読書でもしながら
夢の中に吸い込まれていくことにします。

おやすみなさい012.gif





by Yoku1210 | 2016-06-03 04:41 | 日常 | Comments(2)