人気ブログランキング |


a0249451_03311465.jpg


「あ~なんか体が重たいなぁ・・・だるいなぁ・・・」
と思いながら、よっこらせと起き上がってコーヒーを淹れていたら
母からメール。
「あんたもくたびれたやろ。ゆっくりしてくりょ。」

そうだ、私はくたびれているんだ、むっちゃくたびれているんだ
と改めて自認した瞬間、不思議ですね、溜まっていた疲れが
ドドドドと押し寄せ、
「今日アッピア街道を歩くのはやめよう」
とあっさり予定変更しました。



気が緩んだ瞬間に疲れが吹き出るのはいつものこと。
でも思うのです、力を注ぐ先が「誰か」であっても
「発表会」であっても、「大事な試験」であっても、「うまい飯」であっても
本気だから力を注ぎたい。
「マジ」だから、精一杯やりたいし、そりゃあ気張る!
そのあとに襲われる疲れ、脱力感は自分が本気だった証だと思うのです。

これはこれで、気持ちよかったりもするんだなぁ。


さぁさぁ、アッピア街道を歩くことをやめ、私がこの土日にしたことは・・・


その1:マーケット
イタリアのマーケットは本当に活気に溢れています。
簡単にいうと、「なにわ根性丸出し」・・・。
「ねえちゃん、これつり銭や!もってけやあああ!」
とびきり元気なおばさんにあたったもんだから、
お釣りをもらうという当たり前の行為さえ、ドラマの1シーン。
最後は「Ciao Bella!!」でさようなら。
こんなくたびれた女にも「Bella」って。
おばさん、ありがとう。


その2:初の圧力鍋
生まれて初めて、圧力鍋で料理・・・ララララ~♫
料理というか、なにわ根性丸出しのおばさんのお店で買った野菜を
適当に切って、鍋にほおりこんで蒸し野菜♫
そしてこれまた、なにわ根性丸出しのおばさんのお店で買った
特大栗兄さんの皮をむきむきして、栗ご飯♫
かるく4合はあったでしょうか・・・。
くたびれた私へのご褒美は、プ・ロ・セ・ッ・コ。


その3:仕立て屋での予期せぬおしゃべり大会
生まれて初めて、オーダーメイドのブレザーを作ることにした私。
仮縫いができたブレザーを試すために仕立て屋へ行きました。
「寸法測って、裁縫して、仕上がったものをお客さんに届ける。
それだけしてたら何も残らへん!!
大切なのはさ、人と人との関わりだと思うのよ!」
情熱に溢れた仕立て屋親子の一言で、予期せぬおしゃべり大会の開始です。
そこへ、生まれたての赤ちゃんを連れた嫁が帰宅・・・(家族経営万歳)
目がくりっくりで愛嬌たっぷりの彼女に皆デレッデレ。
私がポロッと
「いや~私もね、いつかこんな赤子を・・・授かれれば・・・ねぇ・・・
でも・・・痛みが怖いんですわ・・・」と言うと
寸法測ってくれた金髪の店主の奥さんが
「え、あんた何が怖いん?子作り?それとも出産?」
と、真顔でごっつストレートなことを聞いてきました。
これ、「前者のほうです」と私が答えていれば、予期せぬおしゃべり大会は
前代未聞の盛り上がりを見せていたかもしれません(笑)


でも不思議なものですね、予期せぬおしゃべり大会のおかげで
店を出たあとも、あったか~い気持ちに包まれていました。
オブラートには包まないけれど、言葉に刺々しさを感じない・・・
それどころか「Joy」を運んでくれる言葉、表現の数々。
イタリア人と会話をしていると、そう思うことがよくあります。
これってある意味「芸術」だと私は思うな。


その4:WAO
地下鉄に乗ろうとすると、切符をどやって通していいのか分からなくて
困っている若者発見。英語でぶつぶつ言っているので
「こうやって通すんですよ」と教えてあげると
私に見向きもせず、一言
WA~~~O」とオーバーリアクションをして去っていく若者・・・
えええええ、切符が表裏反対やったのを正してあげただけなんやけども・・・
流石、アメリカ人・・・(私の偏見)


その5:友人とランチ
久々だぜ、魚介のリゾット!
とびっきり明るい彼女だから、会うたんびに元気になれる。
だけどあるんだなぁ、そんな彼女にも「くたびれる」時が。
本気だからくたびれる時だってあるよなぁ!


その6:小説
普段小説を読まない私ですが、読み始めると夢中になりました。
主人公の痛みが自分の痛みのように感じられた。
なんせ、くたびれているから、なんてないことが沁みるったら沁みるったら。
自分は一人じゃない、ここに痛みを分かち合える人がいる・・・。
ソファの上で出会った、心の拠り所。


その7:蜂蜜入りの紅茶
紅茶を飲むたび、イギリスを思い出します。
小説を読みながら、ああ、もうあのときの自分じゃないんだ、
イギリスにいたときの自分じゃないんだ、
そう思うだけで涙がこぼれそうになりました。
ソフィーは元気かなぁ。ソフィーに会いたいなぁ。



と、アッピア街道を歩くことをやめ、
欲望のままに、気持ちのままに過ごしてやるぜ!と過ごした2日間は
意外にもドラマに溢れていたことが分かりました。
一日として同じ日はないし、一日として同じ自分は存在しないもんなぁ。
元気な時もあるさ、くたびれる時もあるさ。

Ma il cielo e' sempre piu' blu!


おやすみなさい056.gif

by Yoku1210 | 2016-10-24 03:26 | 日常 | Comments(0)

Ottobrata romana

a0249451_03401509.jpg


最近心にすっごく響いた、昭和の文芸評論家・亀井勝一郎氏のことば。

「自己は自己からのみ生まれ出ることはできない。
必ず他者において自己は自己となる」。


そうなんだよなぁ、自己を愛すといっても、
その「自己」というのは、やっぱり周りの人がいてくれての「自己」。
亀井氏いわく、「邂逅」が人生における最大時だと。
1つ1つの巡り合いの中で、自己は自己となっていく・・・。
「人との出会い」は、きっと新たな「自己」との出会いでもあるんだなぁ。


----------------------------------------------------------------

さぁさぁ、10月に入りました!

「Ottobrate romane "ローマの10月"」という表現があります。
ローマの10月は、まだまだ暖かく行楽日和が続くことから
約100年前まではピクニックにでかける習慣があったそうです。
ローマ人に言わせれば「世界中の皆が羨むOttobrate romane」。


今月は、只々「栗の消費」に命をかけようと思います。
私のottobrata romana。
栗ご飯持ってピクニック・・・076.gifう~ん076.gif


栗に生かされ、邂逅に生かされ、2016年最後の3ヶ月も笑顔でね!
感謝の気持ちを忘れずに。

Buon inizio mese!056.gif



by Yoku1210 | 2016-10-02 04:22 | 日常 | Comments(8)